VEVO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
VEVO
Vevo 2016 Logo.svg
URL www.vevo.com
タイプ マルチチャンネルネットワーク
運営者 VEVO LLC
設立者 ユニバーサルミュージックグループ
CEO Alan Price
株主 ユニバーサル ミュージック グループ
ソニー・ミュージックエンタテインメント
アブダビ・メディア・カンパニー英語版
Alphabet Inc.
ワーナー・ミュージック・グループ
スローガン Music Evolution Revolution!
アレクサ
ランキング
7,949位[1]
営利性 営利
設立日 2009年12月8日(アメリカ合衆国およびカナダ
現状 消費者向けWebサイトを廃止

VEVO(ヴィーヴォ)は、世界最大のミュージック・ビデオプロバイダ。YouTubeへのミュージック・ビデオの供給とスマートテレビへのアプリ提供を行っている。

概要[編集]

ユニバーサルミュージックグループはvevo.comのドメイン名を2008年11月20日に取得した[2]。2009年3月にUniversal Music GroupがVEVO LLCをが設立した。2009年4月Universal Music GroupとGoogleが音楽ビデオの事業「VEVO」での提携が発表された[3]

2009年6月にソニー・ミュージックエンタテインメントがVEVOに出資した[4]。2009年11月18日、VEVOはニューヨークのパーティーで12月8日にサービスが立ち上げられることを発表された。

2009年12月8日にVEVOは、ユニバーサル、ソニー、EMIからのミュージック・ビデオの提供で開始された[5][6][7]。VEVOの動画ホスティングはYouTubeによって提供され、GoogleとVEVOは広告収入を分配する[8]

2010年10月、アラブ首長国連邦アブダビ・メディア・カンパニーがVEVOに出資した[9]。2013年7月YouTubeへのミュージック・ビデオの安定供給を目的としてGoogleがVEVOに出資した[10][11]

2016年8月2日、Vevoは、ワーナー・ミュージック・グループ(WMG)との音楽ライセンス契約を完了し、3大メジャーレコード会社の音楽がVevoで利用可能となった[12]

2018年5月24日にVevoは、YouTubeへの集約に伴い、モバイルアプリと消費者向けWebサイトの終了を発表した[13][14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ vevo.com Site Overview”. 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ Van Buskirk, Eliot (2009年3月5日). “Google, Universal Ponder Major Label-Only YouTube Spinoff”. Wired News. 2009年4月9日閲覧。
  3. ^ ユニバーサルミュージックとグーグル、新たな音楽ビデオ配信サイトの開設を発表” (日本語). CNET Japan (2009年4月10日). 2020年3月19日閲覧。
  4. ^ Sandoval, Greg (2009年6月4日). “Sony joins YouTube and Universal on Vevo video site”. CNET. 2010年1月12日閲覧。
  5. ^ Vevo music video service hits the Web Dec. 8 - USATODAY.com”. usatoday30.usatoday.com. 2020年3月19日閲覧。
  6. ^ December 2009, Marc Chacksfield 08. “Vevo, Google's new music video site, launches” (英語). TechRadar. 2020年3月19日閲覧。
  7. ^ グーグルがVEVOを支援する理由--新音楽動画サイト開設で見せた新たな一面” (日本語). CNET Japan (2009年12月14日). 2020年3月19日閲覧。
  8. ^ Sandoval, Greg (2009年3月4日). “Universal, YouTube near deal on music video site”. CNET. 2009年4月9日閲覧。
  9. ^ 音楽ビデオサイト「VEVO」にオイルマネーが出資” (日本語). CNET Japan (2009年10月20日). 2020年3月19日閲覧。
  10. ^ Newton, Casey (2013年7月2日). “YouTube renews Vevo deal, buys stake in company to keep music videos off Facebook” (英語). The Verge. 2020年3月19日閲覧。
  11. ^ YouTube Confirms Vevo Deal”. Billboard (2013年7月2日). 2020年3月19日閲覧。
  12. ^ 【海外】VEVOがワーナーミュージックと契約”. 音楽業界総合情報サイトMusicman. 2020年3月18日閲覧。
  13. ^ Heater, Brian. “Vevoが自己アプリを廃止してほぼ全面的にYouTubeの利用へ移行” (日本語). TechCrunch Japan. 2020年3月18日閲覧。
  14. ^ 動画配信のVevo、モバイルアプリと独自サイトを終了へ--YouTubeが中心に” (日本語). CNET Japan (2018年5月25日). 2020年3月19日閲覧。