Wコウジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Wコウジ
W KOJI
メンバー 今田耕司
東野幸治
結成年 1985年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1985年頃 -
影響 ダウンタウン
現在の活動状況 テレビなど
芸種 コント
現在の代表番組 本能Z
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦
過去の代表番組 4時ですよーだ
ダウンタウンのごっつええ感じ
かざあなダウンタウン
快傑!コウジ園
など
同期 130R
長谷川宏ティーアップ)など(今田)
木村祐一
リットン調査団など(東野)
テンプレートを表示

Wコウジ(ダブルコウジ)とは、今田耕司東野幸治の2人がタッグを組んだユニットを示す名称。2人ともピン芸人であり、コサキン同様正式なコンビではない[1]。「Wコージ」と記されることもある。

概要[編集]

名称の由来は、今田・東野が若手の頃、朝日放送の「ABCホリデーワイド」にて2人コントをすることになった際、吉本新喜劇の脚本を手がけている大工富明が勝手に「Wコウジ」というスーパーを表示したことによる。若手時代からダウンタウンの番組に多く出演していた。また、2人は非常に仲が良い。

正式にコンビとして活動している訳ではなく、あくまでもピン芸人2人によるユニットである。ダウンタウンはもちろん、志村けんビートたけし明石家さんまタモリとんねるずウッチャンナンチャンの番組でも同じ役割を果たすなど、多くの番組にタッグで出演しており、2人でMCを務めた番組も多い。古くは1980年代後半から心斎橋筋2丁目劇場で開催されていた吉本の超若手芸人のライブイベント「2丁目jr.たんけんたい」(上部組織にダウンタウンと、ほぼ同期生クラスの芸人計6組が出演する「2丁目探検隊」があった)の司会進行をペアで務めていたこともある。最も共演が多かったのは1995年前後とみられ、テレビ番組『今田・東野のCMコウジ園』や『天使のU・B・U・G』などの多くが集中している。

1995年には、武内由紀子とともにEAST END×YURIのパロディーグループ「WEST END×YUKI」としてシングル「SO.YA.NA」とミニアルバムを発表した。また、池谷幸雄とともにNHKみんなのうた』で「チュンチュンワールド」という楽曲を歌ったこともある。

『やりすぎコージー』では、千原ジュニアが自分も含めて「トリプルコウジ」と自称することがある[注 1]

年齢は今田が東野の2歳上であるうえ、芸歴も今田が半年ほど先輩であることから、東野は今田を「おにいちゃん」「うちのアニキ」、今田は東野を「うちの弟」などと表現することがある。

2013年8月、ニッポン放送今田耕司のオールナイトニッポンGOLD」では1999年9月以来、14年ぶりにこのタッグでパーソナリティを務めた[2]

評価[編集]

  • 明石家さんまには「今田・東野というお笑い界の飛車角…」と言わしめた。
  • ダウンタウン松本人志は、2人が若手だった頃に「今田は安定型だからもう少し勢いが欲しい。東野は破滅型なので当たると飛ぶ」と芸風を評した。
  • 辛口コラムニストとして有名なナンシー関も、若手時代から2人を高く評価しており、「舞台での立ち居振る舞いがとても教育されている」と評していた。

主なコント・ネタ[編集]

コント[編集]

  • 放課後電磁波クラブ - 『ごっつええ感じ』で披露されたコント。
  • 馬場猪木 - 『ごっつええ感じ』で披露された物真似漫談。
  • 優しいお兄ちゃんとそうじゃないお兄ちゃん - 2丁目劇場時代に披露していたコント。
  • 世話好きマン - 同じく2丁目劇場時代に披露していたコント。

現在の出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

レギュラー番組
特別番組

ウェブ番組[編集]

主な過去の出演番組[編集]

過去のテレビ番組[編集]

過去のラジオ番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ジュニアの本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。
  2. ^ 1994年7月から1995年10月までコンビで準レギュラー出演、1996年10月に今田のみレギュラー昇格してからは1998年4月以降の特番のみコンビで出演。
  3. ^ 2004年秋の島田紳助謹慎時の司会。
  4. ^ Not100のコーナーゲスト出演。
  5. ^ 客人としてゲスト出演。
  6. ^ 「ココリコ二代目ダウンタウン襲名儀式!パンツ取り合い対決」の企画ゲスト出演。
  7. ^ 今田は1人目、東野は3人目の司会者。
  8. ^ 今田はメイン司会、東野はゲストとして出演。

出典[編集]