UQ mobile

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
UQ mobileのロゴ

UQ mobile(ユーキューモバイル)は、KDDIが提供しているau 4G LTEを利用した移動体通信事業であり、同社のメインブランドのauに対して、こちらはサブブランドである。ただし、沖縄県ではKDDIではなく、沖縄セルラー電話の事業となっている。

なお沖縄県を除く地域のUQ mobile事業は、2020年10月1日にKDDIへ移管された[1]。沖縄県での事業は沖縄セルラー電話へ移管された[2]

概要 [編集]

2010年代中盤に、それまでの日本では少数だったSIMロックフリースマートフォンが多数発売されるようになり、SIMフリースマートフォンとのセット販売(「いわゆる「格安スマホ」)を目論んで新規参入が相次いだMVNOへの大手キャリアからの顧客流出(特にNTTドコモ回線を利用したMVNOへの流出)を危惧していたKDDIが2014年8月に設立した子会社「KDDIバリューイネイブラー」で同年12月にサービス開始した仮想移動体通信事業者(MVNO)のブランドである[3]。なお、同じ2014年には、ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」も登場している。

その後、2015年10月にKDDIバリューイネイブラーがUQ WiMAXを展開するUQコミュニケーションズ吸収合併され展開されていたが[4]2020年10月にKDDIがUQコミュニケーションズからUQ mobile事業を継承し、同社が運営するMNOとなった[5]

最新ハイエンド端末を中心に販売し、大容量のデータ通信や長時間通話を行うユーザーを主なターゲットにしたメインブランドのauとは別に、「格安」を謳うMVNOに対抗するためのライトユーザー向けブランドとして、サービスやセット販売で提供する端末をミッドレンジ以下の機種に絞り、事業展開している。また、全体的に「Y!mobile」の料金プランよりも無料通話分を減らし、通信容量を増やしているのが特徴で、販売される端末は一部を除いてSIMロックフリーである。

サービス[編集]

UQ mobile SIMカード
UQ mobile SIMカード

VoLTE[編集]

VoLTEプランは、SIMロック解除済のau 4G LTEのVoLTEに対応の端末のみが使用可能である。WEBの閲覧やメールの送受信などのデータ通信と音声通話を同時に利用できる。au VoLTE対応機種同士、auの4G LTEエリア内で高音質通話を利用できる。2015年11月17日から、対応するSIMの取扱いを開始した[6]

ターボ機能・節約モード[編集]

ターボ機能をONにすると通常の速度で通信できる。ターボ機能がOFFの場合(節約モード)の最大受信速度は、

  • スマホプランS・M・L、くりこしプランS、おしゃべりプラン、ぴったりプラン - 300kbps
  • スマホプランR、くりこしプランM・L - 1Mbps
  • データ高速プラン - 200kbps
  • データ無制限プラン - 500kbps

となるが、データ容量を消費せず通信できる[7]。75KB以下のバースト転送に対応しているため、一回の転送当たり75KB以下の通信であれば速度制限なく利用できる。

ただし、3日間で6GB以上利用で翌日の昼頃〜翌々日の昼頃まで速度制限される[8]

自宅セット割[編集]

2021年6月に、「くりこしプラン」の契約者用割引である「でんきセット割」として開始[9]。UQでんき・auでんきいずれかの契約者本人及びその家族が申し込むことによって、条件を満たした翌月の請求分からくりこしプランSとMは580円、Lは780円(いずれも税別)割り引かれるもの。

2021年9月からは、「自宅セット割」と名称を変更し、割引対象範囲が拡大され「でんきコース」「インターネットコース」の2コースになった[10][11]。「でんきコース」は、従前のでんきセット割と同じ。「インターネットコース」は、auひかりやauホームルーター 5G、auスマートバリュー割引対象となる共通の提供先の契約者が該当する。対象プランは2021年9月から受付を開始したくりこしプラン+5Gのみ。なお、くりこしプランで旧「でんきセット割」適用者は2021年9月をもって自動的に「でんきコース」の適用となる。但し、両方のコースの重複は出来ない。

料金[編集]

UQ mobileの料金(税抜)

