UFC 39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 39: The Warriors Return
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2002年9月27日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネチカット州アンキャスビル
会場 モヒガン・サン・アリーナ
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 7,800人
PPV購入数 45,000件[1]
イベント時系列
UFC 38: Brawl at the Hall UFC 39: The Warriors Return UFC 40: Vendetta

UFC 39: The Warriors Return(ユーエフシー・サーティナイン:ザ・ウォリアーズ・リターン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2002年9月27日コネチカット州アンキャスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントのUFC世界ヘビー級王座決定戦では10連勝中のKOTCヘビー級スーパーファイト王者リコ・ロドリゲスが、元UFC世界ヘビー級王者ランディ・クートゥアを降し、王座獲得に成功した。

ジェンス・パルヴァーの王座返上によりUFC世界ライト級王座決定トーナメント1回戦が行われ、BJ・ペン宇野薫が決勝進出を決めた。

プロデビュー以来12戦無敗であったベンジー・ラダックは、同じく18戦無敗のショーン・シャークにTKO負けでキャリア初黒星を喫した。

キャリア13戦全勝のティム・シルビアがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ショーン・シャーク vs. アメリカ合衆国の旗 ベンジー・ラダック ×
1R 4:16 TKO(ドクターストップ:カット)
第2試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・リンドランド vs. カナダの旗 アイヴァン・サラベリー ×
3R終了 判定3-0(30-28、29-28、29-28)

メインカード[編集]

第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィル・バローニ vs. アメリカ合衆国の旗 デイブ・メネー ×
1R 0:18 KO(スタンドパンチ連打)
第4試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ガン・マッギー vs. ブラジルの旗 ペドロ・ヒーゾ ×
1R終了時 TKO(タオル投入:カット)
第5試合 ライト級王座決定トーナメント 1回戦 5分3R
日本の旗 宇野薫 vs. アメリカ合衆国の旗 ディン・トーマス ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-27、29-27)
※宇野がトーナメント決勝進出。
第6試合 ライト級王座決定トーナメント 1回戦 5分3R
アメリカ合衆国の旗 BJ・ペン vs. アメリカ合衆国の旗 マット・セラ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
※ペンがトーナメント決勝進出。
第7試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティム・シルビア vs. アメリカ合衆国の旗 ウェズリー・コレイラ ×
2R 1:43 TKO(タオル投入:スタンドパンチ連打)
第8試合 UFC世界ヘビー級王座決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 リコ・ロドリゲス vs. アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア ×
5R 3:04 ギブアップ(グラウンドの肘打ち)
※ロドリゲスが王座獲得に成功。

脚注[編集]

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]