UFC Fight Night: Saffiedine vs. Lim

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC Fight Night: Saffiedine vs. Lim
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2014年1月4日
開催地 シンガポールの旗 シンガポール
マリーナベイ
会場 マリーナベイ・サンズ
試合数 全10試合
放送局 UFCファイトパス
ニコニコ生放送
入場者数 5,216人
イベント時系列
UFC 168: Weidman vs. Silva 2 UFC Fight Night: Saffiedine vs. Lim UFC Fight Night: Rockhold vs. Philippou

UFC Fight Night: Saffiedine vs. Lim(ユーエフシー・ファイトナイト:サフィジーヌ・バーサス・イム、別名UFC Fight Night 34)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2014年1月4日シンガポール・マリーナベイのマリーナベイ・サンズで開催された。

大会概要[編集]

UFC初のシンガポール大会となった本大会では、日本から4選手が出場した。

Strikeforce世界ウェルター級王者タレック・サフィジーヌHEATウェルター級王者国本起一、元修斗世界ウェルター級王者川尻達也、元DEEPライト級王者菊野克紀バン・テヒョン、キャリア8戦全勝のショーン・ソリアーノ、5戦全勝のデイブ・ギャレラがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ラッセル・ドーン vs. ブラジルの旗 レアンドロ・イッサ ×
2R 4:59 TKO(三角絞め
第2試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・キムラ vs. グアムの旗 ジョン・デロス・レイエス ×
1R 2:13 腕ひしぎ十字固め
第3試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ロシアの旗 マイルベク・タイスモフ vs. 大韓民国の旗 バン・テヒョン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第4試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
シンガポールの旗 ロイストン・ウィー vs. フィリピンの旗 デイブ・ギャレラ ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-26)
第5試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 菊野克紀 vs. アメリカ合衆国の旗 クイン・マルハーン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マックス・ホロウェイ vs. アメリカ合衆国の旗 ウィル・チョープ ×
2R 2:27 TKO(スタンドパンチ連打)

メインカード[編集]

第7試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
大韓民国の旗 カン・ギョンホ vs. 日本の旗 清水俊一 ×
3R 3:53 肩固め
第8試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 国本起一 vs. ブラジルの旗 ルイス・ドゥトラ ×
1R 2:57 失格(後頭部への肘打ち)
第9試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 川尻達也 vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・ソリアーノ ×
2R 0:50 リアネイキドチョーク
第10試合 ウェルター級ワンマッチ 5分5R
ベルギーの旗 タレック・サフィジーヌ vs. 大韓民国の旗 イム・ヒョンギュ ×
5R終了 判定3-0(49-46、48-47、48-47)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトタレック・サフィジーヌ vs. イム・ヒョンギュ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトマックス・ホロウェイ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ラッセル・ドーン
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]