Utada The Best

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Utada The Best
Utadaコンピレーション・アルバム
リリース
録音 2004年 - 2009年
ジャンル ポップR&Bダンス、イーサリアル・ウェーブ、エレクトロニカ
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース Utada
Utada アルバム 年表
ディス・イズ・ザ・ワン
(2009年)
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2
Utada The Best
(2010年)
First Love -15th Anniversary Edition-
(2014年)
テンプレートを表示

Utada The Best』(ウタダ・ザ・ベスト)は2010年11月24日に発売された日本シンガーソングライターUtadaコンピレーションアルバムである。同日に『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』も発売された。

背景[編集]

アルバムの発売はUtadaの公式サイトを通じて発表され、各メディアはそれを出典として引用した[1][2][3][4][5]。アルバムは日本のみで発売された。本作は宇多田ヒカルが"Utada"名義で発売したシングル曲を収録している。2004年のアルバム『EXODUS』、2009年の『ディス・イズ・ザ・ワン』からの楽曲に加え、シングルのリミックス版を収録している[6]

Utadaは公式Twitterで、本作の発売は「完全に自分の意志に反している」と述べ、「売れなかったら叩かれるのは私なんですけど、正直なところ、ファンにお金を出させたくない、全く心のこもっていないモノです。未発表のものは何も入っていません。」と語った。また、Utada名義の過去作品を既に持っている人は買う必要はないと述べた[7]。しかし、皮肉にも(本作の発売元たる)ユニバーサルミュージックは後に(公認ベストの発売元たる)EMIミュージック・ジャパンを合併する結果に終わった。

チャート成績[編集]

2010年11月23日付けのオリコン アルバム・デイリーランキングで総合8位、洋楽1位を記録[8]。12月6日付けの週間ランキングで初登場12位を記録[9]。洋楽ランキングでは初登場4位。同日付けのBillboard JAPAN Top Albumsでも初登場12位を記録。因みに同日付けのチャートで『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』が首位を獲得している。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.カム・バック・トゥ・ミー  Utada、M.S.エリクセン、T.E.ハーマンソン
2.イージー・ブリージー  Utada
3.「メリークリスマス・ミスター・ローレンス - FYI」  Utada、M.S.エリクセン、T.E.ハーマンソン、坂本龍一
4.ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥー・ビー・ア・マン  Utada
5.「ディス・ワン (クライング・ライク・ア・チャイルド)」  Utada、M.S.エリクセン、T.E.ハーマンソン
6.「エキソドス'04」  Utada、ティンバランド
7.「アップル・アンド・シナモン」  Utada、M.S.エリクセン、T.E.ハーマンソン
8.「オートマティック・パートII」  Utada、C. "トリッキー" スチュワート、S. ハル
9.デヴィル・インサイド  Utada
10.「クレムリン・ダスク」  Utada
11.サンクチュアリ (オープニング)  Utada
12.サンクチュアリ (エンディング)  Utada
13.「エキソドス'04 (JJ FLORES Double J Radio Mix)」  Utada
14.デヴィル・インサイド (RJD2 Remix)  Utada
15.カム・バック・トゥ・ミー (Tony Moran & Warren Rigg Radio Edit)  Utada、M.S.エリクセン、T.E.ハーマンソン
16.「ダーティー・デザイア (Mike Rizzo Radio Edit)」  Utada、スチュワート

チャート[編集]

チャート (2010年) 最高
順位
オリコン週間[10] 12
オリコン週間 洋楽 4
Billboard JAPAN Top Albums 12

公称売上と認定[編集]

チャート 売上
オリコン[9] 11,000
サウンドスキャンジャパン[11] 10,436

発売日一覧[編集]

地域 発売日 規格
日本 2010年11月24日 (2010-11-24)[1] CD、デジタル・ダウンロード
2010年11月26日 (2010-11-26)[12] レンタルCD

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “utada the best” (日本語). タワーレコード. 東京都: タワーレコード株式会社. (2010年11月18日). http://tower.jp/item/2814567/Utada-The-Best 2010年12月21日閲覧。 
  2. ^ “utada the best” (日本語). ネオ・ウィング. 東京都: 株式会社ネオ・ウィング. (2010年11月18日). http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=UICL-1110 2010年12月21日閲覧。 
  3. ^ “English Language Best Album “Utada The Best” being released on 11/24?” (英語). U.BLOG. 東京都. (2010年11月20日). http://blog.utada2.net/?p=1815#comments 2010年12月21日閲覧。 
  4. ^ “Utada The Best” (英語). CDjapan. 東京都: 株式会社ネオ・ウィング. (2010年11月20日). http://www.cdjapan.co.jp/detailview.html?KEY=UICL-1110 2010年12月21日閲覧。 
  5. ^ “Utada The Best” (英語). YesAsia.com. 東京都. (2010年11月20日). http://www.yesasia.com/global/utada-the-best-japan-version/1023635589-0-0-0-en/info.html 2010年12月21日閲覧。 
  6. ^ “Utada、初のベストアルバム発売決定” (日本語). オリコン. 東京都: 株式会社オリコン. (2010年10月22日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/81310/ 2010年12月21日閲覧。 
  7. ^ “宇多田がUtadaを買わないで” (日本語). デイリースポーツ. 兵庫県: 神戸新聞社. (2010年10月26日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2010/10/26/0003558675.shtml 2010年12月21日閲覧。 
  8. ^ “話題騒然の『Utada The Best』ロケット・スタート!” (日本語). CDジャーナル. 東京都: 株式会社音楽出版社. (2010年11月26日). http://www.cdjournal.com/main/news/utada/35336 2010年12月21日閲覧。 
  9. ^ a b “「買わないで」宇多田が訴えたベスト盤12位” (日本語). スポーツニッポン. 東京都: 株式会社スポーツニッポン新聞社. (2010年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/11/30/08.html 2010年12月21日閲覧。 
  10. ^ アルバム情報”. you大樹. オリコン. 2010年12月21日閲覧。
  11. ^ “アルバムランキングTOP20 2010年11月22日~2010年11月28日 調査分” (日本語). サウンドスキャンジャパン. 東京都: 株式会社音元出版. (2010年11月28日). http://www.phileweb.com/ranking/cd-top20/1472.html 2010年12月21日閲覧。 
  12. ^ Utada The Best/Utada”. Tsutaya. 2010年11月19日閲覧。