WASP ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
WASP ネットワーク
Wasp Network
監督 オリヴィエ・アサイヤス
脚本 オリヴィエ・アサイヤス
原作 フェルナンド・モライスポルトガル語版
Os Últimos Soldados da Guerra Fria
製作 シャルル・ジルベールフランス語版
ホドリゴ・テイシェイラポルトガル語版
製作総指揮 シルヴィー・バルテ
ミゲル・アンゲル・ファウラ
フェルナンド・フライア
アドリアン・ゲラ
ソフィー・マス
リア・ロドリゲス
アラン・テルピンス
セレナ・トレアルバ
出演者 ペネロペ・クルス
エドガー・ラミレス
ワグネル・モウラ
ガエル・ガルシア・ベルナル
音楽 エドゥアルド・クルス
撮影 ヨリック・ル・ソー
ドゥニ・ルノワールフランス語版
編集 シモン・ジャケ
製作会社 オレンジ・スタジオフランス語版
RTフィーチャーズ
配給 フランスの旗 メメント・フィルムズ
公開 フランスの旗 2020年1月29日
上映時間 130分[1]
製作国 スペインの旗 スペイン
ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
言語 英語
スペイン語
興行収入 世界の旗 $1,440,016[2]
テンプレートを表示

WASP ネットワーク』(ワスプ ネットワーク、Wasp Network)は2019年スペインブラジルフランススリラー映画。監督はオリヴィエ・アサイヤス、出演はペネロペ・クルスエドガー・ラミレスなど。フェルナンド・モライスポルトガル語版2011年に発表したノンフィクションOs Últimos Soldados da Guerra Fria』を原作としている。

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2020年6月19日からNetflixで配信される予定である[3]

ストーリー[編集]

1990年代前半、キューバはソ連崩壊のあおりを受けて深刻な不況に陥っていた。そんなある日、パイロットのレネ・ゴンザレスは家族をキューバに残したまま、アメリカのマイアミへと向かった。妻のオルガは困惑するばかりだったが、レネにはどうしてもそうしなければならない理由があった。当時、マイアミでは、亡命したキューバ人たちがカストロ政権打倒のために様々な活動を行っていた。レネは亡命者を装って反キューバ組織に潜入し、諜報活動を通して愛する祖国と同胞たちを救おうとしたのであった。

キャスト[編集]

製作[編集]

2017年4月6日、オリヴィエ・アサイヤス監督がフェルナンド・モライスの小説『Os Últimos Soldados da Guerra Fria』の映画化に着手したとの報道があった[4]2018年5月、ペドロ・パスカルとエドガー・ラミレスの出演が決まった(パスカルは結局出演しなかった)[5]。9月、ペネロペ・クルス、ワグネル・モウラ、ガエル・ガルシア・ベルナルが本作に出演することになった[6]。12月14日、アドリア・アルホナが本作の出演交渉に臨んでいると報じられたが[7]、交渉は不首尾に終わった。2019年2月、アナ・デ・アルマスがキャスト入りした[8]

撮影・音楽[編集]

本作の主要撮影は2019年2月18日にキューバで始まり[9]、同年5月4日に終了した[10]。本作はキューバのスパイ活動を扱った作品であったため、製作チームは同地での撮影許可を得るのに苦労した。撮影中、一行はキューバ当局に監視されており、突然退去を命じられるかもしれないという不安の中で撮影を行ったのだという[10]

2019年8月27日、エドゥアルド・クルスが本作で使用される楽曲を手掛けるとの報道があった[11]

公開・マーケティング[編集]

2019年9月1日、本作は第76回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映された[12]。9日には第44回トロント国際映画祭[13]、10月31日には第32回東京国際映画祭での上映が行われた[14]。2020年1月17日、Netflixが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[15]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには27件のレビューがあり、批評家支持率は41%、平均点は10点満点で4.83点となっている[16]。また、Metacriticには8件のレビューがあり、加重平均値は53/100となっている[17]

出典[編集]

  1. ^ WASP ネットワーク”. 映画.com. 2020年5月27日閲覧。
  2. ^ Wasp Network (2020)”. The Numbers. 2020年5月28日閲覧。
  3. ^ ペネロペ・クルス&アナ・デ・アルマス共演『WASP ネットワーク』Netflixで配信決定 ─ 名匠オリヴィエ・アサイヤスが放つ政治スリラー”. The River (2020年5月20日). 2020年5月27日閲覧。
  4. ^ 'Clouds of Sils Maria' Director Olivier Assayas Tackling Cuban Spy Thriller (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2017年4月6日). 2020年5月27日閲覧。
  5. ^ Edgar Ramirez, Pedro Pascal Starring in ‘Wasp Network’”. Variety (2018年5月8日). 2020年5月27日閲覧。
  6. ^ Olivier Assayas’ ‘Wasp Network’ Adds Penélope Cruz, Wagner Moura And Gael García Bernal – Toronto”. Deadline.com (2018年9月5日). 2020年5月27日閲覧。
  7. ^ Adria Arjona In Talks For Female Lead In Jared Leto-Led ‘Morbius’ Movie At Sony”. Deadline.com (2018年12月14日). 2020年5月27日閲覧。
  8. ^ ‘Blade Runner 2049’s Ana de Armas Joins Edgar Ramírez & Penélope Cruz In Spy Drama ‘Wasp Network’”. Deadline.com (2019年2月11日). 2020年5月27日閲覧。
  9. ^ Orange Studio Scoops Olivier Assayas’ ‘Wasp Network’ With Penelope Cruz (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年2月4日). 2020年5月27日閲覧。
  10. ^ a b Olivier Assayas on Making ‘Wasp Network’ in Cuba ‘During a Very Tense Time’ (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年8月30日). 2020年5月27日閲覧。
  11. ^ Eduardo Cruz Scoring Olivier Assayas’ ‘Wasp Network’”. Film Music Reporter (2019年8月27日). 2020年5月27日閲覧。
  12. ^ Venice Competition to Include Roman Polanski, Steven Soderbergh, James Gray's 'Ad Astra,' Todd Phillips' 'Joker'”. Hollywood Reporter (2019年7月25日). 2020年5月27日閲覧。
  13. ^ 'The Aeronauts,' 'Burnt Orange Heresy' Added to Toronto Film Fest Lineup”. Hollywood Reporter (2019年8月13日). 2020年5月27日閲覧。
  14. ^ WASP ネットワーク”. 東京国際映画祭. 2020年5月27日閲覧。
  15. ^ Netflix Scoops Olivier Assayas’s ‘Wasp Network’ With Penelope Cruz, Edgar Ramirez (EXCLUSIVE)”. Variety (2020年1月17日). 2020年5月27日閲覧。
  16. ^ Wasp Network”. Rotten Tomatoes. 2020年5月27日閲覧。
  17. ^ Wasp Network (2020)”. Metacritic. 2020年5月27日閲覧。