WEC 39

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WEC 39: Brown vs. Garcia
イベント詳細
シリーズ WEC
主催 ズッファ
開催年月日 2009年3月1日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州コーパスクリスティ
会場 アメリカン・バンク・センター
開始時刻 午後9時(ET
試合数 全11試合
放送局 Versus
入場者数 6,100人
入場収益 279,950USドル
イベント時系列
WEC 38: Varner vs. Cerrone WEC 39: Brown vs. Garcia WEC 40: Torres vs. Mizugaki

WEC 39: Brown vs. Garcia(ダブリューイーシー・サーティナイン:ブラウン・バーサス・ガルシア)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「WEC」の大会の一つ。2009年3月1日テキサス州コーパスクリスティのアメリカン・バンク・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではマイク・ブラウンレオナルド・ガルシアによるWEC世界フェザー級タイトルマッチが組まれた[1]

当初はカーロス・コンディットブロック・ラーソンによるWEC世界ウェルター級タイトルマッチが予定されていたが、コンディットの負傷により中止された[2]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・ピアース vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・ハスキンス ×
3R 3:39 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・フランチ vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・バドニック ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アレックス・カラレクシス vs. アメリカ合衆国の旗 グレッグ・マッキンタイア ×
1R 4:19 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第4試合 バンタム級 5分3R
日本の旗 大沢ケンジ vs. ブラジルの旗 ハファエル・ヒベイロ ×
3R終了 判定2-1(29-28、27-30、29-28)
第5試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ヘンドリックス vs. ロシアの旗 アレックス・セルジュコフ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第6試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダマッシオ・ペイジ vs. ブラジルの旗 マルコ・ロウロ ×
1R 0:18 KO(スタンドパンチ連打)
第7試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダニー・カスティーリョ vs. アメリカ合衆国の旗 フィル・カルデラ ×
3R終了 判定2-1(30-27、28-29、29-28)

メインカード[編集]

第8試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロブ・マックロー vs. アメリカ合衆国の旗 マーカス・ヒックス ×
3R終了 判定2-0(29-28、29-29、30-27)
第9試合 フェザー級 5分3R
ブラジルの旗 ジョゼ・アルド vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・ミックル ×
1R 1:39 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第10試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リカルド・ラマス vs. ポーランドの旗 バート・パラゼウスキー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 WEC世界フェザー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブラウン vs. アメリカ合衆国の旗 レオナルド・ガルシア ×
1R 1:57 肩固め
※ブラウンが王座の初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト:ジョニー・ヘンドリックス vs. アレックス・セルジュコフ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト:ダマッシオ・ペイジ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト:マイク・ブラウン
各選手にはボーナスとして7,500ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]