UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 > UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 決勝
UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 決勝
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14
延長
開催日 2014年5月24日[1]
会場 エスタディオ・ダ・ルス(リスボン)
UEFA選出最優秀選手 アルゼンチンの旗 アンヘル・ディ・マリア[2]
ファン選出最優秀選手 スペインの旗 セルヒオ・ラモス[3]
主審 オランダの旗 ビョルン・カイペルス[4]
観客数 60,976人[5]
天気 晴れ時々曇り
気温 17度
湿度 51%[6]
2013
2015
決勝戦の舞台となったエスタディオ・ダ・ルス

UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14 決勝(ウエファチャンピオンズリーグ 2013-14 けっしょう、英語: UEFA Champions League 2013-14 Final)は、欧州サッカー連盟(UEFA)により開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2013-14の決勝戦であり、22回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である。(UEFAチャンピオンズカップ時代を含めると59回目。)試合は2014年5月24日土曜日にリスボンエスタディオ・ダ・ルスで開催された。

決勝戦はリーガ・エスパニョーラに所属する2つのサッカークラブ、レアル・マドリードアトレティコ・マドリードマドリードダービーが行われ、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦の歴史において初めて同じ街を本拠地とするチーム同士で戦われた決勝戦となった。レアル・マドリードがアトレティコ・マドリードを4-1で下し、12年ぶり10回目の優勝(デシマ)を果たした。

試合前[編集]

UEFAチャンピオンズリーグ及びその前身であるUEFAチャンピオンズカップの歴史を通して初めて、同じ街を本拠地とするチーム同士による決勝戦となった。また、決勝戦が同じサッカー協会に所属するクラブ同士の対戦となるのは2000年(スペイン)、2003年(イタリア)、2008年(イングランド)、2013年に続いて5回目であった[7]

レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズカップ時代を含め、史上最多の13回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦出場となった。そのうち、1955-56シーズン~1959-60シーズンにUEFAチャンピオンズカップを5連覇、1965-66シーズンにも同大会で優勝を経験したほか、UEFAチャンピオンズリーグとなった後には1998年、2000年、2002年に優勝を経験していた[8]

その他、レアル・マドリードが準優勝したのは1962年、1964年、1981年の3つのシーズンであった[9]

一方、アトレティコ・マドリードにとって今回は2回目のチャンピオンズリーグ決勝戦であり、1回目の1974年の決勝戦ではバイエルン・ミュンヘンに再試合の末敗れていた[10]

試合会場[編集]

決勝戦の会場となったリスボンエスタディオ・ダ・ルスは、SLベンフィカのホームスタジアムである。エスタディオ・ダ・ルスでの決勝戦開催は2011年6月16日に決定された[11]。エスタディオ・ダ・ルスでUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われるのは初めてのことであったが、同時にポルトガルのスタジアムがUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦の会場となったのも今回が初めてであった。

アンバサダー[編集]

チャンピオンズリーグで1回優勝を達成している元サッカーポルトガル代表ルイス・フィーゴが決勝戦の公式アンバサダーに任命された[12]

チケット販売[編集]

チケットは2014年3月21日から4月4日まで一般販売された[13]。チケットの販売価格は以下のとおり。

カテゴリー 販売価格
カテゴリー1 390ユーロ
カテゴリー2 280ユーロ
カテゴリー3 160ユーロ
カテゴリー4 (車椅子用) 70ユーロ
カテゴリー2 (ファミリー用) 140ユーロ

関連イベント[編集]

UEFAチャンピオンズ・フェスティバルが2014年5月6日から25日まで、リスボンの市庁舎に程近いパソス・ド・コンセーリョで開催された[14]

また、UEFA女子チャンピオンズリーグ 2013-14の決勝戦は2014年5月22日に、リスボンのエスタディオ・ド・レステロで行われ、女子ブンデスリーガに所属するヴォルフスブルクが優勝し、UEFA女子チャンピオンズリーグにおいて連覇を達成した3チーム目のチームとなった[15]

