USエアー405便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USエアー 405便
F28laguardiacrash1992.jpg
フラッシング湾から引き揚げられた事故機 (N485US) の残骸
事故の概要
日付 1992年3月22日
概要 主翼への着氷に伴う揚力の不足、不適切な除氷作業と乗員間の連携不足[1]
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区ラガーディア空港そばのフラッシング湾
乗客数 47
乗員数 4
負傷者数
(死者除く)
21
死者数 27
生存者数 24
機種 フォッカー F28-4000
運用者 アメリカ合衆国の旗 USエアー
機体記号 N485US
出発地 アメリカ合衆国の旗 ラガーディア空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 クリーブランド・ホプキンス国際空港
テンプレートを表示

USエアー405便墜落事故(USエアー405びんついらくじこ)は、1992年3月22日ニューヨーク州ニューヨーク市ラガーディア空港)発オハイオ州クリーブランド行きの国内定期旅客便USエアー405便が悪天候の中、離陸直後にニューヨーク市クイーンズ区のフラッシング湾に墜落した航空事故である[2]

事故当日のUSエアー405便[編集]

事故機と同型のフォッカー F28(USエアー塗装)

概要[編集]

405便の飛行経路

1992年3月22日、現地時間午後10時頃(東部標準時UTC-5)、USエアー405便はラガーディア空港から離陸直後に海に墜落した。

乗客・乗員51名の中で、機長・客室乗務員1名を含む27名が死亡した。

事故原因[編集]

405便の座席表

事故の原因は主翼への着氷である。これにより十分な揚力を翼が発生できなくなったため、405便は海へ墜落した。この事故の3年前にカナダで同じ原因で同型機が墜落する事故(オンタリオ航空1363便墜落事故)が起きていたが、教訓は十分に活かされていなかった。

この事故を扱った作品[編集]

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク
  • ウィキポータル 航空
  • ウィキポータル 災害

脚注[編集]

  1. ^ 国家運輸安全委員会報告書 p.77
  2. ^ Accident description”. アビエーション・セーフティー・ネットワーク. 2016年9月21日閲覧。
  3. ^ FAA Registry”. 連邦航空局. 2016年9月21日閲覧。

参考文献[編集]

(PDF) Aircraft Accident Report, Takeoff Stall in Icing Conditions, USAir Flight 405, Fokker F-28, N485US, LaGuardia Airport, Flushing, New York, March 22, 1992. 国家運輸安全委員会. (1993年2月17日). http://libraryonline.erau.edu/online-full-text/ntsb/aircraft-accident-reports/AAR93-02.pdf. 
 この記事には国家運輸安全委員会が作成したアメリカ合衆国政府の著作物であるウェブサイトもしくは文書本文を含む。