U195 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
U-195
建造 AG・ヴェーザー
型式 UボートIXD1型
発注 1940年11月4日
起工 1941年5月15日
進水 1942年4月8日
就役 1942年9月5日
その後 1945年(昭和20年)5月大日本帝国海軍に接収された。
テンプレートを表示

U-195は、第二次世界大戦中に建造されたドイツ海軍: Kriegsmarine)のIXD1型補給潜水艦で、Uボート195またはUnterseeboot195の略称である[1]。1941年5月15日にブレーメンのAG・ヴェーザー社で起工され、1942年4月8日に進水し、1942年9月5日にハインツ・ブッフホルツ少佐を艦長として就役した[2]

U-195は1943年10月から1944年4月にかけて[3]魚雷発射管が撤去され貨物室として252tの貨物を積載できるよう改造された。IXD1型はU-180及びこのU-195の2隻が建造され、当初は6基の魚雷艇ディーゼルエンジン推進軸2軸の構成を試みたが、過熱を引き起こすなどの問題があって、2基の2,200hp MANディーゼルエンジンに換装された[4]。U-180は1944年に日本へ向けての航海に出発する途中ビスケー湾で失われた。

艦歴[編集]

第1次哨戒[編集]

U-195はキールを1943年3月20日に出発し南アフリカ連邦沖の海域へ行き、そこまでで2隻を沈め、1隻に損傷を与えた[5]

  • 4月11日、北緯28度52分 西経26度30分 / 北緯28.867度 西経26.500度 / 28.867; -26.500カナリア諸島ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア西方475マイル(760km)地点付近で米リバティ船ジェームズ・W・デンヴァー(James W. Denver、7,200トン)を発見。ジェームズ・W・デンヴァーはニューヨークからカサブランカへ向かう輸送船団UGS-7に参加中、機関過熱により後落したもので、砂糖、酸、小麦粉、航空機部品、車両及びブルドーザー、計6,000トンを積んでいて、甲板上にはさらに12機のP-38 ライトニングを積んでいた。U-195は魚雷3本を発射し、うち1本が右舷2番船倉と3番船倉の間に命中。ジェームズ・W・デンヴァーは航行不能となり、右舷に傾斜。船首が水中に沈み、推進器が海上に出た。乗員42名、武装護衛隊員26名、乗客1名は5艘の救命ボートで脱出した。翌12日0120にジェームズ・W・デンヴァーは沈没した[6]
  • 5月6日、南緯15度00分 西経7度00分 / 南緯15.000度 西経7.000度 / -15.000; -7.000アセンション島南東125マイル(200km)地点付近で単独航行中の米リバティ船サミュエル・ジョーダン・カークウッド(Samuel Jordan Kirkwood、7,191トン)を発見。サミュエル・ジョーダン・カークウッドは空船でケープタウンからバイーアに向かっていた。U195は魚雷2本を発射したが、相手が12ノットでジグザグ航行していたため命中しなかった。U195はサミュエル・ジョーダン・カークウッドを追跡し、20時間後の翌7日0137に魚雷1本を発射。魚雷はサミュエル・ジョーダン・カークウッドの左舷5番船倉直後に命中。爆発により6m(20フィート)の穴が開き、変速機と推進軸が破壊され、船尾砲座が倒壊した。乗員42名、武装護衛隊員25名、乗客4名は4艘の救命ボートと1艘の救命いかだで脱出した。0352、U-195は放棄された後のサミュエル・ジョーダン・カークウッドへ魚雷を発射。魚雷が命中した同船は沈没した[7]
  • 5月12日0313、南緯23度21分 西経1度22分 / 南緯23.350度 西経1.367度 / -23.350; -1.367の地点で、U-195は単独航行中の米C1型貨物船ケープ・ネディック(Cape Neddick、6,797トン)を発見した。ケープ・ネディックはダーバンからスエズに向かっており、食糧、弾薬、航空機部品、ジープ、戦車20両、計7,100トンを積んでいて、甲板上にはさらに機関車が積まれていた。U-195は魚雷2本を発射。1本は3番船倉後方に命中したが不発。もう1本は2番船倉に命中し縦7.6m(25フィート)横9.1m(30フィート)の穴を開けた。その最中に、乗船していた武装護衛隊員は100mm(4インチ)、76mm(3インチ)砲及び20mm機関砲でU-195へ向けて砲撃した。やがて、船首から沈み始め、甲板が波に洗われるようになったため、乗員51名、武装護衛隊員25名は2艘の救命ボートと3艘の救命いかだで船を離れた。その後、沈まなかったケープ・ネディックの船長と乗員6名により航行を開始。その時U-195は魚雷1本を発射したが、魚雷はケープ・ネディックの前方を通過した。そのため、砲座から砲弾3発がU-195の方向に向け発射された。15時間後、ケープ・ネディックは現場へ戻り救命ボート、救命いかだに乗った者たちを救助し、16日に南アフリカのウォルビスベイに無事到着した[8]。U-195は126日間の哨戒の後、7月23日ボルドーに帰還した[9]

