WJBL 2016-17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WJBL 16-17レギュラーリーグ、三菱電機シャンソン、琴丘総合体育館。

WJBL 2016-17(第18回Wリーグ)は、2016年10月7日から2017年3月16日まで、日本各地で行われたバスケットボールリーグ。

参加チーム[編集]

WJBL 16-17レギュラーリーグ、三菱電機デンソー、秋田県立体育館。

競技方法[編集]

レギュラーシーズン[編集]

  • 2016年10月7日から12月18日にかけて12チームによる2回戦総当たりの1次ラウンドを行い、2017年1月に開催される全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン)による中断期間を挟んで1月21日から2月7日まで2次ラウンドを行う。2次ラウンドは(1)上位リーグ…レギュラーシーズンの上位6チームによる1回戦総当たり(1次ラウンドの勝率持ち越し)(2)下位リーグ…レギュラーシーズンの下位6チームによる1回戦総当たり(1次ラウンドの勝率は持ち越さず)で行われる。
  • 順位決定方法
    • 1 - 勝率
    • 2 - 2チーム以上が同勝率のときは以下の順による
      • (1) 当該チーム間の対戦勝率
      • (2) 当該チーム間の対戦ゴールアベレージ
      • (3) リーグ戦全戦のゴールアベレージ

プレーオフ[編集]

  • プレーオフは2月18日から20日まで2次ラウンド上位リーグ6チームに下位リーグの上位2チームを加えた8チームによる3戦2先勝方式のクォーターファイナルを行い、2月25日から2月28日までクォーターファイナルの勝者4チームによる3戦2先勝方式のセミファイナルを行う。セミファイナル勝者によるファイナルは3月8日から3月16日にかけて5戦3先勝方式で開催される。
  • 最終順位はファイナルの勝者が1位、敗者が2位となる。セミファイナル敗退の2チームは、2次ラウンド上位のチームが最終順位3位となる。5~8位はクォーターファイナルの敗者で2次ラウンド上位順、9~12位は2次ラウンドの敗者で2次ラウンド上位順。

結果[編集]

レギュラーリーグ順位[編集]

  • 1次ラウンド
順位 チーム名 成績 勝率
1 JX-ENEOSサンフラワーズ 22勝0敗 1.000
2 トヨタ自動車アンテロープス 18勝4敗 0.818
3 富士通レッドウェーブ 17勝5敗 0.773
4 三菱電機コアラーズ 14勝8敗 0.636
5 シャンソン化粧品シャンソンVマジック 14勝8敗 0.636
6 デンソーアイリス 13勝9敗 0.591
7 トヨタ紡織サンシャインラビッツ 13勝9敗 0.591
8 日立ハイテク クーガーズ 7勝15敗 0.318
9 羽田ヴィッキーズ 6勝16敗 0.273
10 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス 5勝17敗 0.227
11 新潟アルビレックスBBラビッツ 3勝19敗 0.136
12 山梨クイーンビーズ 0勝22敗 0.000
  • 2次ラウンド
順位 チーム名 成績
上位リーグ
1 JX-ENEOSサンフラワーズ 27勝0敗
2 トヨタ自動車アンテロープス 20勝7敗
3 富士通レッドウェーブ 19勝8敗
4 三菱電機コアラーズ 18勝9敗
5 デンソーアイリス 15勝12敗
6 シャンソン化粧品シャンソンVマジック 14勝13敗
下位リーグ
7 トヨタ紡織サンシャインラビッツ 5勝0敗
8 羽田ヴィッキーズ 4勝1敗
9 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス 3勝2敗
10 日立ハイテク クーガーズ 2勝3敗
11 新潟アルビレックスBBラビッツ 1勝4敗
12 山梨クイーンビーズ 0勝5敗

プレーオフ[編集]

クォーターファイナル

勝者 スコア 敗者 会場
1 JX-ENEOSサンフラワーズ
(レギュラーシーズン1位)
92-33 羽田ヴィッキーズ
(同8位)
いちき串木野市総合体育館
2 86-58 鹿児島県総合体育センター体育館
1 シャンソンVマジック
(同6位)
73-54 富士通レッドウェーブ
(同3位)
いちき串木野市総合体育館
2 56-65 鹿児島県総合体育センター体育館
3 57-55
1 トヨタ自動車アンテロープス
(同2位)
76-50 トヨタ紡織サンシャインラビッツ
(同7位)
スカイホール豊田
2 70-74
3 48-43
1 デンソーアイリス
(同5位)
75-65 三菱電機コアラーズ
(同4位)
2 79-66

セミファイナル

WJBL 16-17プレーオフセミファイナル、デンソーJX-ENEOS、秋田県立体育館。
WJBL 16-17プレーオフセミファイナル、トヨタシャンソン、秋田県立体育館。
勝者 スコア 敗者 会場
1 JX-ENEOSサンフラワーズ
(レギュラーシーズン1位)
92-59 デンソーアイリス
(同5位)
秋田県立体育館
2 90-53
1 トヨタ自動車アンテロープス
(同2位)
62-52 シャンソンVマジック
(同6位)
2 66-74
3 62-50

ファイナル

勝者 スコア 敗者 会場
1 JX-ENEOSサンフラワーズ
(レギュラーシーズン1位)
84-53 トヨタ自動車アンテロープス
(同2位)
佐賀県総合体育館
2 74-63 熊本県立総合体育館
3 75-51 国立代々木競技場第二体育館

最終順位[編集]

順位 チーム名
1 JX-ENEOSサンフラワーズ
2 トヨタ自動車アンテロープス
3 デンソーアイリス
4 シャンソン化粧品シャンソンVマジック
5 富士通レッドウェーブ
6 三菱電機コアラーズ
7 トヨタ紡織サンシャインラビッツ
8 羽田ヴィッキーズ
9 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
10 日立ハイテク クーガーズ
11 新潟アルビレックスBBラビッツ
12 山梨クイーンビーズ

アウォード[編集]

部門 受賞者 チーム
プレーオフMVP 吉田亜沙美 JX-ENEOS
レギュラーシーズンMVP 渡嘉敷来夢 JX-ENEOS
ルーキー・オブ・ザ イヤー 藤岡麻菜美 JX-ENEOS
コーチ・オブ・ザ・イヤー トム・ホーバス JX-ENEOS
レフリー・オブ・ザ・イヤー 渡邊整

ベスト5

ポジション 受賞者 チーム
ガード 吉田亜沙美 JX-ENEOS
ガードフォワード 本川紗奈生 シャンソン化粧品
フォワード 宮澤夕貴 JX-ENEOS
センターフォワード 渡嘉敷来夢 JX-ENEOS
センター 高田真希 デンソー

リーダーズ

部門 受賞者 チーム 記録
得点 高田真希 デンソー 21.95点
アシスト 吉田亜沙美 JX-ENEOS 7.55本
リバウンド 高田真希 デンソー 11.90本
スティール 渡邉亜弥 三菱電機 2.64本
ブロックショット 渡嘉敷来夢 JX-ENEOS 2.25本
フィールドゴール成功率 渡嘉敷来夢 JX-ENEOS 61.54%
フリースロー成功率 水島沙紀 トヨタ 90.48%
3P成功率 三好南穂 シャンソン 44.60%

参考文献[編集]

備考[編集]

山梨クィーンビーズが2年ぶりに復帰した。

脚注[編集]

関連項目[編集]