VP9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
VP9
VP9のロゴ
開発者Google
初版2012年12月13日 (8年前) (2012-12-13)
最新版
0.6
(2016年3月31日 (5年前) (2016-03-31))
種別動画ファイルフォーマット
包含先Matroska, WebM, IVF
派生元VP8
拡張VP10 (AV1)
国際標準(Bitstream Specification)
オープン
フォーマット
Yes
ウェブサイトwww.webmproject.org/vp9/
libvpx (VP9 コーデックライブラリ)[1][2]
作者 Google
最新版
1.8.1[3] / 2019年7月15日 (2年前) (2019-07-15)
プログラミング
言語
C言語
対応OS Unix系LinuxmacOS などを含む)、Windows
サポート状況 アクティブ
種別 動画コーデック
ライセンス BSDライセンス
公式サイト www.webmproject.org/vp9/
テンプレートを表示

VP9Googleが開発しているオープンロイヤリティフリー動画圧縮コーデックであり、VP8の後継である。コンテナとしてはWebMなどを使う。

開発は2011年第3四半期に始まった[4][5]。VP9の開発目標は、同じ画質でVP8の半分のビットレートにすること[6]と、H.265よりも効率の良いコーデックにすること[5]であった。

採用[編集]

Google Chrome 29、Microsoft Edge14、Mozilla Firefox 28Opera 16、Android 4.4、Safari 14にデコーダーが搭載されている。libvpxは1.3.0以降で扱える。FFmpegなどの各種動画を扱うツールもエンコード・デコードできる。

YouTubeがVP9を採用し、2017年には4K解像度での提供にH.264をやめ、VP9のみに絞ったため、非対応のApple標準のブラウザ、Safariにはそうした解像度は提供されなくなっていたが[7][8]、Apple T2(macOS Big Sur以降)またはApple M1を搭載するMacに限り、Safariでも対応するようになった。また、2016年に登場したIntelプロセッサ、Apollo Lakeまでに、NVIDIA GeForceは一部の900番台から、AMD RadeonはRX 5X00から、VP9のハードウェア・デコードに対応してきており、CPU・GPUに過大な負荷をかけることなく再生できるようになっている。

技術[編集]

VP8と比較して、VP9は仕様面で改善している。64x64ピクセルのスーパーブロックが採用されている[9]。スーパーブロックでは四分木コーディングが採用されている。

Rec. 601、Rec. 709、SMPTE-170、SMPTE-240、sRGBの色空間を扱える。

プロファイル[編集]

VP9 はプロファイル0とプロファイル1がある。プロファイル0はYUV420を扱える。プロファイル1ではYUV422、YUV444、αチャンネル、深度チャンネルなどを扱える。libvpx 1.4.0からは10ビット、12ビット色深度も扱える[3]

特許[編集]

Googleと特許ライセンス管理団体MPEG-LA間で、ビデオ圧縮に関する特許についてライセンス合意し、VP9で使われている技術をサブライセンスする権限がGoogleに付与されている[10]

特許クレーム[編集]

2019年3月、ルクセンブルクを拠点とするSisvel英語版は、VP9とAV1に対する特許プールの情報を発表した。特許プールのメンバーには、JVCケンウッドNTTOrange S.A.英語版Philips東芝などが含まれ、 どの企業もAVC、DASH、HEVCのいずれかの特許プール向けのMPEG-LAへの特許をライセンスしている企業である[11][12]。クレームが行われた特許の一覧は2020年3月10日に初めて公開された。一覧には、650件以上の特許が含まれている。

Sisvelが提示した価格は、ディスプレイデバイスごとに0.24ユーロ、VP9を使用しているディスプレイなしデバイスごと0.08ユーロである。ただし、エンコードされたコンテンツに対する特許のロイヤリティは求めていない[13][11]。しかし、Sisvelのライセンスはソフトウェアに対しても免除されない。

Googleは特許プールを認識しているが、VP9またはAV1の現在または今後の使用計画を変更する予定はない[14]

VP10[編集]

