Tigers-ai

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Tigers-ai(タイガース アイ)は、阪神甲子園球場京セラドーム大阪で開催されるプロ野球阪神タイガースの試合映像を多方面に配信している組織である。阪神電気鉄道子会社阪神コンテンツリンクが運営している。

概要[編集]

Tigers-aiは、阪神タイガース主催ゲームの映像を制作する。阪神タイガースは、強力な資本関係でつながった放送局を持たないゆえに[1]、他の放送事業者に依存しなくても自前で制作著作した映像を獲得する事が、運営上の大きな使命となっている。

とはいえ、在阪の準キー局をはじめとした他の放送事業者の側にも、他のテレビ局系列に依存する事無く、阪神タイガースの映像を試合中継・ニュース映像やスポーツバラエティに活用したい、という需要は組織設立当初より見込まれていた。現在では衛星放送(BSはNHK BS1[2]、CSはスカイ・AGAORA[3])とインターネット動画配信(阪神タイガースLive!虎テレDAZNインターネットプロバイダーTigers-net.com[4]、それに各テレビ局で放送されるスポーツニュースの素材にも使われている。また、当然ながら阪神主催試合での場内ビジョンの映像も、Tigers-aiが制作した映像を使用する場合がほとんどである。

地上波の野球中継と比べるとカメラの台数が少なく(甲子園では5台体制)、カメラ位置も独特なものになっている(NHK BS1の中継では独自にバックネット裏放送席とライト側バックスクリーン横にカメラを設けており、その映像を織り交ぜて放送している)。

なお、京セラドーム大阪での主催試合も制作しているが、カメラ配置等の関係上、地上波が在阪民放局と兵庫県サンテレビジョンによる並行中継の場合は、Tigers-aiによる中継はできない[5]。ただし、近年はNHK以外の在阪局(地上波)とサンテレビの並行中継は生中継ではほとんど行われなくなった。それ以外の地方球場では長くTigers-ai制作の対象外であったが、2008年 滋賀県・皇子山球場での主催オープン戦(対西武戦)を制作し、びわ湖放送(試合の主催者だったが自社制作は行わず)、テレビ大阪に配信した。公式戦においても2009年や2013年の倉敷マスカットスタジアムや、2013年7月9・10日の沖縄セルラースタジアム那覇[6]で行った主催試合をスカイ・A、GAORAに配信した事例がある。

2012年より虎テレ(2015年まではスマートフォン向け、2016年キャンプ中継よりPC向け配信開始)での阪神主催全試合生配信およびスカイ・Aでの全試合中継が行われるようになった(スカイ・Aでの全試合中継は2013〜2015年シーズン)ため、地方球場や巨人戦でもTigers-aiによる実況が行われるようになった。

NHK BS1では2007年から、BSデジタル放送において野球中継を16:9のワイド画面で放送しているため、これまでBSデジタルハイビジョンのみ実施していたハイビジョン制作による中継が増加した(2010年までは標準画質での放送)。スカイAやGAORAの中継分も、スカパー!(東経124/128度CS)ではHD放送サービス「スカパー!HD」(現:スカパー!プレミアムサービス)にて、スカイ・Aでは2009年5月1日開始、GAORAでも同年10月1日に開始した。スカパー!(東経110度CS)でのハイビジョン放送はスカイA、GAORAとも2012年12月1日開始した。また、スポーツニュース用の映像は2009年からハイビジョン画質で配信されている。

ウエスタン・リーグの阪神戦についても阪神鳴尾浜球場や、阪神甲子園球場などで開催される一部試合を、CS放送向けに制作(スカイ・AやGAORAとの共同制作)、2014年以降は虎テレ(2015年4月21日より鳴尾浜球場の全試合で実施されているバックネット裏カメラの映像配信とは並行して実施)にも配信されている。また、2011年4月15日〜17日に東日本大震災の影響でクリネックススタジアム宮城から甲子園に移して開催された「東北楽天ゴールデンイーグルス×オリックス・バファローズ」の公式映像ならびにスカイ・A向けの中継映像を、TCPからの委託扱いで制作した(クレジット上はTCP制作扱い)。2012年の甲子園での主催試合は当初の予定どおりの開催だったため通常通りTCPが直接制作して放送した。

在阪局では、NHK・毎日放送・関西テレビ読売テレビテレビ大阪がニュース素材としてTigers-aiから購入している(自局での中継制作がない試合のみ購入)。朝日放送テレビ(ABC)では野球中継で提携しているサンテレビジョンの映像を主に使用している(サンテレビジョンでの中継制作がない日はTigers-aiから購入する)。なおサンテレビでは、1度だけ2003年にABC制作で中継する予定の阪神戦が急遽放送できなくなり、その代わりとしてTigers-aiの映像を使った自社制作による中継が行われたことがある。関西テレビでタイガースホームゲームが放送された時はフジテレビONEプロ野球ニュースすぽると!では関西テレビの映像を使用する。

