UFC 229

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UFC 229: Khabib vs. McGregor
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2018年10月6日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 T-モバイル・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 PPV
Fox Sports 1
日本の放送局 WOWOWメンバーズオンデマンド
FOXスポーツ&エンターテイメント
入場者数 20,034人[1]
入場収益 1720万ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Santos vs. Anders UFC 229: Khabib vs. McGregor UFC Fight Night: Volkan vs. Smith

UFC 229: Khabib vs. McGregor(ユーエフシー・ツートゥエンティナイン:ハビブ・バーサス・マクレガー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2018年10月6日ネバダ州ラスベガスT-モバイル・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会では、王者ハビブ・ヌルマゴメドフと挑戦者コナー・マクレガーによるUFC世界ライト級タイトルマッチが組まれた。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トニー・マーティン vs. アメリカ合衆国の旗 ライアン・ラフレア ×
3R 1:00 KO(右ハイキック→パウンド)
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・レンツ vs. アメリカ合衆国の旗 グレイ・メイナード ×
2R 1:19 TKO(右ハイキック→パウンド)
第3試合 女子バンタム級 5分3R
ロシアの旗 ヤナ・クニツカヤ vs. スウェーデンの旗 リナ・ランズバーグ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 スコット・ホルツマン vs. ブラジルの旗 アラン・パトリック ×
3R 3:42 KO(グランドの肘打ち)
第5試合 女子バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アスペン・ラッド vs. アメリカ合衆国の旗 トーニャ・エヴァンジャー ×
1R 3:26 TKO(パウンド)
第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ビセンテ・ルーケ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイリン・ターナー ×
1R 3:52 KO(パウンド)
第7試合 フライ級 5分3R
ブラジルの旗 ジュシー・フォルミーガ vs. アメリカ合衆国の旗 セルジオ・ペティス ×
3R終了 判定3-0(30-26、29-28、29-28)

メインカード[編集]

第8試合 女子ストロー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ミシェル・ウォーターソン vs. アメリカ合衆国の旗 フェリス・ヘリッグ ×
3R終了 判定3-0(30-26、29-28、30-27)
第9試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デリック・ルイス vs. ロシアの旗 アレキサンダー・ヴォルコフ ×
3R 4:49 KO(右ストレート→パウンド)
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドミニク・レイエス vs. アメリカ合衆国の旗 オヴィンス・サンプルー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トニー・ファーガソン vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ペティス ×
2R 5:00 TKO(コーナーストップ)
第12試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
ロシアの旗 ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. アイルランドの旗 コナー・マクレガー ×
4R 3:03 リアネイキドチョーク
※ヌルマゴメドフが初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトトニー・ファーガソン vs. アンソニー・ペティス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトデリック・ルイスアスペン・ラッド
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]