UFC 28

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 28: High Stakes
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 SEG
開催年月日 2000年11月17日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州アトランティックシティ
会場 トランプ・タージマハル・カジノ
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全7試合
イベント時系列
UFC 27: Ultimate Bad Boyz UFC 28: High Stakes UFC 29: Defense of the Belts

UFC 28: High Stakes(ユーエフシー・トゥエンティエイト:ハイ・ステイクス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2000年11月17日ニュージャージー州アトランティックシティのトランプ・タージマハル・カジノで開催された。

本大会は、興行主であるSEG社がアメリカ合衆国で開催した最後の大会である。

大会概要[編集]

新階級が設置されて初のバンタム級マッチ、およびスーパーヘビー級マッチが組まれた。

なお、本大会よりジョシュ・バーネットアンドレイ・アルロフスキーレナート・ババルガン・マッギーの4名がUFC初参戦となった。

メインイベントのヘビー級タイトルマッチでは、ランディ・クートゥアが王者ケビン・ランデルマンを降し、自身通算2度目となるヘビー級王座を戴冠。

第5試合はスーパーヘビー級が設置されてからUFC 31で同階級が凍結されるまで、唯一のスーパーヘビー級戦となった。

ルール改正[編集]

次の新たなルールを付加することで、ニュージャージースポーツ管理委員会が本大会を認可した。

ダウンした相手の頭部への蹴りおよび膝蹴りの禁止、脊椎と首への肘打ちの禁止が導入され、シューズや道着などの着用が不可となり、また出場のための医学的な必要条件が厳格化され、出場選手への健康状態の厳しいチェックも行われるようになった。加えて、本大会より新階級であるバンタム級(155ポンド未満、後のライト級)とスーパーヘビー級(265ポンド以上、後に廃止)が設置された。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分2R
アメリカ合衆国の旗 ベン・イヤーウッド vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・ライトル ×
2R終了 判定3-0
第2試合 ミドル級 5分2R
アメリカ合衆国の旗 マーク・ヒューズ vs. アメリカ合衆国の旗 アレックス・スティーブリング ×
2R終了 判定3-0

メインカード[編集]

第3試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェンス・パルヴァー vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・ルイス ×
1R 0:15 KO(左フック)
第4試合 ヘビー級 5分3R
ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー vs. アメリカ合衆国の旗 アーロン・ブリンク ×
1R 0:55 腕ひしぎ十字固め
第5試合 スーパーヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット vs. アメリカ合衆国の旗 ガン・マッギー ×
2R 4:34 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第6試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 レナート・ババル vs. アメリカ合衆国の旗 モーリス・スミス ×
3R終了 判定2-0
第7試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア vs. アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン ×
3R 4:13 TKO(レフェリーストップ:パウンド
※クートゥアが王座獲得に成功。

関連項目[編集]