Universe (Official髭男dismの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Universe
Official髭男dismシングル
初出アルバム『Editorial
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル IRORI Records
作詞・作曲 藤原聡
プロデュース Official髭男dism
チャート最高順位
Official髭男dism シングル 年表
I LOVE...
(2020年)
Universe
(2021年)
Editorial 収録曲
Laughter
(12)
Universe
(13)
Lost In My Room
(14)
ミュージックビデオ
「Universe」 - YouTube
テンプレートを表示
映像外部リンク
[BD/DVD Digest]Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 - Arena Travelers -

Universe」(ユニバース)は、2021年2月24日ポニーキャニオン内のIRORI Recordsからリリースされた、日本ピアノPOPバンドOfficial髭男dismの5作目のシングル。前作「I LOVE...」から約1年ぶりのシングルである。映画『ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』主題歌となっているほか、テレビアニメ『ドラえもん』2021年1月16日放送「テレビとりもち」挿入歌にも起用された[5][6]。メジャー1枚目のアルバム『Traveler』収録の「イエスタデイ」以来のアニメ映画主題歌となっている。

背景[編集]

2020年11月16日、映画『ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』主題歌に本楽曲が起用されることが発表された[7]。2021年正月には、本作のリリース日が2月24日に決定したことが発表され、また特設サイトもオープンした。発売に先駆けて、同日に楽曲のラジオでのオンエアが解禁されたほか、1月9日には先行配信リリースされた。[8]。また1月6日には、本楽曲のミュージックビデオのティザー映像が公開された。MVの監督はOfficial髭男dismの映像を数多く手がける新保拓人が担当しており、フルサイズのMVは楽曲の先行配信がスタートした1月9日の18:00にバンドのYouTube公式チャンネルでプレミア公開された[9]

リリース[編集]

本作は、CD Only盤、CD+DVD盤、CD+Blu-Ray盤の3形態で発売された。CD Only盤は紙ジャケットで包装されている[8]。CD+DVD/Blu-ray盤は、2020年9月26日に行われた配信ライブ「Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-」のフル映像に加え、ドキュメンタリー映像とメンバー4人によるオーディオコメンタリーが付属した。また、CDとDVD/Blu-rayはライブのフォトブックと一緒に特殊ケースに包装された。

なお、CD+DVD/Blu-Ray盤は、バンド公式サイトのディスコグラフィーにはシングルと映像作品と、別々のものと表記されている。

また、CD+DVD/Blu-Ray盤特典映像「Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-」のライブ音源が2021年8月18日、アルバム「Editorial」と同時に配信リリースされた。

音楽性と制作[編集]

本楽曲は、ブラックミュージックのテイストを用いることで音像の「温かみ」を演出している。またメンバーによると「温かみやオープンさはあるんだけど締まってる」ということを意識して音作りがなされている。またその際に、イメージする音を探してコンソール・ピアノを2台購入したという[10]。また本楽曲は、ブラスクワイアを効果的に用いたゴスペル・フィールのアレンジを特徴としている[11]

評価[編集]

  • 批評家/ライターのimdkmは、ローリング・ストーン・ジャパンのレビューにて、「ゴスペルの音楽的な意匠、フィールを、日本語で歌うポップミュージックに折衷(時に意表をつく接続)していく。あるジャンルの消化と昇華のかたちとして興味深い成果を残しているように思う。」とコメントした[11]

チャート成績[編集]

本楽曲は、2021年1月18日付(集計期間:2021年1月4日~1月10日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート「Download Songs」で8位 (11,014DL) に初登場し[12]、翌週の同チャートでは2つ順位を上げて最高位となる6位 (13,847DL) を記録した[13]。デジタル配信から約2か月後、フィジカルCDが発売されると、3月8日付(集計期間:2021年2月22日~2月28日)のビルボード・ジャパンにて初週売上37,301枚をマークし、CDセールスとルックアップのフィジカル2指標が牽引して「HOT 100」では前週40位から4位にジャンプアップした[14]

