Vink

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Vink
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
アニメソング
活動期間 1991年 -
メンバー 矢吹俊郎
大平勉
本間昭光

Vink(ヴィンク)とは、アニメソング制作およびプロデュースを行う音楽ユニット音楽クリエイターチーム)。

メンバー[編集]

来歴[編集]

1991年から1995年にかけて、音楽制作事務所・パロメミュージック(現:P.M CREATORS)に所属していた矢吹俊郎大平勉、そこに本間昭光を加えた3人によって「Vink」を結成。なお、本間も一時的だが、パロメミュージックに所属していた時期がある。

1992年より『万能文化猫娘』に関する音楽を、1994年には『ヤマトタケル』の音楽を手掛ける。

1995年から1997年にかけて放送されたテレビアニメ『スレイヤーズ』シリーズにおいて、手塚理とともに作品に関する音楽を多数手掛ける。なお、『スレイヤーズNEXT』では「vink2」、『スレイヤーズTRY』では「Vink3」と称した。

その後は、それらの作品のサウンドトラックや楽曲集、また、1990年代の林原めぐみのシングル・アルバム各楽曲のアレンジなども担当した。

1992年にはVinkに高橋洋子を加えた「PAROME」というユニットで、高橋洋子の楽曲の作曲・編曲を手掛けた。また、彼女の1stアルバム『ピチカート』のプロデュースも行った。

2000年以降、矢吹俊郎は声優歌手水樹奈々の音楽活動、本間昭光はak.homma名義でロックバンドポルノグラフィティと、それぞれのプロデュースを主体に活動。大平勉も、多数の声優、タレントアニメソングの制作を手掛け、「Vink」名義の使用は関わった楽曲の収録や手掛けた音楽を使用した作品の再発など一部に限られた。

しかし、2008年に『スレイヤーズREVOLUTION』の製作・放送開始によって、「Vink4」として手塚理とともに音楽制作を再び手掛け、2009年の続編『スレイヤーズEVOLUTION-R』も引き続き手掛けている。なお、テレビアニメの作品数にあわせていた数字は、事前に発表されていた変則1クールの放送体制のためか、『EVOLUTION-R』では『REVOLUTION』と同じ「Vink4」のままである。

楽曲提供[編集]

作曲・編曲[編集]

高橋洋子
  • Woman's Love ※PAROME
  • Something in the Air ※PAROME
  • Magic Kiss ※PAROME

編曲[編集]

高橋洋子
  • もう一度逢いたくて(Album Version) ※PAROME
  • One Heart to Love ※PAROME
  • P.S. I miss you(Album Version) ※PAROME
  • 幻の春 〜野薔薇〜 ※PAROME
  • ピチカート ※PAROME
  • レインボウスカイ
林原めぐみ
  • 私にハッピーバースデイ
  • 瞳に銀河
  • ハートの行方 〜MEMORIES FOREVER〜
  • COMET rendez-vous
  • My dear
  • がんばって!
  • 夢 Hurry Up
  • はりきって Trying!
  • Sunday Afternoon
  • 星を飛び越えて
  • 夢飛行
  • Living in the same time 〜同じときを生きて〜
  • 泣けばいいの
  • be Natural
  • 私だけの夢へ