VINTAGE A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
VINTAGE A
林原めぐみベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル スターチャイルド
プロデュース 大月俊倫
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • デイリー3位(オリコン)
  • 2000年度年間172位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • 林原めぐみ アルバム 年表
    VINTAGE S
    (2000年)
    VINTAGE A
    (2000年)
    feel well
    2002年
    テンプレートを表示

    VINTAGE A』(ヴィンテージ・エー)は、林原めぐみの2枚目のベスト・アルバム2000年6月21日スターチャイルドキングレコード)からリリースされた。

    解説[編集]

    前作『VINTAGE S』から約2ヶ月ぶりに発売された2作目のベスト・アルバム。1991年から1999年までにリリースされた林原めぐみ名義のアルバムから、自身がセレクトした全17曲が収録された。前作がシングルを中心とした作品であったのに対し、本作はアルバム収録曲、リメイク・カヴァー曲が主体となっている。なお、林原自ら作詞しオリジナル・アルバムに収録されていなかった「hesitation」も収録されている。『VINTAGE S』と『VINTAGE A』に共通するテーマは「10年経っても聴きたい曲」。

    前作では林原自身の作詞楽曲が半分以上あったのに対し、本作では数曲に抑えられているが、作曲・作詞両方手掛けた曲もセレクトされている。「撮りおろし『林原めぐみお宝ビデオ』」と題されたVHSテープが付属した。なお2005年3月16日、オリジナル・アルバム『Half and, Half』から『ふわり』および『VINTAGE S』とともに再発され、初回限定盤仕様(2枚組プラケース・紙BOX収納仕様)で、「撮りおろし『林原めぐみお宝DVD』」と題されたDVDが付属した。

    収録曲[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「夜明けのShooting Star[1]辛島美登里辛島美登里矢萩秀明
    2.「私にハッピーバースデイ」松葉美保佐藤英敏Vink
    3.「がんばって!」有森聡美石川KanjiVink
    4.「街へ出よう」伊藤千夏伊藤千夏矢吹俊郎
    5.「ふわり」MEGUMIMEGUMI岩本正樹
    6.「HOW HOW BEAR」松葉美保松葉美保林有三
    7.「Bon Voyage!」岡崎律子岡崎律子岩本正樹
    コーラスアレンジ:岡崎律子
    8.「Tokyo Boogie Night <New Recording>」渡辺なつみ原一博岡田徹
    9.「hesitation[2]MEGUMI矢吹俊郎矢吹俊郎
    10.「真夏のバレンタイン」西脇唯久保浩二古川貴司
    11.「Dance with me…最後の楽園[3]島エリナ西岡治彦丸尾めぐみ・飯塚昌明
    12.「心のプラネット <NUKU NUKU Version>」小坂恭子松田弘B.C.GUYS
    13.「Good Luck!」岡崎律子岡崎律子光宗信吉
    コーラスアレンジ:岡崎律子
    14.魂のルフラン <Aqua Groove Mix>」及川眠子大森俊之大森俊之
    15.FLY ME TO THE MOON <AYANAMI Version>[4]Bart HowardBart HowardToshiyuki Ohmori
    16.「Thirty[5]MEGUMIMEGUMI岩本正樹
    17.「君のAnswer[6]吉元由美西岡治彦西岡治彦
    合計時間:

    初出[編集]

    収録アルバム 曲名 タイアップ 発売日 品番 備考
    1st アルバム『Half and, Half M-10「真夏のバレンタイン」
    (無し)
    1991年3月21日 KICS-100
    M-17「君のAnswer」
    2ndアルバム『WHATEVER M-1「夜明けのShooting Star」 OVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争イメージソング 1992年3月5日 KICS-176
    M-8 「Tokyo Boogie Night <New Recording>」 TBSラジオ他『林原めぐみのTokyo Boogie Night』初代エンディングテーマ 原曲:本多知恵子&林原めぐみ
    3rdアルバム『Perfume M-2「私にハッピーバースデイ」 OVA万能文化猫娘』第1期オープニングテーマ 1992年8月5日 KICS-215
    M-6「HOW HOW BEAR」
    (無し)
    4thアルバム『SHAMROCK M-3「がんばって!」 OVA『万能文化猫娘』イメージソング 1993年8月21日 KICS-345
    5thアルバム『SPHERE M-7「Bon Voyage!」 OVA『MINKY MOMO IN 旅立ちの駅』主題歌 1994年7月2日 KICS-430
    M-11「Dance with me…最後の楽園」
    (無し)
    6thアルバム『Enfleurage M-4「街へ出よう」 ラジオ番組『MEGU・OMO 街へ出よう』テーマ曲 1995年3月3日 KICS-475
    M-12「心のプラネット <NUKU NUKU Version>」 OVA『万能文化猫娘』イメージソング 原曲:絵里香
    7thアルバム『Bertemu M-15「FLY ME TO THE MOON <AYANAMI Version>」 テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』エンディングテーマ 1996年11月1日 KICS-590 原曲:CLAIRE
    8thアルバム『Iravati M-13「Good Luck!!」
    (無し)
    1997年8月6日 KICS-640
    M-14「魂のルフラン <Aqua Groove Mix>」 東映配給アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌 原曲:高橋洋子
    M-16「Thirty」
    (無し)
    9thアルバム『ふわり M-5「ふわり」 1999年10月27日 KICS-755
    その他 M-9「hesitation」[2] OVA「またまたセイバーマリオネットJ Program:26 プラズマティック・クライシス」オープニングテーマ 1998年6月18日 KICA-406/7

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ 林原めぐみ名義で初めてレコーディングされた楽曲。
    2. ^ a b サウンドトラックアルバム『またまたセイバーマリオネットJジャポネス 吟詠詩集真打ち』に収録。本作収録曲の中では唯一オリジナルアルバム未収録。
    3. ^ プロデューサーの大月がこの曲を気に入っており、本作に入れたという逸話がある。
    4. ^ 有名なスタンダード・ジャズ・ナンバーのカバー曲
    5. ^ 自身が初めて作曲・作詞を手掛けたナンバー
    6. ^ 前作『VINTAGE S』の1曲目「Give a reason」に対するアンサーソングとして、本作のラストナンバーに選曲された。1作目のオリジナル・アルバム『Half and, Half』の1曲目に戻るという意味が込められている。