WILD HEAVEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WILD HEAVEN
TMNシングル
初出アルバム『TMN CLASSIX 2
B面 DREAMS OF CHRISTMAS ('91 NY MIX)
リリース
規格 8センチCD
ジャンル ロック
時間
レーベル エピックソニーレコード
作詞・作曲 作詞:小室みつ子
作曲:小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1991年度年間96位(オリコン)
  • 1992年度年間90位(オリコン)
TMN シングル 年表
Love Train/We love the EARTH
(1991年)
WILD HEAVEN
(1991年)
一途な恋
1993年
テンプレートを表示

WILD HEAVEN」(ワイルド・ヘヴン)は、TMNの26枚目のシングル。

内容[編集]

テレビドラマ『ララバイ刑事'91』(テレビ朝日)のオープニングテーマとして使用された。

オリジナルアルバムには収録されておらず、ベストアルバムを中心に収録されている(これ以降のTMNの楽曲は1994年のTMN終了までオリジナルアルバムは1枚も発売されていないため、オリジナルアルバムにはいずれにも収録されていない)。

このシングルを発売後、TMNは、小室が1992年の1年間限定でX JAPANYOSHIKIとのユニット「V2」として活動し、宇都宮・木根の両者は前述の小室の別のユニット活動の影響でTMNとしての活動が不可能となったため、1993年まで活動を休止する。宇都宮・木根の両者は翌1992年にソロデビューしている(宇都宮はソロデビュー時点で「T・UTU」名義で活動している。なお、小室のユニット「V2」は1992年内の1年間しか活動していない)。

収録曲[編集]

  1. WILD HEAVEN
    1991年7月にアルバム『EXPO』レコーディングの真っ只中の時に作られた曲であるが、この曲をどういう曲順に並び替えてもボーナス・トラックのようになってしまったとのことで、収録を見合わせた曲である。シングルカットの予定も無かったが「Self Control」と同様に音楽雑誌の編集部の知り合いからの評判が良く、シングル化が決定した[1]
    『EXPO』用にレコーディングした音源ではギターが主体のアレンジでミキシングまで終わっていたが、いまだもって未発表のままである。構成は「Tour TMN EXPO」で披露されたアレンジに近かった。シングル化の際にバックトラック・ボーカルを全て録り直した[1]
    当作品の作詞は1990年9月のTMNのリニューアル後初のシングル「TIME TO COUNT DOWN」以来約1年ぶりに小室みつ子が担当している。テーマは小室より「スティーブン・スピルバーグみたいに夜のロサンゼルス高速道路を俯瞰しているイメージで」とみつ子に指示した。宇都宮は「TMの香りがする」とコメントしている[1]
  2. DREAMS OF CHRISTMAS ('91 NY MIX)
    • 作詞:小室哲哉/作曲:木根尚登、小室哲哉/編曲:小室哲哉
    シングル「RHYTHM RED BEAT BLACK」のカップリングとして収録されている同曲のリミックスバージョンである。原曲版との相違点は、1サビ後の2Aメロ(木根のボーカルパート)以降、原曲ではなかった阿部薫によるドラムが加わっており、さらに原曲版ではアウトロがカットアウトしているの対し、本作ではフェードアウトしている。またこれまではアルバム未収録曲ではあったが、原曲版・リミックス版ともに2004年リリースの『Welcome to the FANKS!』に初収録されている。
    ボーカルについては新録を検討したが、「あのときのスタジオの空気がはまっていて、すでに発表された曲を新たに歌い直すのは新曲を録音するより難しいと思う」と宇都宮の意向から、そのままになっている。小室哲哉は「毎年バージョンを変えてリリースしたい、いつかA面扱いになる日がくる」とインタビューで答えている[1]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1992年1月号109P-110Pより。