UFC 187

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 187: Johnson vs. Cormier
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年5月23日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 WOWOW
入場者数 12,615人
入場収益 518万9,167ドル[1]
PPV購入数 37万5,000件[2]
イベント時系列
UFC Fight Night: Edgar vs. Faber UFC 187: Johnson vs. Cormier UFC Fight Night: Condit vs. Alves

UFC 187: Johnson vs. Cormier(ユーエフシー・ワンエイティセブン:ジョンソン・バーサス・コーミエ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2015年5月23日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではUFC世界ライトヘビー級王座決定戦とUFC世界ミドル級タイトルマッチが組まれた[3]

キャリア11戦全勝のイスラム・マカチェフがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • ショーン・スペンサー → コルビー・コヴィントン(第3試合)

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・スコギンズ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・サンポ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ロシアの旗 イスラム・マカチェフ vs. アメリカ合衆国の旗 リオ・クンツ ×
2R 2:38 リアネイキドチョーク

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コルビー・コヴィントン vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・パイル ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、30-27)
第4試合 女子54.4kg契約ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ローズ・ナマユナス vs. アメリカ合衆国の旗 ニーナ・アンサロフ
アンサロフの体調不良により中止[4]
※アンサロフの体重超過により女子ストロー級から変更。
第5試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ハファエル・ナタル vs. ジャマイカの旗 ユライア・ホール ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
大韓民国の旗 キム・ドンヒョン vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バークマン ×
3R 2:13 肩固め
第7試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ドッドソン vs. アメリカ合衆国の旗 ザック・マコウスキー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

メインカード[編集]

第8試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ベナビデス vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・モラガ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー vs. アメリカ合衆国の旗 トラヴィス・ブラウン ×
1R 4:41 TKO(スタンドパンチ連打)
第10試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・セラーニ vs. カナダの旗 ジョン・マクデッシー ×
2R 4:44 TKO(左ハイキック)
第11試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 クリス・ワイドマン vs. ブラジルの旗 ビクトー・ベウフォート ×
1R 2:53 TKO(マウントパンチ)
※ワイドマンが3度目の防衛に成功。
第12試合 UFC世界ライトヘビー級王座決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ダニエル・コーミエ vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ジョンソン ×
3R 2:39 リアネイキドチョーク
※コーミエが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトアンドレイ・アルロフスキー vs. トラヴィス・ブラウン
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトダニエル・コーミエクリス・ワイドマン
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]