決勝戦までの道のり[編集]

註: 以下のすべての結果は、決勝戦進出2クラブの得点を前に表示している。

スペインの旗 レアル・マドリード ラウンド スペインの旗 アトレティコ・マドリード
対戦相手 結果 グループリーグ 対戦相手 結果
トルコの旗 ガラタサライ 6 - 1 (A) 第1節 ロシアの旗 ゼニト 3 - 1 (H)
デンマークの旗 コペンハーゲン 4 - 0 (H) 第2節 ポルトガルの旗 ポルト 2 - 1 (A)
イタリアの旗 ユヴェントス 2 - 1 (H) 第3節 オーストリアの旗 アウストリア・ウィーン 3 - 0 (A)
イタリアの旗 ユヴェントス 2 - 2 (A) 第4節 オーストリアの旗 アウストリア・ウィーン 4 - 0 (H)
トルコの旗 ガラタサライ 4 - 1 (H) 第5節 ロシアの旗 ゼニト 1 - 1 (A)
デンマークの旗 コペンハーゲン 2 - 0 (A) 第6節 ポルトガルの旗 ポルト 2 - 0 (H)
グループB1位
チーム
スペインの旗 レアル・マドリード 6 5 1 0 20 5 +15 16
トルコの旗 ガラタサライ 6 2 1 3 8 14 −6 7
イタリアの旗 ユヴェントス 6 1 3 2 9 9 0 6
デンマークの旗 コペンハーゲン 6 1 1 4 4 13 −9 4
最終結果 グループG1位
チーム
スペインの旗 アトレティコ・マドリード 6 5 1 0 15 3 +12 16
ロシアの旗 ゼニト 6 1 3 2 5 9 −4 6
ポルトガルの旗 ポルト 6 1 2 3 4 7 −3 5
オーストリアの旗 アウストリア・ウィーン 6 1 2 3 5 10 −5 5
対戦相手 結果 第1戦 第2戦 決勝トーナメント 対戦相手 結果 第1戦 第2戦
ドイツの旗 シャルケ 9 - 2 6 - 1 (A) 3 - 1 (H) ラウンド16 イタリアの旗 ミラン 5 - 1 1 - 0 (A) 4 - 1 (H)
ドイツの旗 ドルトムント 3 - 2 3 - 0 (H) 0 - 2 (A) 準々決勝 スペインの旗 バルセロナ 2 - 1 1 - 1 (A) 1 - 0 (H)
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 5 - 0 1 - 0 (H) 4 - 0 (A) 準決勝 イングランドの旗 チェルシー 3 - 1 0 - 0 (H) 3 - 1 (A)

試合[編集]

出場選手[編集]

レアル・マドリードのシャビ・アロンソはイエローカードの累積により決勝戦への出場停止処分が決定していた。また、右膝の靭帯を断裂したヘセ・ロドリゲスが欠場する一方、ふくらはぎを負傷して出場が危ぶまれていたセンターバックペペは出場が可能となった[16][17]。アトレティコ・マドリード側は、直前に右ハムストリングを負傷していたジエゴ・コスタが出場可能となった一方、腰の骨盤を痛めていたサイドハーフのアルダ・トゥランを欠くこととなった[18]

概要[編集]

