WEC 49

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WEC 49: Varner vs. Shalorus
イベント詳細
シリーズ WEC
主催 ズッファ
開催年月日 2010年6月20日
開催地 カナダの旗 カナダ
アルバータ州エドモントン
会場 レクソール・プレイス
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全11試合
放送局 Versus
入場者数 5,600人[1]
入場収益 332,000USドル
イベント時系列
WEC 48: Aldo vs. Faber WEC 49: Varner vs. Shalorus WEC 50: Cruz vs. Benavidez 2

WEC 49: Varner vs. Shalorus(ダブリューイーシー・フォーティーナイン:ヴァーナー・ヴァーサス・シャロルス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「WEC」の大会の一つ。2010年6月20日カナダアルバータ州エドモントンレクソール・プレイスで開催された。

大会概要[編集]

アメリカ合衆国外で初めて開催されたWECの大会となった。

メインイベントでは元ライト級王者のジェイミー・ヴァーナーがキャリア無敗のカマル・シャロルスと対戦した。元々はWEC 48での対戦が予定されていたが[2]、シャロルスの負傷で今大会に延期となった[3][4]。試合ではシャロルスが2ラウンドにローブローで1ポイントの減点となり、三者三様の判定で引き分けとなった。計3度の急所蹴りを受けたヴァーナーは「僕は絶対に勝っていた」とコメントした[5]

セミファイナルではマーク・ホーミニックとイーブス・ジャボウィンの地元カナダ勢同士の対戦となり、激しい打撃戦となった。ホーミニックは2ラウンドにジャボウィンにダウンを奪われるも、リバーサルからマウントパンチでTKO勝ちとなった[6]

ISCF世界バンタム級王者クリス・カリアソ、キャリア8戦全勝のアンソニー・レオーネ、6戦全勝のダニー・ダウンズがWECデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 キャッチウェイトバウト(142ポンド) 5分3R
ブラジルの旗 ヘナン・バラオン vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・レオーネ ×
3R 2:29 腕ひしぎ十字固め
第2試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・カリアソ vs. ブラジルの旗 ハファエル・ヒベイロ ×
3R終了 判定3-0(30-26、29-28、29-28)
第3試合 フェザー級 5分3R
ブラジルの旗 ディエゴ・ヌネス vs. ブラジルの旗 ハファエル・アスンソン ×
3R終了 判定2-1(30-27、29-28、28-29)
第4試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エリック・コク vs. フランスの旗 ベンディ・カシミール ×
1R 3:01 三角絞め
第5試合 バンタム級 5分3R
ブラジルの旗 ヴァグネイ・ファビアーノ vs. アメリカ合衆国の旗 フランク・ゴメス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ウィル・ケアー vs. アルメニアの旗 カレン・ダラベジャン ×
1R 1:20 腕ひしぎ十字固め

メインカード[編集]

第7試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エディ・ワインランド vs. メキシコの旗 ウィル・カンプザーノ ×
2R 4:44 KO(右ボディブロー)
第8試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 クリス・ホロデッキー vs. アメリカ合衆国の旗 ダニー・ダウンズ ×
3R 1:09 チョークスリーパー
第9試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・グリスピ vs. アメリカ合衆国の旗 L.C.デイビス ×
1R 2:33 TKO(レフェリーストップ:ギロチンチョーク
第10試合 フェザー級 5分3R
カナダの旗 マーク・ホーミニック vs. ハイチの旗 イーブス・ジャボウィン ×
2R 3:21 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第11試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェイミー・ヴァーナー vs. イランの旗 カマル・シャロルス
3R終了 判定1-1(29-27、27-29、28-28)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: マーク・ホーミニック vs. イーブス・ジャボウィン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: エディ・ワインランド
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ジョシュ・グリスピ
各選手にはボーナスとして10,000ドルが支給された[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]