W32K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
au W32K
キャリア au
製造 京セラ
発売日 2005年6月17日
概要
OS REX OS
CPU Qualcomm MSM6500
146MHz
音声通信方式 {{{通信方式}}}
(800MHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ式
サイズ 98 × 50 × 26 mm
質量 116 g
連続通話時間 約170分
連続待受時間 約200時間
(移動と静止の組み合わせ)
充電時間 130分
外部メモリ なし
日本語入力 Advanced Wnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
備考 SAR値:0.528W/Kg
メインディスプレイ
方式 TFT CGシリコン液晶ディスプレイ
解像度 QVGA(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 104×67ドット
サイズ 1.1インチ
表示色数 4,096色
メインカメラ
画素数・方式 131万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
スムースシルバー
(Smooth Silver)
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

W32K(だぶりゅーさんにーけー)は、京セラが開発した、KDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドのCDMA 1X WIN携帯電話である。

特徴[編集]

同社の2004年夏モデル「W21K」をベースに携帯初心者および中高年向けに開発された、「簡単ケータイ」シリーズの記念すべき第1号機であり、2008年夏モデルのW62PTパンテック社製)が登場するまでは唯一のCDMA 1X WIN端末でもあった。しかし、1X WIN対応端末としては外部メモリ(例・mini/microSDカードメモリースティック Duo/M2等)およびEZ「着うたフル」や「EZナビウォーク」、「EZ助手席ナビ」などに代表されるGPS機能などに対応していない点(ただし「EZアプリ(BREW)」には対応する)など仕様があまりにも中途半端な存在だった。

なお、2013年8月現在このW32Kを含め、「簡単ケータイ」シリーズは2007年度以前に発売された全端末が外部メモリを採用していない[1]

沿革[編集]

  • 2005年(平成17年)5月19日 KDDI、および京セラから公式発表。
  • 2005年6月17日 全国で一斉発売。
  • 2012年(平成24年)7月22日 800MHz(旧800MHz帯・CDMA Band-Class 3)帯によるサービスの停波によりそれ以降は利用不可となる。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 2013年8月現在、外部メモリ非対応のCDMA 1X WINシリーズのau携帯電話は本機のほか、W21KE07Kmamorino(KYY01)mamorino2(KYY02)mamorino3(KYY05)PT001(簡単ケータイS)Mi-Look(KYY03)が、またiPhoneを除く外部メモリ非対応のauスマートフォンはWindows Phone IS12T(TSI12)がこれに該当する。