USLチャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
USLチャンピオンシップ
USL Championship
加盟国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カナダの旗 カナダ
大陸連盟 CONCACAF
創立 2010年9月8日
カンファレンス イースタン・カンファレンス
ウェスタン・カンファレンス
参加クラブ 35
リーグレベル 第2部
国内大会 USオープンカップ
最新優勝クラブ レアル・モナークス (2019)
最多優勝クラブ オーランド・シティ
ルイビル・シティFC
(2回目)
最新シールドクラブ フェニックス・ライジングFC (2019)
最多MLS首位 オーランド・シティ (3回)
テレビ局 ESPN+
YouTube
公式サイト uslchampionship.com
2020

USLチャンピオンシップ(英語:USL Championship)は、アメリカ合衆国カナダによって構成されるプロサッカーリーグにおける2部リーグのことを指す名称である。略称はUSLC

概要[編集]

元々、アメリカのサッカーはメジャーリーグサッカー開幕前から「ユナイテッドサッカーリーグ」という2部リーグ組織(ただし現状はMLSとの直接的な入れ替えを取っていない)が存在したが、2010年にUSLの法人スポンサーであるナイキがその資本から撤退したことや、一部チームがリーグ戦運営に疑問を感じたことから、北米サッカーリーグ(NASL)として独立し新たな2部リーグとして運営しようとした。

しかし、アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)がNASL加盟クラブに対し、同連盟の承諾がない場合は正式なリーグ戦とはみなさないとして意見が対立。その後、2010年にUSSFが仲介して暫定的にNASLとUSLは統合し「USSF2部リーグ」として運営。2011年に正式に分離し、USLは「USLプロ」リーグという3部リーグ組織として生まれ変わった。

2013年より「USLプロ」リーグはMLSの下部リーグであった「MLSリザーブ・リーグ」 と実質的に合併し、「USLプロ」リーグがMLSの下部リーグとして実質的に位置付けられた。2015年に「USLプロ」リーグは元のユナイテッドサッカーリーグに改称。2017年にアメリカ合衆国サッカー連盟より暫定的2部リーグのステータスを得る[1]。同年、USLはUSLディビジョンIIIを創設し、アメリカ合衆国サッカー連盟より3部リーグのステータスを得る。

2018年にUSLはリーグ名をリブランディングし、USL最上位のリーグ(元の「USLプロ」リーグ)を「USLチャンピオンシップ(USL Championship)」、USLディビジョンIIIを「USLリーグ・ワン(USL League One)」、プレミア・デベロップメント・リーグ(Premier Development League)を「USLリーグ・トゥー(USL League Two)」と2019年シーズンより改称した。

試合方式[編集]

33チームを東西2ディビジョンに分けて、各ディビジョンでホーム・アンド・アウェー方式、さらに地域に関係なく試合を行い、全34試合の勝ち点で順位を決める。各ディビジョン上位8チームずつの計16チームが。決勝トーナメントプレーオフに進出する。

参加クラブ数の遍歴[編集]

シーズン クラブ数
2011 15→12
2012 11
2013 13
2014 14
2015 24
2016 29
2017 31
2018 33
2019 36
2020 35

所属クラブ (2018年)[編集]

脚注[編集]