WAVE (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社WAVE
WAVE Inc.
種類 株式会社
本社所在地 106-0032
東京都港区六本木3丁目16番26号
設立 1993年1月8日
業種 小売業
事業内容 オーディオ・ビジュアル・ソフト小売
イベント企画・運営
通信販売
ソフト制作・卸
代表者 破産管財人 深井麻里
資本金 4450万円
売上高 53億2800万円(2010年8月期)
従業員数 317名
主要株主 メディアマーケティングシステム(株)
関係する人物 堤清二
岡本次子(破産時の代表取締役社長)
外部リンク 閉鎖
特記事項:2011年11月9日破産手続開始決定、2012年5月14日破産廃止。
テンプレートを表示

株式会社WAVE(ウェイヴ)は、かつて存在した日本の企業。レコードCDDVDなどのオーディオ・ビジュアルソフト販売店「WAVE」を展開していた。

堤清二が率いるセゾングループにより、1977年3月株式会社ディスクポート西武として設立。パルコ子会社であった。

概要[編集]

六本木WAVE[編集]

1983年六本木に「六本木WAVE」が開店した際は、ビル1棟がまるごと様々な文化を発信する拠点となり、文化人音楽家などから高い支持を得た。

地下にはミニシアターシネ・ヴィヴァン・六本木」が併設されており、これは西武百貨店池袋店にあったコンテンポラリー・アート・スペース「アール・ヴィヴァン」が設置した映画館であった[1]

六本木地区再開発に伴い、「六本木WAVE」は1999年12月25日をもって閉店した。跡地は六本木ヒルズメトロハットになっている。

WAVEとリブロ[編集]

WAVEは「渋谷系」と呼ばれる音楽ジャンルの流行を作ったCDショップの一つに数えられる。WAVEの成功に触発され、ダイエーも渋谷公園通りに「CSV渋谷」をオープンさせた。

セゾングループの書店チェーン「リブロ」は、同じくパルコ系列の企業であったが、現在は日本出版販売傘下となっている。セゾングループ時代はWAVEとともに、西友西武百貨店など旧セゾン系店舗に出店しており、業種的に兄弟関係であった。

セゾングループ解体後[編集]

その後はセゾングループの解体に伴い、森トラスト傘下となった親会社のパルコから、2004年に同業他社のタワーレコードへ売却された。さらに2006年には家電量販店のノジマに買収されたが、2年後の2008年にはDVDの販売・買い取り店舗「TOP WAVE」を展開するメディアマーケティングシステムに売却された。アーティストイベント事業のほか、家族向けのキャンドルクラフト事業、さらには地下鉄構内でドーナツなどの各種洋菓子を販売するスイーツ事業を立ち上げるなど新規事業に着手したものの、どれもが軌道に乗らずに次々と撤退していた[2]

2011年初めの時点で全国で20数店舗が営業していたが、5月末時点で8店舗まで縮小しリストラを試みていた。同年6月28日に債務整理を開始。同年7月31日閉店の大宮店を最後に国内の全店舗が閉鎖となり、8月6日に自己破産申請準備に入ったことが、8月8日に明らかとなった[2]

公式ウェブサイトは休止状態(「メンテナンス中」の表示のみ)を経た後、9月にアクセス不能となった。そして11月2日付で東京地方裁判所に自己破産の申し立てをし[3]、同月9日に破産手続開始決定となった。

新生WAVEプロジェクト[編集]

パルコにより2019年、音楽やファッションなど様々な文化を融合させた「新生WAVEプロジェクト」がスタート。同年11月22日、建て替えの上でグランドオープンした渋谷パルコに店舗を開設[4]。レコードの他、Tシャツや各種グッズ類を販売している[5]

沿革[編集]

  • 1977年3月 - 株式会社ディスクポート西武設立。
  • 1989年3月 - 株式会社ウェィヴに商号変更。
  • 1990年3月 - 株式会社ピサが、株式会社ウェイヴを吸収合併
  • 1993年1月 - 株式会社ウェィヴ(2代目)設立。
  • 1995年9月 - 株式会社ピサが、ウェィヴ事業を株式会社ウェィヴに営業譲渡。
  • 2006年
    • 2月 - 株式会社ノジマに買収され、その傘下に入る。
    • 5月 - 株式会社WAVEに商号変更。
  • 2008年10月 - メディアマーケテイングシステム株式会社に買収され、その傘下に入る。
  • 2011年
    • 6月28日 - 債務整理を開始。4店舗を残して閉店。
    • 7月31日 - 大宮店が閉店し、国内全店舗が営業終了。
    • 8月6日 - 自己破産申請の準備に入り、事実上の倒産。負債総額は約24億5000万円[2]
    • 11月9日 - 破産手続開始決定。
  • 2012年5月14日 - 費用不足のため破産廃止、法人は完全消滅。

店舗[編集]

2008年時点では、日本国内17都府県に30店舗を有しており、北海道北陸地方中国地方四国地方九州地方には店舗が存在しなかった(ただし、過去には北海道や広島県などにも出店していた)。

末期には全店舗がショッピングセンター複合商業施設テナントとして入居していた。ショッピングセンターは過去にセゾングループと関係があった企業のほか、イオングループの店舗にも入居していた。

新形態店舗として、岐阜県大垣市に「fromfront」を出店し、多店舗展開しようとしていたが、2号店用の店舗も見つからず事業継続を断念した。後に大垣市の「fromfront」も通常のWAVE店舗に転換し、廃業後はバッグ中心のフィットハウスの店舗となった。

脚注[編集]

  1. ^ ミニシアターの想い出~シネ・ヴィヴァン・六本木~”. 衛星劇場. 2020年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c CDショップ「WAVE」の経営 株式会社WAVE 全店舗閉鎖、自己破産申請へ 負債24億5000万円”. 大型倒産速報. 帝国データバンク (2011年8月8日). 2011年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。
  3. ^ CDショップ「WAVE」経営 【続報】株式会社WAVE”. 大型倒産速報. 帝国データバンク (2011年11月8日). 2011年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。
  4. ^ “渋谷PARCOは「食」も楽しい!全37店舗の多種多様なレストラン・カフェのメニュー・コンセプトを大公開!” (プレスリリース), パルコ, (2019年9月24日), https://www.parco.co.jp/pdf/jp/cname_20190924150520.pdf 2020年1月31日閲覧。 
  5. ^ レコードショップ「WAVE」が渋谷パルコに復活”. Numero TOKYO (2019年11月22日). 2020年1月31日閲覧。

関連項目[編集]