WAS IT THE FUTURE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WAS IT THE FUTURE
SEIKOスタジオ・アルバム
リリース
録音 O'HENRY STUDIOS,CA
ANDORA STUDIOS,CA
ジャンル ポップ・ミュージック
クラブ・ミュージック
時間
レーベル 日本の旗マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
アメリカ合衆国の旗A&Mレコード
チャート最高順位
SEIKO 年表
Bible III
1996年
WAS IT THE FUTURE
1996年
Vanity Fair
1996年
『WAS IT THE FUTURE』収録のシングル
  1. Let's Talk About It
    リリース: 1996/4/24
  2. I'll Be There For You
    リリース: 1996/5/17
  3. Good For You
    リリース: 1996/12/10
テンプレートを表示

WAS IT THE FUTURE』(ワズ・イット・ザ・フューチャー)は、松田聖子(アーティスト名義は "SEIKO" )全英語詞第3弾のアルバム。1996年5月14日発売(日本では6月10日)。発売元はマーキュリー・ミュージックエンタテインメント

解説[編集]

  • Seiko』(1990.6.7)に続く、全米向けリリース作品。
  • アメリカでシングル・リリースされた「Let's Talk About It」「Good For You」は、ビルボードのクラブ・チャートで上位にランクインした。
  • シングルでもリリースされた東映映画『サロゲート・マザー』の主題歌I'll Be There For You」が、ボーナス・トラックとして日本国内盤にのみ収録されている。映画公開にあたっては、制作発表で数年ぶりに記者会見をするということでワイドショー等でも騒がれた。
  • “C'est la vie”などのヒット曲を持つロビー・ネヴィルがプロデューサー。

収録曲[編集]

  1. LET'S TALK ABOUT IT  (4:21)
    • R.Nevil、Seiko
  2. YOUR PRECIOUS LOVE [:en]  (3:57)
    • Ashford & Simpson
  3. GOOD FOR YOU  (4:12)
    • S.Dubin、R.Nevil
  4. MISSING THE BEAT  (4:15)
    • B.Mitchell、P.Radford
  5. WAS IT THE FUTURE  (3:45)
    • S.Dubin、R.Nevil
  6. SHOW ME HOW FEELS  (4:42)
    • R.Smith、R.Nevil、Seiko
  7. I CAN'T BELIEVE MY EYES  (4:50)
    • J.Lind、J.Bettis
  8. FIRST TIME  (4:20)
    • P.Amato、Seiko、R.Nevil
  9. IT'S TOO LATE  (4:13)
    • Seiko、R.Nevil
  10. A LITTLE MORE TIME  (4:30)
    • J.P.Charles、Seiko、R.Nevil
  11. LET'S TALK ABOUT IT (HIP-HOP REMIX)  (4:23)
    • Produced By Robbie Nevil
  12. I'LL BE THERE FOR YOU  (5:16)
    • R.Nevil
    日本国内盤ボーナス・トラックで、ロビー・ネヴィルとのデュエット。

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Was It the Future - Seiko | Release Info | Allmusic”. 2015年10月24日閲覧。

関連項目[編集]