  • 初期費用 - SIMパッケージ料金3,000円。UQ mobile ウェルカムパッケージを使用時は無料。
  • 最低利用期間内の契約解除料 - 9,500円。ただし、2019年10月以降の契約プランには契約期間や最低利用期間を設けているものはない。
  • 音声通話 - 30秒20円
    • 通話オプション(くりこしプラン・スマホプラン向け)
      • かけ放題(24時間いつでも)- 月1,700円。「60歳以上通話割」「シニア割(2021年2月まで提供、契約後6ヶ月間は700円引き)」の場合、月700円。
      • かけ放題(10分/回) - 1回10分まで無料。月700円。
      • 通話パック(60分/月) - 月60分の通話分。月500円。
    • 通話の国際ローミングは可能。
    • 転送電話 - 無料
    • コールウェイティング - au VoLTE対応SIMは200円/月。古いLTEのSIMは無料。
    • 電話基本パック - 留守番電話迷惑電話撃退・三者通話のセットで380円/月。
    • 番号通知お願い - 無料
    • 通話明細サービス - 100円/月
  • SMS - 基本料金無料[12]
    • 国内SMS送信料 - 3円から/通(文字数に応じて料金が決まる)
    • 国際SMS送信料 - 100円から/通(免税。文字数に応じて料金が決まる)
    • 海外SMS送信料 - 100円/通(免税)
  • データ
    • 余ったデータ容量を翌月に繰り越し
    • データ容量超過後の通信速度:くりこしプランM・L、スマホプランRは1Mbps、それ以外は300Kbps
    • データチャージ
      • くりこしプランまで:100MBは200円、500MBは500円。有効期間は最終チャージから90日間。
      • くりこしプラン +5G:500MBは550円、1GBは1000円。有効期間は最終チャージから62日間。これとは別に、月500円で2GB(S)または5GB(M・L)がプラスされる「増量オプションII」がある。
    • テザリング - 無料
    • データ通信の国際ローミングは不可能。
  • その他
    • 端末補償サービス - 380円/月
    • メールサービス - 200円/月。60歳以上通話割・シニア割の場合は無料。
    • ウイルスバスター モバイル 月額版 - 290円/月・ライセンス
音声通話対応の料金プラン
(2021年2月1日から提供)
名称(2021年9月以降) 名称(2021年2月 - 8月) 料金月額 月額データ容量[13]
くりこしプランS +5G くりこしプランS 1480円 3GB
くりこしプランM +5G くりこしプランM 2480円 15GB
くりこしプランL +5G くりこしプランL 3480円 25GB
音声通話対応の料金プラン
(2020年6月1日から2021年1月31日まで提供)
名称 料金月額 月間データ容量
スマホプランS 1980円 3GB
スマホプランR 2980円 10GB
音声通話対応の料金プラン
(2019年10月から2020年5月31日まで提供)
名称 料金月額 月間データ容量
スマホプランS 1980円 3GB
スマホプランM 2980円 9GB
スマホプランL 3980円 14GB
音声通話対応の料金プラン
(2019年9月30日まで提供)
名称 料金月額 月間データ容量 通信速度最大 最低利用期間
データ高速+音声通話プラン 1680円 3GB 3GBまでは
受信225Mbps
送信25Mbps
超過時200kbps
12ヶ月
データ無制限+音声通話プラン 2680円 無制限 500kbps 12ヶ月
おしゃべりプランS
おしゃべりプランM
おしゃべりプランL
ぴったりプランS
ぴったりプランM
ぴったりプランL

VoLTEの場合はプラン名称の末尾に(v)が付く。

データ専用の料金プラン
(2021年3月31日まで提供)
名称 料金月額 月間データ容量 通信速度最大 最低利用期間
データ高速プラン 980円 3GB 3GBまでは
受信225Mbps
送信25Mbps
超過時200kbps
なし
データ無制限プラン 1980円 無制限 500kbps なし

VoLTEの場合はプラン名称の末尾に(v)が付く。

仮想移動体サービス提供者[編集]

仮想移動体サービス提供者としてau 4G LTEを仮想移動体通信事業者へ提供している。

関連項目[編集]

  • ツーカー - 2008年3月末にサービスを終了したKDDIの携帯電話のブランド。関東・甲信越や東海で日産自動車第二電電(現KDDI)の協業によるブランドだったが、KDDIグループ入り後に、同社のサブブランドとなった。2001年以降は、UQ mobileと同様のライトユーザー向けのサービス展開をしていたが、MVNOでなく独自周波数帯(J-PHONEやVodafone2Gと同じ周波数帯)の割り当てがされていたことや、ツーカーSのように「ないものづくし」の機種を出していた点がUQ mobileと異なる。
  • DDIポケット - 現在のY!mobileの前身の一つ。発足当初はDDI(現在のKDDIの前身)の傘下で低価格のPHS事業を行なっていた。

参照[編集]

  1. ^ 多様な価値提供に向けた「UQ mobile」の統合が完了 | 2020年 | ニュースリリース | KDDI株式会社
  2. ^ 【報道発表】多様な価値提供に向けた「UQ mobile沖縄」の吸収合併が完了 | ニュースリリース | 沖縄セルラー電話株式会社 - au
  3. ^ 新会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」の設立について KDDI株式会社 ニュースリリース、2014年8月29日
  4. ^ 合併に関するお知らせ UQコミュニケーションズ株式会社、KDDIバリューイネイブラー株式会社 ニュースリリース 2015年8月27日
  5. ^ 多様な価値提供に向けた「UQ mobile」の統合が完了 KDDI株式会社 ニュースリリース、2020年10月1日
  6. ^ “「UQ mobile」が、高音質通話VoLTEに対応に-高品質でクリアな音声通話が可能に-” (プレスリリース), UQコミュニケーションズ, (2015年11月16日), http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201511161.html 2015年11月16日閲覧。 
  7. ^ ターボ機能とは何ですか? | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ
  8. ^ 通信制限はありますか? | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ
  9. ^ UQ mobile、月額990円から使える「でんきセット割」を6月10日から提供開始 - KDDI・沖縄セルラー電話 2021年6月7日(2021年8月31日閲覧)
  10. ^ UQ mobile、月額990円から使える「自宅セット割」を提供開始 - KDDI・沖縄セルラー電話 2021年8月31日(2021年8月31日閲覧)
  11. ^ UQ mobile、月額990円~の「自宅セット割」 - ケータイWatch 2021年8月31日(2021年8月31日閲覧)
  12. ^ SMS(ショートメッセージサービス)|格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ
  13. ^ UQ mobile、ひとりでもおトクな「くりこしプラン」を提供(KDDI)