V.LEAGUE Division2 2018-19

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
V.LEAGUE > V.LEAGUE2018-19 > V.LEAGUE Division2 2018-19

V.LEAGUE Division2 2018-19は、日本のバレーボールリーグ・V.LEAGUEのセカンドディビジョンである「V.LEAGUE Division2」の初年度のシーズンである。

概要[編集]

2018-19シーズンより始まったV.LEAGUE のセカンドカテゴリとして開催される V.LEAGUE Division2 の初年度シーズンである。実質的な前身はV・チャレンジリーグⅠに相当するが、スーパーリーグライセンスの付与状況により男子は9チーム、女子は10チームで争われる。

日程[編集]

男女とも、日程は概ねV1女子と合わせられた。レギュラーラウンドの12月9日から1月12日までの間はインターバルが設けられる[1]

  • レギュラーラウンド(男子) - 2018年11月10日 - 2019年3月17日
  • レギュラーラウンド(女子) - 2018年11月10日 - 2019年2月24日
  • ファイナル6(女子):2019年3月2日 - 2019年3月17日

女子のファイナル6はウインク体育館・ジェイテクト体育館・酒田市国体記念体育館での集中開催となった。

男子[編集]

V.LEAGUE DIVISION2 MEN 2018-19
リーグ V.LEAGUE
スポーツ バレーボール
期間 2018年11月10日 - 2019年3月17日
リーグ優勝 富士通カワサキレッドスピリッツ
準優勝 トヨタ自動車サンホークス
シーズンMVP 芳賀広大(富士通)
得点王 吉岡衛(トヨタ自動車、467得点)
昇格 ヴィクトリーナ姫路
V.LEAGUE Division2 seasons
2019-20 →

参加チーム(男子)[編集]

都道府県コード順。S2ライセンスを有する8チームと、2017-18シーズン「条件付きS1ライセンス」を保有するつくばユナイテッドSun GAIA[注釈 1]の計9チーム[3]が参戦する。

チーム名 本拠
都道府県
2017-18シーズン ライセンス 備考
つくばユナイテッドSun GAIA 茨城県 チャレンジⅠ 7位 S1[注釈 1]
埼玉アザレア 埼玉県 チャレンジⅡ 8位 S2
警視庁フォートファイターズ 東京都 チャレンジⅠ 3位 S2
東京ヴェルディ 東京都 チャレンジⅡ 5位 S2
富士通カワサキレッドスピリッツ 神奈川県 チャレンジⅠ 優勝 S2
長野GaRons 長野県 チャレンジⅡ 7位 S2
大同特殊鋼レッドスター 愛知県 チャレンジⅠ 4位 S2
トヨタ自動車サンホークス 愛知県 チャレンジⅠ 6位 S2
きんでんトリニティーブリッツ 大阪府 チャレンジⅡ 2位 S2

試合方式(男子)[編集]

9チームによる3回総当たり(1チーム24試合)の「レギュラーラウンド」のみを開催する。ポイント制(勝ち点制)が導入され、試合内容によってポイントの値が決まる(フルセットにもつれた場合は負けても1ポイントが与えられる)。

結果(男子)[編集]

順位 チーム 試合 セット 得点
勝点 勝数 敗数 得セット 失セット セット率 得点計 失点計 得点率
1 富士通カワサキレッドスピリッツ 62 21 3 69 20 3.450 2101 1788 1.175
2 トヨタ自動車サンホークス 56 19 5 62 27 2.296 2061 1824 1.130
3 警視庁フォートファイターズ 51 17 7 61 37 1.649 2221 2075 1.070
4 大同特殊鋼レッドスター 47 15 9 52 32 1.625 1934 1773 1.091
5 埼玉アザレア 39 12 12 51 47 1.085 2189 2136 1.025
6 つくばユナイテッドSun GAIA 26 9 15 31 52 0.596 1857 1969 0.943
7 きんでんトリニティーブリッツ 22 8 16 32 55 0.582 1823 2039 0.894
8 長野GaRons 11 4 20 20 63 0.317 1664 2002 0.831
9 東京ヴェルディ 10 3 21 21 66 0.318 1830 2074 0.882

出典:V.LEAGUE

女子[編集]

V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 2018-19
リーグ V.LEAGUE
スポーツ バレーボール
期間 2018年11月10日 - 2019年2月24日
リーグ優勝 ヴィクトリーナ姫路
準優勝 JAぎふリオレーナ
シーズンMVP 浅津ゆうこ(姫路)
得点王 江川優貴(プレステージ、312得点)
昇格 ヴィクトリーナ姫路
V.LEAGUE Division2 seasons
2019-20 →

参加チーム(女子)[編集]

都道府県コード順。S1ライセンスを有する13チームのうち前年の成績下位の2チーム(JAぎふリオレーナブレス浜松)、2018-19シーズンのS2ライセンスを保有する7チーム、及び新規参入でS3ライセンスを保有するヴィクトリーナ姫路[3]の合計10チームが参戦する。

