UDトーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

UDトークとは、主に聴覚障害者とのコミュニケーションを、パソコン携帯電話を使って行うためのソフトウェアである。 ソフトウェア制作は、Shamrock Records,Inc (青木秀仁代表)。 JIS S 0042 (高齢者・障害者配慮設計指針)を参考に実装されている。

概要[編集]

  • 音声認識をつかって文章を入力し、認識間違いを手で修正する形でコミュニケーションをとる。[1][2]
  • インターネットを介して、他のUDトークや連携アプリと接続し、文字情報を共有することができる。[3]
  • 自治体から企業、大学に至るまで、様々な場所で導入されている。[4][5][6]
  • 情報保障の1つとして採用されることもある。[7]

使用方法[編集]

  • 音声認識を使うには、iPhoneAndroidのUDトークアプリを導入する。WindowsmacOSで使うためには、専用アプリを導入する。
  • そのうち1台を接続の親として起動する。
  • 他の端末を接続の親に起動する。
  • 入力を開始するか、マイクに話しかける。

特徴[編集]

  • ネットワークを用いてチームを編成し、入力、修正を行いながら入力できる。
  • 連続発話認識と呼ばれる入力方法をサポートしている。これは音声認識を連続で動作させ、リアルタイムに見たり、誤字を直したりできる様にプログラムされている。
  • インターネット経由での入力に対応しており、通信環境が揃えば遠隔地からの情報保障が可能。
  • 盲者のために、音声発声ソフトウェアが実装されており、読み上げも行うことができる。
  • QRコードやIDによるペアリング機能により、VPNがなくともインターネット越しに安全なチーム形成ができる。
  • 事前原稿を読み込ませ、任意のタイミングで表示する事が出来る。
  • 近年では大学の授業支援に採用されるケースもある。[8]
  • プログラム連携機能により、機能拡張ができる。[9]現在の対応アプリとして、ITBC2[10]や、ノートテイクアプリ まあちゃん[11]、字幕付けシステムのおこ助[12]などがある

参照元[編集]

[ヘルプ]