W45 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

W45
中型核爆破資材(MADM)の分解写真、右がW45核弾頭
中型核爆破資材(MADM)の分解写真、右がW45核弾頭
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ陸軍
アメリカ海軍
アメリカ空軍
開発・生産
開発期間 -1961年
生産期間 1961年-1966年
配備期間 1961年-1988年
生産数 1,700発
要目
核出力 0.5-15kt
弾頭 核分裂弾頭(インプロージョン方式)
直径 11.5インチ
長さ 27インチ
重量 150-350ポンド
  

W45アメリカ合衆国が開発した核弾頭。1960年代に開発が行われ、1962年より生産が開始された。部隊配備は1988年まで行われている。

外形は円筒状であり、直径292mm、長さ686mm、重量68kgである。核分裂弾頭であり、核出力はサブタイプによっても異なるが0.5、1、5、8、10、15キロトンから選択できる。信管は空中爆発や触発、遅延爆発など各種に対応している。総生産数は1,700発。ローレンス・リバモア国立研究所の前身のカリフォルニア大学ローレンス研究所で開発された。セカンダリーは無いが、共通核分裂プライマリーのロビン・プライマリー(Robin primary)を用いている。

使用ミサイル

今日は何の日(8月19日

もっと見る

「W45_(核弾頭)」のQ&A