WRESTLE-1 GRAND PRIX 2005

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

WRESTLE-1 GRAND PRIX 2005(レッスル-ワン・グラン・プリ・にせんご)は、日本プロレス興行

2002年から2003年に開催されたプロレス興行「ファンタジーファイトWRESTLE-1」や2013年に設立されたプロレス団体WRESTLE-1」及び同団体が開催するトーナメント戦「WRESTLE-1 GRAND PRIX」などとは全くの別企画、別組織

歴史[編集]

開催までの経緯[編集]

2005年1月、新日本プロレス執行役員の上井文彦が新日本を退社して個人事務所「ビッグマウス」を設立。上井はかつてから懇意にしていたK-1を主催するFEG代表の谷川貞治と手を組み、かつてK-1が行っていたWRESTLE-1の名称を使いストロングスタイルのトーナメントを行うことを発表。同時にビッグマウスのスーパーバイザーとして長らくプロレス界を離れていた前田日明が就任。

当初は4月に横浜アリーナで開催することを発表していた。「絶対に地上波中継を付けたい」という上井の意向から当時、WRESTLE-1と同時進行で、ビッグマウスとFEGの協賛となっていたHERO'S(後にビッグマウスは撤退してFEG単独興行となった。前田だけはスーパーバイザーとして残っている)を中継していたTBSなどと掛け合うも不調に終わったことから延期となった。

開催[編集]

「プロレス界のナンバーワンを決めるトーナメント」というふれこみ通り上井はメジャー3団体を始め多くの団体と交渉。ザ・グレート・ムタ佐々木健介長州力ボブ・サップジャイアント・バーナード秋山準柴田勝頼諏訪間幸平ザ・プレデター天龍源一郎村上和成のトーナメント戦が実現。さらにミル・マスカラステリー・ファンクという往年の名レスラーがスペシャルマッチ(しかも第1試合。この試合を観戦した前田は「流石。老獪な動きで会場を温めさせていた。素晴らしい。」と当時受け持っていたコラムで語っている)に参戦が決まり8月4日両国国技館で開催。なおテレビ局との交渉は不調に終わり結局、PPVチャンネルでの中継となった(開催1か月後からUSENが展開するインターネットテレビ「GyaO」で配信された。秋山の試合だけは日本テレビプロレスリング・ノア中継で放送された)。10,500人を動員して結果的には成功であった。ムタ、健介、サップ、秋山、諏訪間、天龍が2回戦に進出した(鈴木みのるジャマールはシード選手。天龍は進出を辞退)。

10月2日、第2戦を国立代々木競技場で開催。主催者発表の観客動員数は8,012人と、両国国技館よりもキャパシティの大きな会場であったもののカード的にもインパクトに欠けたため満員には出来なかった。スペシャルマッチにはドリー・ファンク・ジュニアジャイアント・キマラIIアブドーラ・ザ・ブッチャーが出場。谷川、サップがプロレスリング・ノア日本武道館大会を観戦して三沢光晴と対面した曙もノア事務所を訪ねて三沢と面会するなどノアに全面協力を依頼。その結果、三沢が小川良成とタッグを組み曙&スコーピオ組と対戦するスペシャルマッチが実現。トーナメント2回戦はムタ対健介、サップ対秋山、みのる対諏訪間、ジャマール対ドン・フライ(天龍の代打)が行われ、ムタ、サップ、みのる、ジャマールが勝ち上がった(ジャマールは後年死去)。

なおノアが全面協力する見返りとしてFEGからサップがノア日本武道館大会で小橋建太とシングルマッチを行うことになっていたと言われている。だがサップが谷川からの依頼を断り更には現在まで続くゴタゴタが起きたため結局、曙が参戦。

延期 - 中止[編集]

第3戦が決勝トーナメントとして12月に横浜アリーナで開催されることは既に第2戦の時点で決まっていた。だが時同じくして全日本プロレス渉外担当役員2名が全日本を退社してキングスロードを設立。また新日本もユークスが筆頭株主となるなど各団体の体制と事情が目まぐるしく変化した。このことからWRESTLE-1の窓口が無くなり谷川も「ノアさん以外に話せる状態にない」とコメントを発表。また8月10日に設立したビッグマウスが運営するプロレス団体「ビッグマウス・ラウド」に上井が一生懸命になっていると谷川は話して事実上の中止を示した。これに対し上井は「今の状態では皆様にお見せするプロレスが出来ないが延期しても絶対にやります。絶対に決着は付けます」と話したが現在に至るまで開催されていない。

関連項目[編集]