UFC 200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 200: Tate vs. Nunes
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2016年7月9日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 T-モバイル・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 AbemaTV
FOXスポーツ&エンターテイメント
ニコニコ生放送
DAZN
入場者数 18,202人[1]
入場収益 1070万ドル[1]
PPV購入数 100万9,000件[2]
イベント時系列
The Ultimate Fighter 23 Finale UFC 200: Tate vs. Nunes UFC Fight Night: McDonald vs. Lineker

UFC 200: Tate vs. Nunes(ユーエフシー・ツーハンドレッド:テイト・バーサス・ヌネス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2016年7月9日ネバダ州ラスベガスT-モバイル・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

1993年11月12日のUFC第1回大会以来、UFCのナンバーシリーズ大会として200回目の記念大会。T-モバイル・アリーナは2016年4月に落成され、Tモバ・アリーナでのUFC開催は初となる。メインイベントはUFC世界女子バンタム級タイトルマッチで、チャンピオンのミーシャ・テイトと挑戦者のアマンダ・ヌネスの対戦が組まれた。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー vs. 日本の旗 五味隆典 ×
1R 2:18 TKO(パウンド)
第2試合 ミドル級 5分3R
オランダの旗 ゲガール・ムサシ vs. ブラジルの旗 チアゴ・サントス ×
1R 4:32 TKO(右フック→パウンド)
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・ローゾン vs. アメリカ合衆国の旗 ディエゴ・サンチェス ×
1R 1:26 TKO(スタンドパンチ連打)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 セージ・ノースカット vs. スペインの旗 エンリケ・マリン×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第5試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 TJ・ディラショー vs. ブラジルの旗 ハファエル・アスンソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 77.6kg契約 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケルヴィン・ガステラム vs. アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ヘンドリックス ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
※ヘンドリックスの体重超過によりウェルター級から変更。
第7試合 女子バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジュリアナ・ペーニャ vs. アメリカ合衆国の旗 キャット・ジンガノ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

メインカード[編集]

第8試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケイン・ヴェラスケス vs. アメリカ合衆国の旗 トラヴィス・ブラウン ×
1R 4:57 TKO(パウンド)
第9試合 UFC世界フェザー級暫定王座決定戦 5分5R
ブラジルの旗 ジョゼ・アルド vs. アメリカ合衆国の旗 フランク・エドガー ×
5R終了 判定3-0(49-46、49-46、48-47)
※アルドが王座獲得に成功。
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダニエル・コーミエ vs. ブラジルの旗 アンデウソン・シウバ ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-26)
第11試合 ヘビー級 5分3R
カナダの旗 ブロック・レスナー vs. ニュージーランドの旗 マーク・ハント
3R終了 判定3-0(29-27、29-27、29-27)
※レスナーの薬物検査失格によりノーコンテスト。
第11試合 UFC世界女子バンタム級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 アマンダ・ヌネス vs. アメリカ合衆国の旗 ミーシャ・テイト ×
1R 3:16 リアネイキッドチョーク
※ヌネスが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトアマンダ・ヌネスケイン・ヴェラスケスジョー・ローゾンゲガール・ムサシ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]