toutou

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

toutou(トゥートゥー)はかつて活動していた、姉妹による日本歌手アイドルユニット。当時の所属はクィーンズアベニューアルファレコード会社SME

概要[編集]

2003年9月から2004年3月までBS朝日テレビ番組「15-0」にレギュラー出演。フランス語で「わんわん」(幼児語)を意味するグループ名はこの番組で仮につけられたものだったが、その後も変更されることなく正式なものとなった。

2005年4月〜9月に、フジテレビBSフジで放送のテレビ番組『ガチャガチャポン!』のエンディング「歌う星占い」のコーナーで、毎週歌詞の異なる歌を披露。同年7月6日に同曲を収録したシングル「星占いの歌」でCDデビュー。なお、各週の放送終了後からは、その週のエンディングで使用されたヴァージョンの「星占いの歌」が公式HPで試聴可能となっている[1]

デビュー当時のキャッチフレーズは「手足ながなが姉妹」「平成のピンクレディー!?」など。また紗也香は「確信犯的メガネガール」(当時伊達眼鏡だった)、麻理香は「全く未知数の現代少女」(当時は現役中学生)といわれていた。

その後しばらくはライブ活動が中心となり、オリジナルの曲の他、同じ事務所の先輩だったKINGの曲をカヴァーするなどした。バンド「パネハピ」(「ハンパねぇほどハッピー」の略)でもボーカルとしてライブを行なった。

2008年8月22日をもって麻理香の大学受験のため、一時ライブ活動を休止したが、2009年3月14日に再開。なお、麻理香は受験に失敗し、自ら「浪人アイドル」を名乗った。

西村姉妹が活動を休止している間に事務所ではtoutouの「第2期メンバー」を公募、応募した40組の中から2009年1月末に二組4人(いずれも当時小学生)が合格し、西村姉妹の復帰ライブでバックダンサーとしてお披露目された[2]。そのうち一組は双子の姉妹で、もう一組は幼馴染同士である。二組ともtoutouの「記号」として紗也香役は赤い縁の伊達眼鏡をかけてライブに出ていた。なお、お披露目の後まもなく、4人にPure-toutou(ピュア-トゥートゥー)という名称が付けられ、toutouの「メンバー候補生」であるとし、3月末までメンバー募集を続けた。

2009年4月26日のライブで、toutouの活動を終了することが正式に発表された。同年5月31日、これまで何回も出演した「アイドルステーション」(原宿アストロホール)に出演し、ラストライブを行った。「悲しい余韻を残したくない」という理由でトリではなく、また「お父さんから泣くなって言われている」とコメントし、舞台で号泣することもない解散であった。

メンバー[編集]

Pure-toutou
  • 岡村 亜海(おかむら あみ・姉、紗也香役)
  • 岡村 海里(おかむら みり・妹、麻理香役)
  • 陽香(はるか、紗也香役)
  • 奈々(なな、麻理香役)

作品[編集]

CD[編集]

CD
  1. えいごのうた(NHK教育きょうから英会話』主題歌)
  2. すっぱいのがニガテ
  3. あなたに会えて良かった
  4. 夢見るインベーダー
  5. ともだちザムライ
  6. 王者にGO!(『ダイノキングバトル』CMテーマ曲)
  7. ココロの問題
DVD
  1. えいごのうた
  2. あなたに会えて良かった

DVD[編集]

  • ガチャガチャポン!DVDシリーズVol.2 ミカンせいじんチルドレン
    2005年に『ガチャガチャポン!』で放送した『星占いの歌』全34本と、録りおろしの『星占いの歌2006』を収録、セブン-イレブン限定販売。
  • dvd blog 000(JJIDOL presents)
    ライヴ会場でのみ販売。ライブDVDで「えいごのうた」初期バージョンである「えいごの唄」を収録。

書籍[編集]

雑誌[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ガールズパニック!〜A・BOY PARK〜(STAR digio STATION400)

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお『ガチャガチャポン!』公開収録にゲスト出演し「歌う星占い」を披露したが、事情により放送日が変更になったため占いの内容が変わってしまい、収録時と歌詞を変えざるを得なくなり、新たに収録された歌に差し替えられた。このため映像と音声が合っていない口パクのような状態での放送となってしまった。
  2. ^ 『月刊Audition』2009年5月号に記事
  3. ^ 一部歌詞が変更されており、変更されたバージョンも「TV edit」としてCDに収録されている。