VFR (観光)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

VFR(Visiting friends and relatives)は、旅行目的の分類の一つである。友人親族の訪問を目的とした旅行を指す。

概要[編集]

VFRの興隆についての学術的な関心は、VFR旅行がビジネス目的のものよりも遥かに大きいとするJackson, R. の独創的な論文[1] が1990年代中頃に出されたことによって喚起された[2]

多くの公式の統計が、旅行データを目的別に観光・ビジネス・VFRで分類している。

多くの路線で、VFRは1番目か2番目に多い来訪目的である。

VFRは、旅行者が来訪目的を「友人を訪ねる」「親戚に会う」など具体的に述べるとは限らず、別の目的で申告する場合もあるため集計が難しかったため、それまで見落とされてきていたが、VFR旅行は友人や親族に会うという目的が含まれている旅行であるとする定義が進展をもたらした。このことでVFRを視覚的にモデル化できるようになったのである[3]

VFRに伴う消費は大きい傾向にあり、近距離の移動というよりもコミュニティーを超えた広域の移動である(McKercher、1995年)[4]

一部の支出項目では、VFR旅行者はVFRでない旅行者よりも多く消費している[5][6]。また、景気の作用を受けにくく、底堅い旅行需要であるとされる[7]

他方、長期滞在している外国人がVFR目的で一時帰国してから再び入国してきた場合、感染症に罹患している確率は一般の旅行者よりも高いとされる[8]

参考文献[編集]

  1. ^ Jackson, R. (1990). VFR Tourism: Is It Underestimated? The Journal of Tourism Studies, 1(2), 10-17.
  2. ^ Backer, E. (2009). "Opportunities for Commercial accommodation in VFR travel." International Journal of Travel Research
  3. ^ Backer, E. (2007). "VFR Travel - an examination of the expenditures of VFR travellers and their hosts." Current Issues in Tourism, 10 (4), p.369
  4. ^ McKercher, B. (1995). An examination of host involvement in VFR travel. Proceedings from the National Tourism and Hospitality Conference 1995. Council for Australian University Tourism and Hospitality Education, 246-255.
  5. ^ Seaton, A. & Palmer, C. (1997). Understanding VFR Tourism behaviour: the first five years of the United Kingdom tourism survey. Tourism Management, 18(6), 345-355.
  6. ^ Morrison, A., Verginis, C., & O’Leary, J. (2000). Reaching the unwanted and unreachable: An analysis of the outbound, long haul German and British Visiting Friends and Relatives Market. Journal of Tourism and Hospitality Research, 2(3), 214-231.
  7. ^ 黒須宏志 (2013年2月8日). “VFRがひらくツーリズムの未来”. 日本交通公社. 2019年2月7日閲覧。
  8. ^ 濱田篤郎「渡航医学と感染症」『日本内科学会雑誌』第105巻第8号、日本内科学会、2016年、 1455-1462頁、 doi:10.2169/naika.105.1455

関連項目[編集]