Time goes by

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Time goes by
Every Little Thingシングル
初出アルバム『Time to Destination
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 五十嵐充
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1998年度年間9位(オリコン)
  • 登場回数19回(オリコン)
  • Every Little Thing シングル 年表
    Face the
    change

    1998年
    Time goes by
    (1998年)
    FOREVER YOURS
    (1998年)
    Time to Destination 収録曲
    Every Best Single +3 収録曲
    Every Best Single 〜COMPLETE〜 収録曲
    Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 収録曲
    テンプレートを表示

    Time goes by」(タイム・ゴーズ・バイ)は、日本の音楽グループEvery Little Thingの8thシングル

    解説[編集]

    前作「Face the change」から僅か約1ヶ月でのリリースとなった。

    Every Little Thingのシングルで最大の売り上げを記録し、ミリオンセラーを達成している。また、シングルでは初となるバラード曲であり、ELTの代表的な楽曲の一つとなっている。

    ジャケットは吉祥寺の劇場を借り切っての撮影。なお、このジャケットの持田の顔は顎が細くなるようレタッチされていることを本人が明かしている。

    この曲で年末の『NHK紅白歌合戦』にも出演した(対戦相手は西城秀樹で「傷だらけのローラ」)。第1部での出場であったが、この際に記録した視聴率56.5%という数字は『NHK紅白歌合戦』の第1部では史上最高である。

    レコーディングの際、五十嵐から持田に冒頭の「wow wow wow…」がグッとくればいいと言われたとのこと。

    2008年2月27日に放送された『SONGS』の中で持田は「当時は歌詞の意味を理解せずに歌っていた」と語っている。

    2011年の40thシングル「MOON」にはAcoustic version 2010として新たにレコーディングし直して収録された。

    2013年3月2日放送の『MUSIC FAIR』(フジテレビ)ではEvery Little Thing×JUJU×宮本笑里×住岡梨奈コラボレーションで披露された[1]

    フジパシフィック音楽出版が音楽出版権を持っている[2]。。

    累計売上(出荷)は140万枚[3]

    1998年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングで年間1位を獲得し、1999年JASRAC賞の金賞を受賞した。2013年度の同ランキングで15年ぶりに年間3位にランクインされ、2014年JASRAC賞の銅賞を受賞。授賞式には五十嵐が参加した。

    収録曲[編集]

    1. Time goes by
      作詞・作曲・編曲:五十嵐充
    2. Time goes by (Bad Attitude Mix)
      リミックス:Bad Attitude(中村ナオ & Ike)
    3. Time goes by (Instrumental)

    収録アルバム[編集]

    Time goes by

    カバー[編集]

    • Eric Martin - 2008年発売のアルバム『Mr. Vocalist』に収録。
    • JUJU - 2010年9月29日発売のアルバム『Request』に収録。
    • URATA NAOYAAAAのメンバー) - 2013年12月4日発売のアルバム『UNCHANGED』に収録。
    • 城南海 - 2015年1月21日発売のカバーアルバム『サクラナガシ』に収録。編曲:ただすけ
    • 南條愛乃 - 2016年7月13日発売の2ndアルバム『Nのハコ』でカバー。
    • alan - 2017年11月3日、中国語のカバーでシングルリリースし、2017年11月24日発売のアルバム『十念』に収録。

    他、多数のアーティストがカバーしている。

    脚注[編集]

    1. ^ MUSIC FAIR |SETLIST”. フジテレビジョン (2013年3月2日). 2017年7月12日閲覧。
    2. ^ 作品データベース検索サービス”. 一般社団法人日本音楽著作権協会. 2017年7月12日閲覧。
    3. ^ 持田、ミニスカ熱唱 ELT20周年ライブ中日スポーツ、2016年8月8日。

    関連項目[編集]

    • バーニングパブリッシャーズ
    • 白戸家 - Little Thing Every(通称・LTE)として、テレビ番組や全国ツアーで本曲を歌唱している。また、本歌曲の歌詞中にある「信じ合える…」から転じて「シンジ会える」となって、島根のおじさまの息子であり、白戸次郎(という設定)である香川真司が登場するという設定になった。
    「Time goes by」の調
    前半 Cメロ 間奏A 間奏B 大サビ
    A-flat-major f-minor.svgヘ短調
    (Fm)
    F-sharp-major d-sharp-minor.svg嬰ニ短調
    (Dm)
    E-major c-sharp-minor.svgホ長調
    (E)
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)
    A-major f-sharp-minor.svg嬰ヘ短調
    (Fm)