VESSEL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
VESSEL
鈴村健一スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Lantis
チャート最高順位
鈴村健一 年表

2012年
VESSEL
(2014年)
『VESSEL』収録のシングル
  1. あすなろ
    リリース: 2011年8月24日
  2. messenger
    リリース: 2012年5月16日
  3. シロイカラス
    リリース: 2012年10月17日
  4. All right
    リリース: 2013年10月30日
ミュージックビデオ
鈴村健一「SHIPS」Music Clip short ver. 映像 - YouTube
テンプレートを表示

VESSEL』(ヴェッセル)は、鈴村健一の3枚目のオリジナルアルバム2014年5月14日Lantisから発売された。

背景[編集]

タイトルの「VESSEL」は大型船、容器血管の意で、小さな容器を思わせる収録曲が繋がって巨大な船を形成する様子が脳裏に浮かんだため付けたという[3]。当初はリード曲である「SHIPS」の制作から開始されたが、デモテープを聴いたことで同曲のことで頭がいっぱいになったためがタイトルから先に付けたという。ジャケット水たまりに街の様子が写りこんだもので[注 1]、当初は木造の風呂桶とおもちゃの船の使用を考えていたという[5]

楽曲について[編集]

2曲目「SHIPS」は、船旅をイメージした曲で、ライブでの盛り上がりも意識しているという[6]。歌詞はデモ視聴時に鈴村が感じた船内での様子をイメージして書かれた[3]。PVは、「拳を振り上げる」 イメージを表現するため蒲田銭湯「日の出湯」で行われた。なお当初はパン屋での撮影を検討していたが、スタッフの提案で銭湯に落ち着いたという[5]

3曲目「あすなろ」は、7thシングル曲であり、テレビアニメ『神様のメモ帳』のエンディングテーマ

4曲目「messenger」は、8thシングル曲。

6曲目「シロイカラス」は、9thシングル曲であり、テレビアニメ『CØDE:BREAKER』のエンディングテーマ。

7曲目「さあ見栄張りましょう」は、鈴村曰く「夢を持つことの素晴らしさ」をシニカルに表現した曲[7]

8曲目「あいうえおんがく」は、10thシングルカップリング曲。

9曲目「おもちゃ箱」は、幼少時を彷彿とさせるノスタルジックな曲[6]

10曲目「All right」は、10thシングル曲。

11曲目「ALL GREEN」は9thシングルカップリング曲。

12曲目「EXTRA ROUND」は、「理想」と「現実」をテーマとした[6]カロリーを消費するロック調の曲[5]

13曲目「つながり」は、日々の行動を水道水が運ばれてくるまでの過程に喩えた曲[7]

リリース[編集]

2014年5月14日にLantisから発売された。鈴村のオリジナルアルバムとしては前作『CHRONICLE to the future』から3年2か月ぶりのリリースとなる。

販売形態は初回限定盤(LACA-35402)と通常盤(LACA-15402)の2種リリースで、初回限定盤には「SHIPS」のPVを収録したDVDが同梱されている。

収録内容[編集]

CD[1]
全作詞: 鈴村健一
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「overture」鈴村健一倉内達矢倉内達矢
2.「SHIPS」鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也
3.あすなろ鈴村健一宮崎誠宮崎誠
4.messenger鈴村健一渡辺拓也宮崎誠
5.バベル鈴村健一サイトウヨシヒロ南田健吾
6.シロイカラス鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也
7.「さあ見栄張りましょう」鈴村健一野井洋児野井洋児
8.あいうえおんがく鈴村健一宮崎誠宮崎誠
9.「おもちゃ箱」鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也
10.All right鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也
11.ALL GREEN鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也
12.「EXTRA ROUND」鈴村健一宮崎誠宮崎誠
13.「つながり」鈴村健一倉内達矢倉内達矢
14.「finale」鈴村健一倉内達矢倉内達矢
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「SHIPS [Music Video]」  

チャート[編集]

チャート(2014年) 最高位
オリコン[2] 10
Billboard JAPAN Top Albums[8] 7
Billboard JAPAN Top Independent Albums and Singles[9] 3
サウンドスキャン(初回限定盤)[10] 10

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一見すると合成のように見えるが、アナログ的な雰囲気を表現するため敢えて合成を行わなかった[4]

出典[編集]

  1. ^ a b VESSEL [CD+DVD]<初回限定盤>”. タワーレコード. 2014年5月15日閲覧。
  2. ^ a b VESSEL(初回限定盤)”. ORICON STYLE. オリコン. 2014年5月23日閲覧。
  3. ^ a b 声優アニメディア6月号 2014, p. 45.
  4. ^ 声優グランプリ, p. 50.
  5. ^ a b c 声優グランプリ6月号 2014, p. 50.
  6. ^ a b c 声優グランプリ6月号 2014, p. 51.
  7. ^ a b 声優アニメディア6月号 2014, p. 46.
  8. ^ Billboard JAPAN Top Albums 2014/05/26 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年5月23日閲覧。
  9. ^ Billboard Japan Top Independent Albums and Singles 2014/05/26 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年5月23日閲覧。
  10. ^ 週間 CDソフト TOP20 シングル ランキング TOP20 2014年5月12日〜2014年5月18日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2014年5月23日閲覧。

参考文献[編集]