2014年5月24日
19:45 WEST
レアル・マドリード スペインの旗 4 – 1
(延長)
スペインの旗 アトレティコ・マドリード
セルヒオ・ラモス 90+3分にゴール 90+3分
ベイル 110分にゴール 110分
マルセロ 118分にゴール 118分
ロナウド 120分にゴール 120分 (PK)
レポート ゴディン 36分にゴール 36分
エスタディオ・ダ・ルス, リスボン
観客数: 60,976人[5]
主審: オランダの旗 ビョルン・カイペルス[4]
R.マドリード
アトレティコ
GK 1 スペインの旗 イケル・カシージャス (c)
RB 15 スペインの旗 ダニエル・カルバハル
CB 4 スペインの旗 セルヒオ・ラモス 27分に警告 27分
CB 2 フランスの旗 ラファエル・ヴァラン 120+3分に警告 120+3分
LB 5 ポルトガルの旗 ファビオ・コエントラン 59分に交代退場 59分
DM 6 ドイツの旗 サミ・ケディラ 45+1分に警告 45+1分 59分に交代退場 59分
CM 19 クロアチアの旗 ルカ・モドリッチ
CM 22 アルゼンチンの旗 アンヘル・ディ・マリア
RW 11 ウェールズの旗 ガレス・ベイル
CF 9 フランスの旗 カリム・ベンゼマ 79分に交代退場 79分
LW 7 ポルトガルの旗 クリスティアーノ・ロナウド 120+1分に警告 120+1分
控え
GK 25 スペインの旗 ディエゴ・ロペス
DF 3 ポルトガルの旗 ペペ
DF 12 ブラジルの旗 マルセロ 118分に警告 118分 59分に交代出場 59分
DF 17 スペインの旗 アルバロ・アルベロア
MF 23 スペインの旗 イスコ 59分に交代出場 59分
MF 24 スペインの旗 アシエル・イジャラメンディ
FW 21 スペインの旗 アルバロ・モラタ 79分に交代出場 79分
監督
イタリアの旗 カルロ・アンチェロッティ
Real Madrid vs Atlético Madrid 2014-05-24.svg
GK 13 ベルギーの旗 ティボ・クルトゥワ
RB 20 スペインの旗 フアンフラン 74分に警告 74分
CB 2 ウルグアイの旗 ディエゴ・ゴディン 120分に警告 120分
CB 23 ブラジルの旗 ミランダ 53分に警告 53分
LB 3 ブラジルの旗 フィリペ・ルイス 83分に交代退場 83分
DM 5 ポルトガルの旗 チアゴ・メンデス
DM 14 スペインの旗 ガビ (c) 100分に警告 100分
RW 8 スペインの旗 ラウール・ガルシア 27分に警告 27分 66分に交代退場 66分
LW 6 スペインの旗 コケ 86分に警告 86分
CF 9 スペインの旗 ダビド・ビジャ 72分に警告 72分
CF 19 スペインの旗 ディエゴ・コスタ 9分に交代退場 9分
控え
GK 1 スペインの旗 ダニエル・アランスビア
DF 12 ベルギーの旗 トビー・アルデルヴァイレルト 83分に交代出場 83分
MF 4 スペインの旗 マリオ・スアレス
MF 11 ウルグアイの旗 クリスティアン・ロドリゲス
MF 24 アルゼンチンの旗 ホセ・ソサ 66分に交代出場 66分
MF 26 ブラジルの旗 ジエゴ
FW 7 スペインの旗 アドリアン・ロペス 9分に交代出場 9分
監督
アルゼンチンの旗 ディエゴ・シメオネ Red card 120+3分

UEFA選出マン・オブ・ザ・マッチ
アルゼンチンの旗 アンヘル・ディ・マリア (レアル・マドリード) [2]
ファン選出マン・オブ・ザ・マッチ
スペインの旗 セルヒオ・ラモス (レアル・マドリード) [3]
副審:
オランダの旗 サンデル・ファン・ルーケル
オランダの旗 エルビン・ゼインストラ
第4審判:
トルコの旗 ジュネイト・チャキル
追加副審:
オランダの旗 ポル・ファン・ブーケル
オランダの旗 リシャール・リースフェルト

試合ルール[19]

  • 試合時間は90分。
  • 90分終了後同点の場合、30分の延長戦が行われる。
  • 120分終了後同点の場合、PK戦で勝敗が決定される。
  • 控えは7名。
  • 最大3人まで交代可能。

試合展開[編集]

