UMG ABS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
UMG ABS株式会社
UMG ABS,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-6591
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー
設立 2002年4月1日
業種 化学
法人番号 5010001078030
事業内容 ABS樹脂事業
代表者 取締役社長 井伊康明
資本金 30億円
売上高 550億円(2008年3月期)
従業員数 520名
主要株主 宇部興産(50.0%)
三菱ケミカル(50.0%)
外部リンク http://www.umgabs.co.jp/
テンプレートを表示
UMG ABS本社が入居する聖路加タワー(写真手前)

UMG ABS株式会社(ユーエムジー・エービーエス、UMG ABS,LTD.)は、三菱ケミカル宇部興産ABS樹脂事業における折半出資会社で、2018年4月に テクノポリマー株式会社(JSR完全子会社)と事業統合し、 テクノUMG株式会社として事業を継続することになった。主にABS樹脂の生産、販売を行なっている。

概要[編集]

宇部サイコン株式会社(1963年設立、統合直前時点で宇部興産ゼネラル・エレクトリック (GE) の合弁企業)と、三菱レイヨンのABS樹脂事業部の統合により、2002年4月1日に設立。2005年日立化成工業よりASA樹脂事業の譲渡を受けている。2017年現在では宇部興産三菱ケミカルが出資する合弁会社である[1]

日本国内におけるABS樹脂の大手メーカーであり、日本国内向け出荷量では首位。[要出典]

事業内容
ABS樹脂事業(ABS、ASA、SAN、AESの各ポリマー及びこれらを使用するコンパウンド品、並びに他の樹脂とのアロイ製品にかかる事業)

事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1963年(昭和38年) - 宇部サイコン株式会社設立(宇部興産とボルグワーナー・ケミカルズとの合弁)
  • 1967年(昭和42年) - 三菱レイヨンが日東化学工業よりABS樹脂事業を継承
  • 1988年(昭和63年) - ゼネラル・エレクトリックがボーグ・ワーナー・ケミカルズを買収
  • 2002年(平成14年) - 宇部サイコンと三菱レイヨンABS樹脂事業部が統合し、UMG ABS株式会社が設立される。
  • 2005年(平成17年) - 日立化成工業からASA樹脂事業を譲渡される。

関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 会社概要 - UMG ABS 2017年7月9日閲覧