UFC on FOX 16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
UFC on FOX 16: Dillashaw vs. Barao 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年7月25日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シカゴ
会場 ユナイテッド・センター
試合数 全12試合
放送局 FOX
WOWOW
入場者数 11,663人
入場収益 120万ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Bisping vs. Leites UFC on FOX 16: Dillashaw vs. Barao 2 UFC 190: Rousey vs. Correia

UFC on FOX 16: Dillashaw vs. Barao 2(ユーエフシー・オン・フォックス・シックスティーン:ディラショー・バーサス・バラオン・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2015年7月25日イリノイ州シカゴユナイテッド・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではTJ・ディラショーヘナン・バラオンによるUFC世界バンタム級タイトルマッチが組まれた[2]

キャリア10戦全勝のアンドリュー・ホルブルックがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ザック・カミングス vs. アメリカ合衆国の旗 ドミニク・スティール ×
1R 0:43 TKO(スタンドパンチ連打)
第2試合 女子バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エリザベス・フィリップス vs. アメリカ合衆国の旗 ジェサミン・デューク ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第3試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンドリュー・ホルブルック vs. アメリカ合衆国の旗 ラムジー・ニジェム ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第4試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェームス・クラウス vs. アメリカ合衆国の旗 ダロン・クルックシャンク ×
1R 1:27 リアネイキドチョーク

プレリミナリーカード[編集]

第5試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・キャラウェイ vs. アメリカ合衆国の旗 エディ・ワインランド ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ベン・ソーンダース vs. アメリカ合衆国の旗 ケニー・ロバートソン ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー vs. アメリカ合衆国の旗 ダニー・カスティーリョ ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、30-27)
第8試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トム・ローラー vs. アメリカ合衆国の旗 ジャン・ヴィランテ ×
2R 0:27 TKO(右ストレート)

メインカード[編集]

第9試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・ローゾン vs. 日本の旗 五味隆典 ×
1R 2:37 TKO(パウンド)
第10試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 エジソン・バルボーザ vs. アメリカ合衆国の旗 ポール・フェルダー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第11試合 女子バンタム級王座挑戦者決定戦 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ミーシャ・テイト vs. アメリカ合衆国の旗 ジェシカ・アイ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
※テイトが挑戦権獲得に成功。
第12試合 UFC世界バンタム級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 TJ・ディラショー vs. ブラジルの旗 ヘナン・バラオン ×
4R 0:35 TKO(スタンドパンチ連打)
※ディラショーが2度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトエジソン・バルボーザ vs. ポール・フェルダー
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトTJ・ディラショートム・ローラー
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]