UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfoot

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfoot
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2013年12月7日
開催地 オーストラリアの旗 オーストラリア
クイーンズランド州ブリスベン
会場 ブリスベン・エンターテイメント・センター
試合数 全11試合
放送局 FOXスポーツ1
FOX bs238
入場者数 11,393人
入場収益 178万5,000ドル[1]
イベント時系列
The Ultimate Fighter 18 Finale UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfoot UFC on FOX 9: Johnson vs. Benavidez 2

UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfoot(ユーユーエフシー・ファイトナイト:ハント・バーサス・ビッグフット、別名UFC Fight Night 33)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2013年12月7日オーストラリアクイーンズランド州ブリスベンのブリスベン・エンターテイメント・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではマーク・ハントアントニオ・シウバによるヘビー級ワンマッチが組まれた[2]

キャリア13戦全勝のクリストフ・ヨトゥコ、ブルーノ・サントス、8戦無敗のベン・ウォール、7戦全勝のジャスティン・スコッギンズ、6戦全勝のベッチ・コヘイアがUFCデビュー。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
ドミニカ共和国の旗 アレックス・ガルシア vs. オーストラリアの旗 ベン・ウォール ×
1R 0:43 KO(スタンドパンチ連打)

プレリミナリーカード[編集]

第2試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ポーランドの旗 クリストフ・ヨトゥコ vs. ブラジルの旗 ブルーノ・サントス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第3試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・スコッギンズ vs. オーストラリアの旗 リチー・ヴァキュリク ×
1R 4:43 TKO(パウンド)
第4試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 カイオ・マガリャエス vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・リング ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第5試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 水垣偉弥 vs. アメリカ合衆国の旗 ナム・ファン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-28)

メインカード[編集]

第6試合 女子バンタム級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ベッチ・コヘイア vs. アメリカ合衆国の旗 ジュリー・ケッジー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第7試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリント・ヘスター vs. ニュージーランドの旗 ディラン・アンドリュース ×
2R終了時 TKO(ドクターストップ)
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 ソア・パラレイ vs. アメリカ合衆国の旗 パット・バリー ×
1R 2:09 KO(マウントパンチ)
第9試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ベイダー vs. オーストラリアの旗 アンソニー・ペロシュ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
第10試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン vs. ニュージーランドの旗 ジェームス・テフナ ×
1R 1:03 KO(左フック)
第11試合 ヘビー級ワンマッチ 5分5R
ニュージーランドの旗 マーク・ハント vs. ブラジルの旗 アントニオ・シウバ
5R終了 判定1-0(48-47、47-47、47-47)
※シウバの薬物検査失格によりハントはドロー、シウバはノーコンテスト[3]

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトマーク・ハント vs. アントニオ・シウバ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトマウリシオ・ショーグン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]