UFC 76

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
UFC 76: Knockout
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2007年9月22日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州アナハイム
会場 ホンダセンター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全9試合
入場者数 13,770人
入場収益 1,985,000USドル
PPV購入数 475,000件[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Thomas vs. Florian UFC 76: Knockout UFC 77: Hostile Territory

UFC 76: Knockout(ユーエフシー・セブンティシックス:ノックアウト)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2007年9月22日カリフォルニア州アナハイムホンダセンターで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントではチャック・リデルが復帰戦でキース・ジャーディンに敗れた。また、PRIDEミドル級の強豪マウリシオ・ショーグン並びに中村和裕がUFCに初参戦したが、いずれも初戦は黒星スタートとなった。

プロデビュー以来12連勝中であったチアゴ・タバレスは、タイソン・グリフィンに0-3の判定負けでキャリア初黒星を喫した。

予定されていたウィウソン・ゴヴェイアジェイソン・ランバートのライトヘビー級ワンマッチは、ゴヴェイアの負傷により中止となった。

なお、大会サブタイトルは「ノックアウト」であるが、KO決着となった試合はなかった。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ワイマン vs. 日本の旗 小見川道大 ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
第2試合 ヘビー級 5分3R
ハンガリーの旗 クリスチャン・ウェリッシュ vs. アメリカ合衆国の旗 スコット・ジャンク ×
1R 3:19 ヒールホールド
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・スティーブンス vs. ブラジルの旗 ディエゴ・サライバ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第4試合 キャッチウェイトバウト(177ポンド) 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リッチ・クレメンティ vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ジョンソン ×
2R 3:05 チョークスリーパー
※ジョンソンの体重超過によりウェルター級から変更。

メインカード[編集]

第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 タイソン・グリフィン vs. ブラジルの旗 チアゴ・タバレス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第6試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 リョート・マチダ vs. 日本の旗 中村和裕 ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第7試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・フィッチ vs. アメリカ合衆国の旗 ディエゴ・サンチェス ×
3R終了 判定2-1(30-27、29-28、28-29)
第8試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フォレスト・グリフィン vs. ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン ×
3R 4:45 チョークスリーパー
第9試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 キース・ジャーディン vs. アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル ×
3R終了 判定2-1(29-28、29-28、28-29)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: タイソン・グリフィン vs. チアゴ・タバレス
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: フォレスト・グリフィン
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された。

脚注[編集]

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]