第2次哨戒[編集]

フリードリヒ・スタインフェルト中尉の指揮でU-195は1944年8月24日にボルドーを出港し127日後の12月28日にバタヴィアに到着した[10]

第3次哨戒[編集]

U-195の最後の哨戒は、他のUボートがインド洋での任務を終了しヨーロッパへ帰還するために必要な補給を行なうものであった。U-195は1945年1月19日にバタヴィアを出港しマダガスカル南方のインド洋へ向かった[11]。そこでモンスーン戦隊に属するUボートに対し給油を行ない、3月4日にバタヴィアへ帰還した。その後3月5日にバタヴィアを出港し、3月7日にスラバヤへ移動した[12]

大日本帝国海軍による接収[編集]

1945年(昭和20年)5月初めにドイツが降伏した後、U-195は大日本帝国海軍に接収され伊506として7月15日に艦籍に入った。8月にスラバヤで連合国軍に降伏し、1946年2月16日、南緯06度50分 東経114度42分 / 南緯6.833度 東経114.700度 / -6.833; 114.700バリ海イギリス軍により海没処分された[13]

撃沈隻数は2隻、計14,391トンにのぼる。また、商船1隻、6,797トンに損傷を与えた。

性能諸元[編集]

  • 排水量:水上1,610t、水中1,799t
  • 全長:87.6m (耐圧殻長:68.5m)
  • 全幅:7.5m (耐圧殻幅:4.4m)
  • 全高:10.2m
  • 喫水:5.4m
  • 推進機:
    • ディーゼルエンジン: MAN M9V40/46過給機付き9気筒 2基、4,400hp(3,281kW)
    • 電動機: SSW GU345/34 double-acting 2基、1000hp(746kW)
  • 最大速度:水上20.8kt (38.5km/h)、水中6.9kt (12.8km/h)
  • 水上航続距離:10kt(19km/h)で12,750海里(23,610km)
  • 水中航続距離:4kt(7.4km/h)で213海里(394km)
  • 最大深度:230m
  • 乗組員:55から63名
  • 兵装: 533mm魚雷発射管×6(艦首4、艦尾2 搭載魚雷22本)、45口径105mm単装砲×1、TMA×48

脚注[編集]

(リンクについては翻訳にあたっていずれも2010年10月21日閲覧。)

[ヘルプ]
  1. ^ 英語では U-195 、ドイツ語ではハイフンを付けず U195 と略される。
  2. ^ The Type IXD1 boat U-195 - German U-boats of WWII - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  3. ^ U-195 at u-boot-archiv.de
  4. ^ Type IXD long range boats – German U-boat Types of WWII - uboat.net
  5. ^ Patrol of U-boat U-195 from 20 Mar 1943 to 23 Jul 1943 - U-boat patrols - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  6. ^ James W. Denver (Steam merchant) - Ships hit by U-boats - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  7. ^ Samuel Jordan Kirkwood (Steam merchant) - Ships hit by U-boats - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  8. ^ Cape Neddick (Steam merchant) - Ships hit by U-boats - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  9. ^ War Patrols by German U-boat U-195 - Boats - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  10. ^ Patrol of U-boat U-195 from 24 Aug 1944 to 28 Dec 1944 - U-boat patrols - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  11. ^ Patrol of U-boat U-195 from 19 Jan 1945 to 4 Mar 1945 - U-boat patrols - uboat.net”. uboat.net. 2010年3月6日閲覧。
  12. ^ War Patrols by German U-boat U-195 - U-boat patrols - uboat.net”. uboat.net. 2010年10月21日閲覧。
  13. ^ 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』第一法規出版、1995年、366頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]