UFC 206

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 206: Holloway vs. Pettis
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2016年12月10日
開催地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州トロント
会場 エア・カナダ・センター
試合数 全12試合
放送局 PPV
Fox Sports 1
UFCファイトパス
日本の放送局 DAZN
FOXスポーツ&エンターテイメント
ニコニコ生放送
入場者数 18,057人[1]
入場収益 184万3,101[1]
PPV購入数 15万件
イベント時系列
UFC Fight Night: Lewis vs. Abdurakhimov UFC 206: Holloway vs. Pettis UFC on Fox 22: VanZant vs. Waterson

UFC 206: Holloway vs. Pettis(ユーエフシー・ツーオーシックス:ホロウェイ・バーサス・ペティス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2016年12月10日カナダオンタリオ州トロントエア・カナダ・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではマックス・ホロウェイアンソニー・ペティスによるUFC世界フェザー級暫定王座決定戦が組まれた。

キャリア11戦全勝のビビアン・ペレイラがUFCデビュー。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フライ級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・オーティス vs. アメリカ合衆国の旗 ザック・マコウスキー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第2試合 71.6kg契約 5分3R
ロシアの旗 ルスタム・ハビロフ vs. カナダの旗 ジェイソン・サッゴ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
※ハビロフの体重超過によりライト級から変更。
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ランド・バンナータ vs. カナダの旗 ジョン・マクデッシ ×
1R 1:40 KO(右ホイールキック)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マシュー・ロペス vs. カナダの旗 ミッチ・ガニョン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-27)
第5試合 女子53.3kg契約 5分3R
ブラジルの旗 ビビアン・ペレイラ vs. カナダの旗 ヴァレリー・レターノー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
※レターノーの体重超過により女子ストロー級から変更。
第6試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 オリビエ・オーバン=メルシエ vs. アメリカ合衆国の旗 ドリュー・ドーバー ×
2R 2:57 リアネイキッドチョーク
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
ラトビアの旗 ミシャ・サークノフ vs. ウクライナの旗 ニキータ・クリーロフ ×
1R 4:38 ギロチンチョーク

メインカード[編集]

第8試合 ウェルター級 5分3R
ノルウェーの旗 エミル・ミーク vs. カナダの旗 ジョーダン・メイン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第9試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケルヴィン・ガステラム vs. アメリカ合衆国の旗 ティム・ケネディ ×
3R 2:45 TKO(左フック→パウンド)
第10試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カブ・スワンソン vs. 大韓民国の旗 チェ・ドゥホ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第11試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・セラーニ vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ブラウン ×
3R 0:34 KO(左ハイキック)
第12試合 UFC世界フェザー級暫定王座決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 マックス・ホロウェイ vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ペティス ×
3R 4:50 TKO(スタンドパンチ連打)
※ホロウェイが王座獲得に成功。
※ペティスの体重超過によりフェザー級から変更。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトカブ・スワンソン vs. チェ・ドゥホ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトマックス・ホロウェイランド・バンナータ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]