前半

両者ともに手堅い立ち上がりとなり、チャンスらしいチャンスがないまま試合が進む。すると9分、アトレティコにアクシデント。怪我の治りが心配されていたディエゴ・コスタだが状態が思ったより悪く、アドリアン・ロペスと交代となった。その後も双方チャンスが少なく、27分にクリスティアーノ・ロナウドが放った直接FKがこの試合初の枠内シュートとなった。32分にはチアゴ・メンデスの横パスを奪ったガレス・ベイルがペナルティーエリア内まで持ち込んでシュートを打つも枠の左に外れた。36分、右CKを得たアトレティコ。ボールは一旦跳ね返されるものの、フアンフランがヘディングでゴール前に入れ直す。このボールにディエゴ・ゴディンが頭で合わせると、ループ気味となったボールは飛び出したGKカシージャスの頭上を越えてゴールイン、アトレティコが先制に成功する。その後は動きがなく前半終了、アトレティコが1-0とリードして折り返した。

後半

両チーム交代はなく後半へ。後半最初のチャンスは54分、ロナウドが直接FKを狙うがGKクルトワがセーブ。同点に追いつきたいレアルは59分、マルセロイスコを同時投入、やや疲れの見え始めたアトレティコを前に徐々に攻勢を強めていった。67分にはイスコにシュートチャンスが訪れるが、シュートは枠の左。73分、ロナウドの落としたボールをベイルが左足シュート、78分にはDFを振り切ったベイルがエリア内でシュートを打つがどちらもわずかに枠の右、84分には左サイドからアンヘル・ディ・マリアのグラウンダーのクロスがゴール前を通過していくなど、猛攻を仕掛けるが得点には至らない。防戦一方のアトレティコは83分にフェリペ・ルイスが足を攣ってトビー・アルデルヴァイレルトと交代するなど疲労を隠せなかった。そして後半終了間際の93分、レアルはルカ・モドリッチの右CKにセルヒオ・ラモスがドンピシャのヘディングで合わせると、ボールは懸命に飛んだクルトワの右手をかすめてゴールに突き刺さった。試合終了まであと2分、土壇場でレアルが試合を振り出しに戻し、アトレティコから優勝がこぼれ落ちた。試合は1-1で延長戦に入る。

延長戦

前半は両チームとも気合の守備を見せ、疲労もあってかチャンスはほとんど無かった。しかしアトレティコの方が疲弊が大きく、後半に入ると次第にレアルが攻勢になる。すると110分、左サイドでボールをもらったディ・マリアが3人に囲まれながら中に切れ込んでいき、ダブルタッチで華麗に突破してエリア内に侵入、クルトワと1対1になりシュートを放つ。このシュートはクルトワが右足で弾くものの、こぼれ球をベイルが頭で押し込みついに勝ち越しに成功。その後118分、マルセロがドリブルで持ち込んでいくと、アトレティコの面々は疲れ果てたのか誰もプレスに行けず、そのままシュート。これが決まって決定的な3点目が入る。さらに120分にはエリア内でロナウドがゴディンに倒されPKを獲得、これをロナウド自ら決めたところで試合終了。終わってみれば4-1、大差でレアル・マドリードが勝利し大会通算10度目の優勝「ラ・デシマ」を達成した。

チーム別データ[編集]

選手別データ[編集]

試合後[編集]

レアル・マドリードは本試合での勝利により、大会史上初めて10回目の優勝(デシマ)を果たしたクラブチームとなった。また、カルロ・アンチェロッティ監督にとっては、2003年2007年ACミランを率いてチャンピオンズリーグ優勝を果たして以来、三度目のチャンピオンズリーグ制覇となった。2つの異なるクラブでのチャンピオンズリーグ優勝はエルンスト・ハッペルフェイエノールト: 1970年、ハンブルガーSV: 1983年)、オットマー・ヒッツフェルトボルシア・ドルトムント: 1997年、バイエルン・ミュンヘン: 2001年)、ジョゼ・モウリーニョFCポルト: 2004年、インテルナツィオナーレ・ミラノ: 2010年)、ユップ・ハインケスレアル・マドリード: 1998年、バイエルン・ミュンヘン: 2013年)についで5人目となった[22]。また、アンチェロッティ監督は三度目の優勝を達成したが、これはリヴァプールFCを率いて優勝したボブ・ペイズリーについで2人目の記録となった[22]

