W32S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
au W32S
キャリア au
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2005年9月16日
概要
OS REX OS
CPU ARM9E
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(800MHz
形状 折りたたみ式
サイズ 98 × 48 × 23 mm
質量 118 g
連続通話時間 約200分
連続待受時間 約250時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 約130分
データフォルダ 45.5MB
(BREW共用)
外部メモリ メモリースティックDuo
メモリースティックPRO Duo
日本語入力 POBoxAdvanced Wnn V2
FeliCa あり
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 FM放送対応
メインディスプレイ
方式 透過型微反射TFT液晶ディスプレイ
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
方式 透過型微反射TFT液晶ディスプレイ
解像度 96×96ドット
サイズ 1.1インチ
表示色数 65,536色
メインカメラ
画素数・方式 125万画素CMOS
機能 -
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ラグジュアリーピンク
(Luxury Pink)
ルナシルバー
(Lunar Silver)
フレームオレンジ
(Flame Orange)
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

W32S(だぶりゅーさんにーえす)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)によって開発された、auCDMA 1X WINの携帯電話端末である。また、EZ FeliCa対応機種第1号として、W32Hとともにデビューした。

目次

特徴

CDMA 1X WIN端末としては初めて「着せ替え」に対応した。Style-Upパネルを取付・交換することで、外観を変えることが出来る。

その反面、音楽は着うたフルのみの対応となっており、W31Sで対応したATRACには対応していない。

W32Hと異なり、FeliCaチップがディスプレイ側に装備されている。(後継のW41Sも同様。ただし、W43Sからは本体側に移動した。なおW42SはFeliCaを搭載していない。)

対応サービス

備考

モバイルSuicaを使う場合は、バージョンアップが必要となる。[1]

不具合

2007年3月27日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。

  • EZサービスの初期設定に失敗し、Eメールを受信できない場合がある
  • メモリースティック Duo内のムービーを再生するとキー操作ができなくなり、電源がリセットする場合がある

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
志村けん 目加田説子 賀来千香子 UA (歌手) 石毛宏典 村上虹郎 森崎友紀 坂下麻衣 安藤サクラ 穂積隆信 中田敦彦 陸軍省 (イギリス) 沢田研二 村上淳 賀来賢人 川村元気 滝川英治 アメリカ合衆国国防長官 新庄剛志 榮倉奈々
「W32S」のQ&A
1  W32S対応の自作着うたフルの作成方法
2  auのw32sを店頭で買える所を教えてくださ…
3  W32Sは…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について