Googleはさらなる圧縮効率を望み、VP10を開発していた。しかし、2016年に公開されたAOMedia Video 1 (AV1) に組み込まれた。AV1には、AMDARMインテルNVIDIAなどのチップセット開発者、アドビAmazonシスコNetflix、YouTubeなどストリーミングサービスの開発者などが参加している[15]

後継:VP10からAV1へ[編集]

2014年9月12日、GoogleはVP10のデプロイが開始されたこと、VP10のリリースの18ヶ月後にビデオフォーマットをリリースを計画していることを発表した。2015年8月、GoogleはVP10向けのコードを公開し始めた。

しかし、GoogleはVP10をAOMedia Video 1(AV1)に取り込むことを決定した。AV1コーデックはVP10、DaalaXiph/Mozilla)、ThorCisco)からの技術の組み合わせをもとに開発された。そして、Googleは、VP10を社内でも公式にもリリースしないことを発表した。その結果、VP9がGoogleがリリースしたVPxベースの最後のコーデックとなった。

VP9の現状[編集]

VP9の仕様書は、2016年3月31日のv0.6を最後に更新されておらず、未完成のままである[9]。GoogleがAOMedia Video 1 (AV1)の開発にすでに移行しているということである。ライブラリのlibvpxは、Gitリポジトリとそのスナップショットが公開されており、2020年3月現在でもメンテナンスが続いている[16]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ “VP9 Video Codec Summary”. WebM Project (Google). http://www.webmproject.org/vp9/ 2013年7月4日閲覧。 
  2. ^ Lou Quillio (2013年7月1日). “VP9 Lands in Chrome Dev Channel”. WebM Project (Google). http://blog.webmproject.org/2013/07/vp9-lands-in-chrome-dev-channel.html 2013年7月4日閲覧。 
  3. ^ a b libvpx/CHANGELOG at master · webmproject/libvpx
  4. ^ “VP-Next Overview and Progress Update” (PDF). WebM Project (Google). http://downloads.webmproject.org/ngov2012/pdf/04-ngov-project-update.pdf 2012年12月29日閲覧。 
  5. ^ a b Adrian Grange. “Overview of VP-Next” (PDF). Internet Engineering Task Force. http://www.ietf.org/proceedings/85/slides/slides-85-videocodec-4.pdf 2012年12月29日閲覧。 
  6. ^ “Next Gen Open Video (NGOV) Requirements” (PDF). WebM Project (Google). http://downloads.webmproject.org/ngov2012/pdf/02-ngov-product-requirements.pdf 2012年12月29日閲覧。 
  7. ^ Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え -”. PRONEWS (2017年2月6日). 2017年9月7日閲覧。
  8. ^ macOS Catalina以前はGoogle ChromeなどのVP9対応のブラウザからは閲覧可能。iOSiPadOSはWebkitの制約上、サードパーティーのブラウザを導入しても閲覧できない。
  9. ^ a b Draft VP9 Bitstream and Decoding Process Specification
  10. ^ グーグル、MPEG LAと「VP8」ビデオコーデックで合意” (日本語). CNET Japan (2013年3月8日). 2019年2月22日閲覧。
  11. ^ a b Ozer, Jan (2019年3月28日). “Sisvel Announces Patent Pools for VP9 and AV1”. Stream Learning Center. 2019年4月4日閲覧。
  12. ^ Cluff, Phil (2019年3月28日). “Did Sisvel just catch AOM with their patents down?”. Mux.com. 2019年4月4日閲覧。
  13. ^ Ozer, Jan (2019年3月28日). “No Content Royalties in Sisvel VP9/AV1 Patent Pools”. Streaming Media. Information Today Inc. 2019年4月4日閲覧。
  14. ^ Frequently Asked Questions” (英語). The WebM Project. 2021年4月15日閲覧。
  15. ^ Steven Zimmerman (2017年5月15日). “Google’s Royalty-Free Answer to HEVC: A Look at AV1 and the Future of Video Codecs”. XDA-Developers. 2017年11月1日閲覧。
  16. ^ WebM Repositories