WAVE (ショッピングセンター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウェーブ
WAVE
店舗概要
所在地 759-4101
山口県長門市東深川803-8
座標 北緯34度22分26.9秒 東経131度11分13.6秒 / 北緯34.374139度 東経131.187111度 / 34.374139; 131.187111座標: 北緯34度22分26.9秒 東経131度11分13.6秒 / 北緯34.374139度 東経131.187111度 / 34.374139; 131.187111
開業日 1991年10月
施設管理者 協同組合長門コミュニティータウン
中核店舗 サンリブ長門店
営業時間 9:00-19:30
駐車台数 250台
最寄駅 JR長門市駅
外部リンク Facebook
テンプレートを表示

WAVE(ウェーブ)は山口県長門市にあるショッピングセンターの愛称。設立は協同組合 長門コミュニティータウン。核テナントは地下1階のサンリブ長門。キャッチフレーズは「遊びに来たら、愛。」である。

概要[編集]

1975年3月に開業した、長門市駅北側(旧長門総合病院跡地)にあったショッピングセンター「ながとプラザ」に出店していたテナントが中心となって設立した。なお、「ながとプラザ」はウェーブの開業を前に1991年9月に閉店している。

1991年の開業当初は「サンリブ長門」と地元スーパー「まるみストアー(サンフレールまるみ・サラダ館)」を核テナントとして、ながとプラザ内に入居していた地場資本の専門店と金子みすゞ記念館[1]など約40店舗が出店していた。同時期に開業した商業施設が「丸久長門アトラス(現・フジ長門店)」である。

2011年、元々同社がFC運営し、2階で展開していた大型アミューズメント施設「さんさんランド長門(旧・セガハイテクランド長門)」が廃止され、まるみストアー直営売場を集約の上で家電量販店「ヤマダ電機」が開業した。

閉店直前の店舗展開として、地下は食料品売り場(専門店とサンリブ)、1階はファッション専門店、2階はアミューズメントショップとヤマダ電機テックランド長門店[2]、3階と屋上1階は駐車場、屋上2階はコミュニティFM局であるFMながとが入居している。別館にはカルチャーセンターなどがあった。

ここは、独自にポイントカードウェーブカード」を発行しており一部を除く店内でポイントがたまるほか、サンリブのイベント“サンリブまかせな祭”と連動したイベントも行っていた。

年間売り上げはピーク時に約57億円あったが、売り上げや来客の減少に歯止めがかからず、ピーク時の3分の1程度にまで落ち込んだ。

さらに、2019年7月をもってテナントの中心店舗だったまるみストアーが総合衣料品店「サンフレールまるみ」を廃業[3]したことが来客数の減少に拍車がかけ、その後2019年12月31日を以って閉店することが発表され、同日に閉店した[4]

組合の債務残高は県の制度融資、中小企業高度化資金や金融機関の借り入れなど含めて約20億円に上るとみられ、2020年1月ごろから破産手続きに入る準備を進める。

テナントの一部は市内に店舗を移転して営業を続ける店もあり、実際にFMながとはフジ長門店内に演奏所を移動、ヤマダ電機は「ヤマダ電機 テックランド長門店」から「ヤマダ電機 テックランドNew長門店」と模様替えしてフジの敷地内(元ジュンテンドーのあった箇所)へ移転した一方で、廃業を決断した事業者もある。

店舗周辺[編集]

脚注[編集]