VIZION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
VIZION
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1981年-1983年
レーベル リバスターレコード B・Birds
事務所 VIZION OFFICE
メンバー 有賀啓雄生乃久法、石山仁、
大竹徹夫崎谷健次郎松本晃彦
旧メンバー アマチュア時代に多数のメンバー

VIZION(ヴィジョン)は、日本男性音楽バンドである[1]

来歴[編集]

1981年

日本大学芸術学部音楽学科に進学した崎谷健次郎が在学中に結成。デビュー時のメンバーは、生乃久法、石山仁、大竹徹夫有賀啓雄松本晃彦であり、アマチュア時代を含め、後に音楽界で活躍することとなるメンバーを擁していた。

1982年

東京・渋谷エッグマンでライヴ活動を活発に展開する。同じくデビュー前後の安全地帯バービーボーイズ杉真理ハウンド・ドッグ爆風スランプらとライブイベントでステージを共にした。

1983年

6月21日、デビューアルバム『PSYCHOTIC CUBE(サイカティック・キューブ)』をリバスターレコードから発売する。B・Birdsレーベルから2組目のデビュー・バンドだった。当時のキャッチフレーズは、僕たちの新しいヴィジョンが見えてきた!。同日、東京・渋谷エッグマンでVIZIONデビュー〜記念ライブ〜が開催された。

7月11日、東京・六本木ピットインでのメジャーデビュー・コンサートが最後のライブとなり、解散する。

1990年

音楽雑誌『The BEST HIT』1月号のインタビューでソロシンガーデビューしていた崎谷がVIZIONについて言及する。メンバーの「人間関係も音楽もバラバラだった」ことがあり、バンド解散は「かなりの挫折感があ」ったという。そのため、崎谷は「自分の音楽的力量が本当に評価される世界」を目指し、1985年に作曲家デビューを果たした[2]

2016年

8月20日、東京・渋谷区文化センター大和田で行われた「崎谷健次郎MUSICセミナー〜ウナギのタレ〜vol.6【崎谷健次郎が語る自身の楽曲解説と影響を受けた音楽(第一回)】」にて、主宰の崎谷が解散後初めてVIZIONの楽曲を披露しながら、ファンを前に解説した。参加メンバーはおしなべて優秀なミュージシャンであったと謝意を表している[3]

バンド参加メンバー[編集]

デビュー時
デビュー以前
  • 多数のメンバーが存在した。

特徴[編集]

崎谷がヴォーカル、キーボード、作曲を担当。MTRと生演奏をシンクロさせたライブを考案したことで注目される。実際は、崎谷の制作楽曲のみ演奏するソロ音楽プロジェクトユニットと言ってもいいバンドであった。[4]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. 『PSYCHOTIC CUBE(サイカティック・キューブ)』(1983年発売。リバスターレコード 25RL-0002)
    のちにソロデビューし、音楽プロデューサーとしても活躍する崎谷健次郎が大学在学中に組んでいたバンドグループ、VIZION(ヴィジョン)唯一のレコーディング・アルバム。後にベーシストとして小田和正をサポートする有賀啓雄武部聡志の片腕として数多くのヒットを手がけるシンセサイザー奏者でプログラマーの大竹徹夫、『踊る大捜査線!』などの映画音楽作家として活躍する松本晃彦が在籍していた。完成度の高いポップス作品である。

脚注[編集]

  1. ^ 『The BEST HIT』1990年1月号(学習研究社 1990年1月1日発行)「崎谷健次郎 HOLD MY LIFE」
  2. ^ 『The BEST HIT』1990年1月号(学習研究社 1990年1月1日発行)「崎谷健次郎 HOLD MY LIFE」。また、2016年の「崎谷健次郎MUSICセミナー〜ウナギのタレ〜vol.6【崎谷健次郎が語る自身の楽曲解説と影響を受けた音楽(第一回)】」でも、同様の発言をしていた。
  3. ^ 崎谷健次郎公式ウェブサイト『KenjiroSakiya.com』「8/20(土)崎谷健次郎MUSICセミナーVol.6.vol.7」
  4. ^ 「崎谷健次郎MUSICセミナー〜ウナギのタレ〜vol.6【崎谷健次郎が語る自身の楽曲解説と影響を受けた音楽(第一回)】」2016年8月20日開催。