その他、勝者レアル・マドリードはUEFAヨーロッパリーグ 2013-14王者のセビージャFCと対戦する2014 UEFAスーパーカップの出場権を獲得した他、UEFAサッカー連盟を代表して2014年12月にモロッコで開催された2014 FIFAクラブワールドカップの出場権を獲得した。

日本におけるテレビ中継[編集]

<*スカパー*>

解説:鈴木良平 実況:倉敷保雄 東京:福田正博西岡明彦

<エスタディオ・ダ・ルス>

<東京・フジテレビ>

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “2014年決勝;リスボン”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2013年5月29日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1957986.html 2014年5月30日閲覧。 
  2. ^ a b 念願の10度目の頂点に歓喜するカシージャス”. UEFA. 2014年5月30日閲覧。
  3. ^ a b http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2014/matches/round=2000483/match=2011883/postmatch/report/index.html”. UEFA. 2014年5月30日閲覧。
  4. ^ a b “UCL決勝の主審にカイペルス氏”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2014年5月7日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2101997.html 2014年5月30日閲覧。 
  5. ^ a b Full Time Report (PDF)”. UEFA. Union of European Football Associations (2014年5月24日). 2014年5月30日閲覧。
  6. ^ Tactical lineups”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2014年5月24日). 2014年5月30日閲覧。
  7. ^ 過去の同国勢同士によるUCL決勝”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2014年5月5日). 2014年5月30日閲覧。
  8. ^ Match Press Kit”. UEFA.com (2014年5月24日). 2014年5月30日閲覧。
  9. ^ マドリーの過去の欧州決勝を回顧”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2014年4月29日). 2014年5月30日閲覧。
  10. ^ アトレティコの過去唯一の欧州王座挑戦”. UEFA.com. Union of European Football Associations (2014年4月30日). 2014年5月30日閲覧。
  11. ^ Lisbon to stage 2014 UEFA Champions League final”. UEFA.com. Union of European Football Associations. 2013年5月25日閲覧。
  12. ^ フィーゴ氏、決勝アンバサダーとして初仕事”. UEFA.com. Union of European Football Associations. 2014年5月30日閲覧。
  13. ^ UCL決勝チケット、国際販売を開始”. UEFA.com. Union of European Football Associations. 2014年5月30日閲覧。
  14. ^ リスボンで「祭典」がキックオフ”. UEFA.com. Union of European Football Associations. 2014年5月30日閲覧。
  15. ^ Müller the hero again as Wolfsburg win classic final”. UEFA.com. Union of European Football Associations. 2014年5月30日閲覧。
  16. ^ “マドリーのヘセ、ひざの重傷で今季絶望”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2014年3月19日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2074825.html 2014年5月30日閲覧。 
  17. ^ “マドリーのペペがふくらはぎを負傷”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2014年5月9日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2103060.html 2014年5月30日閲覧。 
  18. ^ “アトレティコ、主力2選手が負傷”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2014年5月17日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2107404.html 2014年5月30日閲覧。 
  19. ^ Regulations of the UEFA Champions League 2013/14 (PDF)”. UEFA.com. Nyon: Union of European Football Associations (2012年3月). 2014年5月30日閲覧。
  20. ^ a b c d Team statistics”. UEFA.com. Union of European Football Associations. 2013年5月30日閲覧。
  21. ^ a b Players Statistics”. UEFA.com. 2014年5月30日閲覧。
  22. ^ a b 記録と数字で振り返るUCL決勝”. UEFA.com. 2014年5月30日閲覧。