UFC 22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
UFC 22: There Can Be Only One Champion
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 SEG
開催年月日 1999年9月24日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州レイクチャールズ
会場 レイクチャールズ市民センター
試合数 全7試合
イベント時系列
UFC 21: Return of the Champions UFC 22: There Can Be Only One Champion UFC 23: Ultimate Japan 2

UFC 22: There Can Be Only One Champion(ユーエフシー・トゥエンティツー:ゼア・キャン・ビー・オンリーワン・チャンピオン)[1]は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。1999年9月24日ルイジアナ州レイクチャールズのレイクチャールズ市民センターで開催された。

本大会からUFC 29までの8大会は、運営元のSEG社の財政状況の悪化により、VHS・DVD等の販売用に映像化されなかった。

大会概要[編集]

メインイベントの世界ミドル級タイトルマッチでは、王者フランク・シャムロックが挑戦者ティト・オーティズを降し、4度目となるUFC世界ミドル級王座の防衛に成功した。試合後、シャムロックはUFCからの撤退を表明し、王座を返上した。なお、本大会よりマット・ヒューズジェンス・パルヴァーがUFC初参戦。

試合結果[編集]

第1試合 ライト級予備戦 5分2R
アメリカ合衆国の旗 ジェンス・パルヴァー vs. アメリカ合衆国の旗 アルフィ・アルカレズ △
2R終了 判定1-0
第2試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ルイス vs. アメリカ合衆国の旗 ローウェル・アンダーソン ×
3R 0:13 TKO(タオル投入)
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ vs. ブルガリアの旗 ヴァレリ・イグナトフ ×
3R終了 判定3-0
第4試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル vs. アメリカ合衆国の旗 ポール・ジョーンズ ×
1R 3:53 TKO(レフェリーストップ:カット)
第5試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブラッド・コーラー vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ジャドソン ×
1R 0:30 KO(右フック)
第6試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・ホーン vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ゴドシー ×
1R 2:08 腕ひしぎ十字固め
第7試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティム・レイシック vs. アメリカ合衆国の旗 ロン・ウォーターマン
3R終了 判定0-0
第8試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 フランク・シャムロック vs. アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ ×
4R 4:42 ギブアップ(グラウンドパンチ
※シャムロックが王座の4度目の防衛に成功。

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイトの記述に基づく。大会の広告には「Only One Can Be Champion」と記載されていた。

関連項目[編集]