2013年からはNOTTV(2016年6月30日閉局)とパ・リーグTVへ一部試合が、2018年からはDAZNへ阪神主催全試合がそれぞれ配信されている。なお、NOTTV、パ・リーグTV、DAZN、虎テレでは、スカイ・AやGAORAではCMが放送されている時間も、球場内の映像が放送されている。

2016年7月18日の阪神対巨人戦では、在阪局系や在京キー局系のCS放送が権利を購入しなかったため、テレ朝チャンネルがTigers-aiから実況ごと購入して放送した。また同年8月13日の阪神対中日戦では、BS-TBSがTigers-aiの映像にTBSの解説者とアナウンサーによる実況で放送し、製作面ではMBSはほとんど関与せず、製作著作として「Tigers-ai・TBS」がクレジットされた(当日の地上波中継はサンテレビ)。

2018年6月10日の阪神対ロッテ戦・7月18日・9月9日・23日・10月9日の巨人戦のBS朝日の中継は、Tigers-aiの映像にABCテレビの解説者とアナウンサーによる実況で放送した(10月9日以外の試合はABCテレビでも放送していたが、解説者とアナウンサーがBS朝日と地上波で別々となった)。

CS中継の解説・実況・リポーター[編集]

解説者[編集]

過去の解説者
※GAORAで放送が行われない「阪神×巨人」戦に限り掛布雅之岡田彰布が解説を務める場合がある。
※ウエスタン・リーグの中継では、スカイA向けはスカイA専属解説者(村上隆行など)・ABC専属解説者が、GAORA向けは同局専属解説者(大熊忠義など)・毎日放送専属解説者が解説を務める。

実況アナウンサー[編集]

※桐山は2014年から平日の試合はレポーターでの出演が主で、実況は週末を中心として担当する
※2015年5月27日の楽天戦で初めて実況担当
  • 村田匡輝
※2017年まではネット配信のみの試合放送時は実況を担当していたが、2018年よりCS放送でも放送される試合も担当するようになった
  • 楠淳生(元朝日放送、2018年の定年退職・フリーアナウンサー転身を機に担当)
寺西と中井は実況専任。その他の人物はリポーター兼任。
過去の実況アナ
※ウエスタン・リーグの中継では、スカイA向けはABCアナウンサーが、GAORA向けは同局専属のアナウンサー(城野昭<元MBS>、岡本育子など)及び毎日放送アナウンサーが実況を担当する(上記のアナウンサーが担当することもある)。

リポーター[編集]

  • 桐山隆
  • 村田匡輝
  • 堀江良信
  • 楠淳生
過去のリポーター
ウエスタンリーグ中継では、スカイ・エーでの生中継の場合、元タイガース選手でディレクターの福家雅明がリポーターを務める場合がある。

[編集]

  1. ^ ただし、親会社の阪神電気鉄道は朝日放送グループホールディングス大阪放送スカイAGAORAに出資している。また、阪神電気鉄道社長藤原崇起は毎日放送の社外取締役にも就任している。さらに阪神電気鉄道の親会社である阪急阪神ホールディングス関西テレビ放送を傘下に持つので放送局とまったく無関係ではない。
  2. ^ 2010年まではBSデジタルハイビジョン2011年3月31日廃局)でも中継
  3. ^ 基本的にどちらか一方のチャンネルが生放送し、もう一方は試合終了後にNEARLIVE方式=撮って出しによる録画中継(実質再放送)である。ただし、朝日放送テレビ(ABC)で地上波中継が行われる日のスカイ・エーはABCの放送を、毎日放送(MBS)で地上波中継が行われる日のGAORAはMBSの放送をそのまま放送することもある。また、両局が同時間帯に同じ試合の再放送をすることもある。
  4. ^ 阪神タイガースLive!は毎日放送が運営しており、中継を視聴する場合は有料会員制となっていたが2006年限りで終了した(詳細当該項参照)。またTigers-net.comでは会員専用の中継ページがあり、同プロバイダーの会員であれば試合の映像を無料で視聴できる。ブロードバンド対応コース(ADSL・Bフレッツ)では画像320×240、512kbpsでライブ中継と録画中継を楽しめる。ナローバンド対応コース(ダイヤルアップフレッツISDNモバイル)は画像160×120、50kbpsのライブ中継のみ利用できる。対象は巨人戦以外の甲子園での主催ゲーム年50試合前後。
  5. ^ この場合、スカイ・A(朝日放送テレビが中継する試合を除く)とGAORA(毎日放送が中継する一部試合を除く)はサンテレビからネットを受けるが、サンテレビ単独中継の場合はTigers-aiで制作しない日もある
  6. ^ この時は琉球放送毎日放送が技術協力という形で参加しており、RBCも7月10日の第2戦をTigets-ai配給映像を利用して自社制作中継している

関連項目[編集]