認定と売上[編集]

認定 (RIAJ) 売上/再生回数
フィジカルCD 未公表 52,000 枚[15]
ダウンロード 未公表 -
ストリーミング シルバー[16] 30,000,000* 回再生
*認定のみに基づく売上/再生回数

収録曲[編集]

CD
全作詞・作曲: 藤原聡、全編曲: Official髭男dism。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Universe」藤原聡藤原聡
2.「Universe -Instrumental-」藤原聡藤原聡
合計時間:
DVD/Blu-ray
Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「HELLO」  
2.「宿命」  
3.「ノーダウト」  
4.「パラボラ」  
5.「ビンテージ」  
6.「Rowan」  
7.「夏模様の猫」  
8.「イエスタデイ」  
9.「Laughter」  
10.「たかがアイラブユー」  
11.「115万キロのフィルム」  
12.「異端なスター」  
13.「旅は道連れ」  
14.「夕暮れ沿い」  
15.「FIRE GROUND」  
16.「Stand By You」  
17.「Pretender」  
18.「I LOVE...」  
19.「ラストソング」  
DVD/Blu-ray
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Behind The Scene from Official髭男dism ONLINE LIVE 2020 -Arena Travelers-」(BOUNUS)  

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 2021年3月26日閲覧。
  2. ^ Billboard Japan Top Singles Sales | Charts”. Billboard JAPAN. 2021年3月26日閲覧。
  3. ^ Download Songs”. Billboard Japan (2021年1月20日). 2021年6月12日閲覧。
  4. ^ Streaming Songs”. Billboard Japan (2021年1月20日). 2021年6月12日閲覧。
  5. ^ Official髭男dism:「ドラえもん」登場 しずかが大ファン? 「のび太の宇宙小戦争 2021」主題歌「Universe」も披露、MANTANWEB、2021年1月8日。
  6. ^ doraemonChannelのツイート(1350359636545855491)
  7. ^ Official髭男dismが新作ドラえもん映画の主題歌書き下ろし「少年時代の自分とまた出会えた」”. 音楽ナタリー (2020年11月16日). 2021年1月1日閲覧。
  8. ^ a b Official髭男dism、新作ドラえもん映画の主題歌をリリース”. 音楽ナタリー (2021年1月1日). 2021年1月1日閲覧。
  9. ^ Official髭男dism、映画「ドラえもん」主題歌MVのティザー公開”. 音楽ナタリー (2021年1月6日). 2021年6月12日閲覧。
  10. ^ Official髭男dism『Universe』音楽の普遍的なパワーとヒゲダン・チームならではの実験性が生み出した新たな代表曲”. Mikiki (2021年2月22日). 2021年6月12日閲覧。
  11. ^ a b Official髭男dism「Universe」に見る、J-POPとゴスペルの新しい関係性”. Rolling Stone (2021年2月25日). 2021年6月12日閲覧。
  12. ^ 【ビルボード】LiSA「炎」DLソング13週連続No.1、YOASOBIがトップ10に4曲送り込む”. Billboard JAPAN (2020年1月13日). 2021年7月12日閲覧。
  13. ^ 【ビルボード】LiSA「dawn」DLソング首位発進、Aimer「季路」は初登場8位”. Billboard JAPAN (2021年1月20日). 2021年7月12日閲覧。
  14. ^ 【ビルボード】Kis-My-Ft2「Luv Bias」217,880枚を売り上げ初登場総合首位 Official髭男dism「Universe」総合4位に上昇”. Billboard JAPAN (2021年3月3日). 2021年7月12日閲覧。
  15. ^ オリコン上半期ランキング2021 シングル”. ORICON NEWS (2021年6月29日). 2021年7月12日閲覧。
  16. ^ 6月度ストリーミング認定~川崎 鷹也、back number、BTS、Foorin、YOASOBI、米津玄師がプラチナ認定(1億回再生以上)に”. PR TIMES (2021年7月28日). 2021年7月28日閲覧。