UFC Fight Night: Rockhold vs. Bisping

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
UFC Fight Night: Rockhold vs. Bisping
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2014年11月8日
開催地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州シドニー
会場 オールフォンズ・アリーナ
試合数 全11試合
放送局 UFCファイトパス
入場者数 9,904人
入場収益 150万ドル[1]
イベント時系列
UFC 179: Aldo vs. Mendes 2 UFC Fight Night: Rockhold vs. Bisping UFC Fight Night: Shogun vs. St. Preux

UFC Fight Night: Rockhold vs. Bisping(ユーユーエフシー・ファイトナイト:ロックホールド・バーサス・ビスピン、別名UFC Fight Night 55)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2014年11月8日オーストラリアニューサウスウェールズ州シドニーオールフォンズ・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではルーク・ロックホールドマイケル・ビスピンによるミドル級ワンマッチが組まれた[2]

キャリア7戦全勝のダニエル・ケリーがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • パトリック・ウィリアムズ → マーカス・ブリメージ(第1試合)
  • ダニエル・オミェランチェク → ウォルト・ハリス(第8試合)
  • リチー・ヴァキュリク vs. レイ・ボーグ → ボーグの負傷により中止
  • マーク・エディーヴァ vs. マイク・デ・ラ・トアー → 両者の負傷により中止

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーカス・ブリメージ vs. 中華人民共和国の旗 ジュマビエク・トゥアスン ×
1R 2:58 KO(左ハイキック)
第2試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 ダニエル・ケリー vs. アメリカ合衆国の旗 ルーク・ザフリッチ ×
1R 4:27 キムラロック
第3試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 クリス・クレメンツ vs. オーストラリアの旗 ヴィク・グルジック ×
1R 4:06 TKO(スタンドパンチ連打)
第4試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ルイス・スモルカ vs. オーストラリアの旗 リチー・ヴァキュリク ×
3R 0:18 KO(左サイドキック→パウンド)
第5試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 サム・アルビー vs. ニュージーランドの旗 ディラン・アンドリュース ×
1R 2:16 KO(マウントパンチ)
第6試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 アンソニー・ペロシュ vs. ブラジルの旗 グトー・イノセンチ ×
1R 3:46 リアネイキドチョーク
第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 ジェイク・マシューズ vs. ブラジルの旗 ヴァグネル・ホシャ ×
2R 1:52 TKO(リアネイキドチョーク

メインカード[編集]

第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 ソア・パラレイ vs. アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ハリス ×
2R 4:49 TKO(パウンド)
第9試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ニュージーランドの旗 ロバート・ウィテカー vs. アメリカ合衆国の旗 クリント・ヘスター ×
2R 2:43 TKO(膝蹴り→パウンド)
第10試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アル・アイアキンタ vs. イングランドの旗 ロス・ピアソン ×
2R 1:39 TKO(スタンドパンチ連打)
第11試合 ミドル級ワンマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ルーク・ロックホールド vs. イングランドの旗 マイケル・ビスピン ×
2R 0:57 ギロチンチョーク

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトロバート・ウィテカー vs. クリント・ヘスター
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトルーク・ロックホールドルイス・スモルカ
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]