Transition

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
transition
山崎まさよしスタジオ・アルバム
リリース
録音 ニューヨーク
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース 山崎まさよし
チャート最高順位
山崎まさよし 年表
ONE KNIGHT STANDS
2000年
transition
2001年
Transit Time
2002年
『Transition』収録のシングル
  1. 明日の風
    リリース: 2000年7月11日
  2. Plastic Soul
    リリース: 2001年5月23日
テンプレートを表示

transition』(トランジション)は、山崎まさよし通算5枚目のオリジナルアルバム。2001年6月27日発売。発売元はポリドール・レコード

解説[編集]

前作『SHEEP』から1年7ヶ月ぶりのリリースとなった[1]。なお、本作の発売9ヶ月前の2000年9月にライヴ・アルバム『ONE KNIGHT STANDS』をリリースしていた。

日立マクセルカゴメ野菜生活100」、ライオン食器用洗剤「チャーミーマイルド」など、コマーシャルソングが多数収録されている。なお、日立マクセルとカゴメのコマーシャルには山崎本人も出演した。

本アルバムに連動したコンサート・ツアー「Transit Time」が実施され、その模様は同名のライヴ・アルバムとして本作発売から約1年後の2002年5月29日にシングル『心拍数』と同時発売された。『心拍数』は全曲ライブ・テイク音源によるもので、通常盤の他全9タイトルにも及ぶ地域盤[2]が同時リリースされて話題となった[3]。なお、ライヴ映像は商品化されていない。ちなみに、『Transit Time』と、『心拍数(信越・北陸編)』『心拍数(九州・沖縄編)』の3アイテムを揃えることで本アルバム収録曲の全ライヴ音源を聴くことができる。

目を閉じた姿が印象的なCDジャケットは、ファンクラブ会員が選ぶ「好きなジャケット写真~アルバム部門」の第2位に選ばれた[4]

2007年12月19日にアナログ盤がボックス仕様でリリースされている。

収録曲[編集]

  • 全曲とも作詞・作曲・編曲:山崎将義(3曲目の「Super Suspition」は中村キタローとの共同編曲)
  1. サーカス (3:33)
  2. 明日の風 (album mix) (4:57)
  3. Super Suspicion (4:00)
  4. 手をつなごう (3:59)
    • ライオン製品「チャーミーマイルド」コマーシャルソング。「手をつなごう」は当時のCMのキャッチコピーでもあった。
  5. 区役所 (3:06)
  6. 夏のモノローグ (4:49)
  7. Sleeping Butterfly (3:49)
  8. 晴れた日と月曜日は (3:51)
  9. 愛のしくみ (album mix) (3:46)
  10. タイム (4:09)
  11. アイデンティティー クライシス ~思春期の終わり~ (4:36)
    • 日立マクセル「ONE DISC, ONE HEART.」CMソング。
  12. Plastic Soul (album mix) (4:09)
    • 11thシングルの新ミックス。

関連作品[編集]

  • BLUE PERIOD - ベストアルバム。「明日の風」「Plastic Soul」収録。
  • OUT OF THE BLUE - ベストアルバム。「愛のしくみ」収録。
  • ONE KNIGHT STANDS - ライブアルバム。初回盤に「明日の風」収録。
  • Transit Time - ライブアルバム。「手をつなごう」「愛のしくみ」以外の10曲を収録。
  • 心拍数 - ライブテイクのシングル。「手をつなごう」が信越・北陸編に、「愛のしくみ」が九州・沖縄編に収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 前作発売時のインタビューで「全13曲入り。出血大サービス!あと2年は(オリジナルアルバムの新作を)作りませ~ん・笑」と発言していた(「山崎まさよしBREaTH 特別号」(Sony Magazines Annex刊)より)。
  2. ^ 北海道編・東北編・関東編・信越/北陸編・東海編・近畿編・四国編・中国編・九州/沖縄編の9枚。
  3. ^ 2018年現在、生産終了となっている。
  4. ^ ファンクラブ「Boogie House」会報第127号より。