W32H

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
au W32H
W32H(ソリッドシルバー)
W32H(ソリッドシルバー)
キャリア au
製造 日立製作所
発売日 2005年9月9日
概要
OS REX OS
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ式
サイズ 98 × 50 × 25 mm
質量 126 g
連続通話時間 200分
連続待受時間 220時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 130分
外部メモリ miniSD
日本語入力 ATOK for au+APOT
FeliCa あり
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 FM放送対応
備考 SAR値:0.391W/Kg
メインディスプレイ
方式 透過型微反射TFT液晶ディスプレイ
解像度 QVGA(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
方式 透過型微反射STN液晶
解像度 64×96ドット
サイズ 1インチ
表示色数 65,536色
メインカメラ
画素数・方式 128万画素CMOS
機能 AFなし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ソリッドシルバー
(Solid Silver)
フロストグリーン
(Frost Green)
ラピスホワイト
(Lapis White)
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

W32H(だぶりゅーさんにーえいち)は、日立製作所カシオ日立モバイルコミュニケーションズ)が開発し、KDDIおよび沖縄セルラー電話の各auブランドで販売されたCDMA 1X WINの携帯電話である。

概要[編集]

W32Sとともに、EZ FeliCaau ICカードに初対応する機種である。ステレオ対応のマイク付きイヤホンやPCからの楽曲が転送出来るソフトなどが付属し、SD-Audioに対応するなど音楽面に特化したものとなっているが、日立製端末では初めてPCサイトビューアーEZ・FMなどのサービスにも対応するなど機能面も充実している。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

不具合[編集]

  • 2008年3月18日発表の不具合(W32H、W41CAW41H
    • 長い入力文字列を漢字に変換、確定した後に発話キーで確定を取り消すと、電源が落ちる。

この不具合は「ケータイアップデート」で修正が可能。

関連項目[編集]