UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mir

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mir
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年2月22日
開催地 ブラジルの旗 ブラジル
リオグランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ
会場 ジナーシオ・ジガンチーニョ
試合数 全11試合
放送局 FOXスポーツ1
入場者数 5,080人
イベント時系列
UFC Fight Night: Henderson vs. Thatch UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mir UFC 184: Rousey vs. Zingano

UFC Fight Night: Bigfoot vs. Mir(ユーエフシー・ファイトナイト:ビッグフット・バーサス・ミア、別名UFC Fight Night 61)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2015年2月22日ブラジルリオグランデ・ド・スル州ポルト・アレグレのジナーシオ・ジガンチーニョで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではアントニオ・シウバフランク・ミアによるヘビー級ワンマッチが組まれた[1]

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 イヴァン・ジョルジ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ショックリー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

プレリミナリーカード[編集]

第2試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ドゥグラス・シウバ・ジ・アンドラージ vs. アメリカ合衆国の旗 コーディ・ギブソン ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)
第3試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・デ・ラ・トーレ vs. ブラジルの旗 チアゴ・トラトール ×
1R 2:59 KO(左フック→パウンド)
第4試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 マット・ドワイヤー vs. ブラジルの旗 ウィリアム・マカリオ ×
1R 3:14 KO(右スーパーマンパンチ)
第5試合 女子バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マリオン・レノー vs. ブラジルの旗 ジェシカ・アンドラージ ×
1R 1:54 三角絞め

メインカード[編集]

第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アルゼンチンの旗 サンチアゴ・ポンジニッビオ vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・ストリックランド ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第7試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランキー・サエンズ vs. ブラジルの旗 ユーリ・アルカンタラ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第8試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 アドリアーノ・マルチンス vs. ロシアの旗 ルスタム・ハビロフ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第9試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 サム・アルビー vs. ブラジルの旗 セザール・フェレイラ ×
1R 3:34 KO(左フック→パウンド)
第10試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイケル・ジョンソン vs. ブラジルの旗 エジソン・バルボーザ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第11試合 ヘビー級ワンマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア vs. ブラジルの旗 アントニオ・シウバ ×
1R 1:40 KO(グラウンドの肘打ち)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトフランク・ミア、サム・アルビー、マリオン・レノー、マット・ドワイヤー
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • TJ・ウォルドバーガー vs. ヴェンデル・オリヴェイラ → ウォルドバーガーの体調不良により中止

脚注[編集]

関連項目[編集]