UFC 57

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 57: Liddell vs. Couture 3
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2006年2月4日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全9試合
入場者数 11,000人(実売10,301人)[1]
入場収益 3,382,400USドル[1]
PPV購入数 400,000件[2]
イベント時系列
Ultimate Fight Night 3 UFC 57: Liddell vs. Couture 3 UFC 58: USA vs. Canada

UFC 57: Liddell vs. Couture 3(ユーエフシー・フィフティセブン:リデル・ヴァーサス・クートゥア・スリー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2006年2月4日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

サブタイトル「Liddell vs. Couture 3」の通り、UFC 43UFC 52に続く3度目の対決となったチャック・リデルランディ・クートゥアによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

2005年のリアリティ番組「The Ultimate Fighter」第1シーズンでコーチを務め、今大会でラバーマッチとなったチャック・リデルランディ・クートゥアによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチでは、リデルがクートゥアを右フックでKOし、ライトヘビー級王座防衛に成功。敗れたクートゥアは現役引退を宣言し、オクタゴンを去った。

キャリア5戦全勝のギルバート・アルダナがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 キース・ジャーディン vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・ホワイトヘッド ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第2試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・モンソン vs. アメリカ合衆国の旗 ブランドン・リー・ヒンクル ×
1R 4:35 ノースサウスチョーク
第3試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ポール・ブエンテロ vs. アメリカ合衆国の旗 ギルバート・アルダナ ×
2R 2:27 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第4試合 ライトヘビー級 5分3R
イタリアの旗 アレッシオ・サカラ vs. オーストラリアの旗 エルヴィス・シノシック ×
3R終了 判定3-0(29-25、29-26、29-26)

メインカード[編集]

第5試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・リッグス vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・ディアス ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)
第6試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 レナート・ババル vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・ヴァン・アースデイル ×
1R 2:21 チョークスリーパー
第7試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 マーシオ・"ペジパーノ"・クルーズ vs. アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア ×
1R 4:10 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブランドン・ヴェラ vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・エイラーズ ×
1R 1:25 KO(膝蹴り)
第9試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル vs. アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア ×
2R 1:28 KO(右フック)
※リデルが王座の2度目の防衛に成功。

脚注[編集]

  1. ^ a b NEVADA'S TOP MMA GATES ネバダ州アスレチック・コミッション公式サイト 2008年5月13日閲覧
  2. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]