V401D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ボーダフォン V401D
キャリア ボーダフォン
製造 三菱電機
発売日 2004年6月23日
概要
音声通信方式 PDC
(1.5GHz)
形状 折りたたみ型
サイズ 103 × 49 × 24 mm
質量 112 g
連続通話時間 130分
連続待受時間 400時間
充電時間 120分
内部メモリ 5MB
外部メモリ SDメモリーカード
日本語入力 ATOK
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 26万2144色
サブディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 120×160ドット
サイズ 1.3インチ
表示色数 6万5536色
メインカメラ
画素数・方式 100万(出力200万)画素スーパーCCDハニカム
機能 手ブレ防止
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
サイバーグリーン
サムライレッド
メタルシルバー
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

V401D(ブイ よん まる いち ディー)は、三菱電機が開発した、ボーダフォン(現:ソフトバンクモバイル)による第二世代携帯電話端末製品。

概要[編集]

ボーダフォン向け三菱端末として初の、QVGA液晶とメガピクセルカメラを搭載。スペックはNTTドコモ向けD506iに似ていて、D506i同様に大型高画質背面ディスプレイとレンズカバーを設けている。エッジの効いた側面のデザインは、「刀でそぎ落としたイメージ」というもの。携帯電話用初のMEMSIC社のサーモ型加速度センサーや側面に指でなぞって操作する光る「コントロールパッド」が搭載された。加速度センサーは写真の縦横や手ブレを検知したり、歩数計やゲームなどに利用できる。「コントロールパッド」は画面のスクロールやカメラのズームなどに使える。加速度センサーはこれ以降の三菱端末ではしばらく採用されなかったが、2007年にドコモ向けのD904iで再び使われた。

ボーダフォンがソフトバンクモバイルになってからは、三菱電機は1機種も導入しないまま、2008年3月3日に携帯電話事業からの撤退を発表したため、この機種がドコモ向け以外では最後の国内向け端末になった。

ちなみに、メタルシルバーとそれ以外の2色ではメインディスプレイのVodafoneのロゴの色が異なる(メタルシルバーは赤色で他の2色は白色)。

歴史[編集]

関連項目[編集]