ライセンスは2019-20シーズンのもの[2]。「Arrowupgreen.png」は下位ライセンスから格上げとなったクラブ。

チーム名 本拠
都道府県
2017-18シーズン ライセンス 備考
プレステージ・インターナショナルアランマーレ 山形県 チャレンジⅡ 5位 S1Arrowupgreen.png
柏エンゼルクロス 千葉県 チャレンジⅡ 2位 S2
群馬銀行グリーンウイングス 群馬県 チャレンジⅡ 優勝 S1Arrowupgreen.png
GSS東京サンビームズ 東京都 チャレンジⅡ 3位 S2
JAぎふリオレーナ 岐阜県 チャレンジⅠ 5位 S1
ブレス浜松 静岡県 チャレンジⅡ 4位 S1
トヨタ自動車ヴァルキューレ 愛知県 チャレンジⅠ 6位 S2
大阪スーペリアーズ 大阪府 チャレンジⅡ 6位 S2
ヴィクトリーナ姫路 兵庫県 新規参入 S1Arrowupgreen.png
大野石油広島オイラーズ 広島県 チャレンジⅠ 7位 S2

試合方式(女子)[編集]

2回戦総当たり(1チーム18試合)の「レギュラーラウンド」と、レギュラーラウンドの上位6チームによって争われる「ファイナルステージ」(ファイナル6のみ)の2段階制で行われる。

男子同様、レギュラーラウンドはポイント制(勝ち点制)が導入され、試合内容によってポイントの値が決まる(フルセットにもつれた場合は負けても1ポイントが与えられる)。

結果(女子)[編集]

レギュラーラウンド(女子)[編集]

順位 チーム 試合 セット 得点
勝点 勝数 敗数 得セット 失セット セット率 得点計 失点計 得点率
1 ヴィクトリーナ姫路 52 17 1 53 7 7.571 1460 1115 1.309
2 JAぎふリオレーナ 43 14 4 47 20 2.350 1580 1419 1.113
3 群馬銀行グリーンウイングス 38 14 4 44 25 1.760 1608 1406 1.144
4 プレステージ・インターナショナルアランマーレ 30 10 8 35 30 1.167 1417 1354 1.047
5 GSS東京サンビームズ 28 9 9 36 32 1.125 1515 1457 1.040
6 大野石油広島オイラーズ 25 9 9 33 35 0.943 1452 1471 0.987
7 柏エンゼルクロス 24 7 11 35 37 0.946 1559 1558 1.001
8 ブレス浜松 21 7 11 28 38 0.737 1356 1444 0.939
9 トヨタ自動車ヴァルキューレ 9 3 15 14 49 0.286 1170 1503 0.778
10 大阪スーペリアーズ 0 0 18 2 54 0.037 1004 1394 0.720

出典:V.LEAGUE

ファイナル6(女子)[編集]

順位 チーム 試合 セット 得点
勝点 勝数 敗数 得セット 失セット セット率 得点計 失点計 得点率
1 ヴィクトリーナ姫路 18 4 1 14 3 4.667 406 325 1.249
2 JAぎふリオレーナ 15 4 1 12 6 2.000 404 379 1.066
3 群馬銀行グリーンウイングス 15 4 1 14 7 2.000 471 424 1.111
4 プレステージ・インターナショナルアランマーレ 6 1 4 7 12 0.583 403 440 0.916
5 大野石油広島オイラーズ 5 2 3 7 11 0.636 377 423 0.891
6 GSS東京サンビームズ 1 0 5 0 15 0.000 312 382 0.817

出典:V.LEAGUE

  • 2位と3位の順位はレギュラーラウンドの順位に基づく。

最終順位(女子)[編集]

V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 2018-19 最終順位
1 ヴィクトリーナ姫路 Division1に自動昇格
2 JAぎふリオレーナ チャレンジマッチに出場
3 群馬銀行グリーンウイングス
4 プレステージ・インターナショナルアランマーレ
5 大野石油広島オイラーズ
6 GSS東京サンビームズ
7 柏エンゼルクロス
8 ブレス浜松
9 トヨタ自動車ヴァルキューレ シーズン終了後にVリーグ機構退社[4]
10 大阪スーペリアーズ シーズン終了後にVリーグ機構退社[5]


脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ a b つくばは2019-20シーズンはS2ライセンスとなり、V1昇格要件を満たさない[2]

出典[編集]

  1. ^ 2018-19 V.LEAGUE Division2(V2) MEN V・レギュラーラウンド (PDF) /2018-19 V.LEAGUE Division2(V2) WOMEN V・レギュラーラウンド (PDF)
  2. ^ a b “2019-20シーズン V.LEAGUE ライセンス判定結果について” (プレスリリース), 日本バレーボールリーグ機構, (2019年2月14日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21110 2019年5月8日閲覧。 
  3. ^ a b “新リーグ・ライセンス取得状況について” (プレスリリース), 日本バレーボールリーグ機構, (2017年5月25日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/20297 2019年5月8日閲覧。 
  4. ^ “トヨタ自動車ヴァルキューレのVリーグ機構退社について” (プレスリリース), 日本バレーボールリーグ機構, (2019年4月23日), https://corp.vleague.or.jp/news/detail/88 2019年5月8日閲覧。 
  5. ^ “大阪スーペリアーズのVリーグ機構退社について” (プレスリリース), 日本バレーボールリーグ機構, (2019年5月13日), https://corp.vleague.or.jp/news/detail/94 2019-07-04a閲覧。